うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

lualatex

【最新版】LaTeX TeXLive2020でsvg画像ファイルを取り込む方法 on Fedora 33

LaTeXでsvg画像ファイルを取り込む方法を何件か投稿しましたが、とても簡単になりました。texlive環境とInkscapeをインストールし、pdflatexやlualatexなどのモダンなコンパイラでなくてもptex2pdf(platexやuplatex)でもコンパイル出来ますし、--shell-escapeなどの特別なオプションもいりません。

パッケージインストール

必要なパッケージをインストールします。TeXLiveは容量がデカくなりますが、必要なものが一気に入るので丸ごとインストールがお勧めです。

sudo dnf install texlive-scheme-full
sudo dnf install inkscape

サンプル

\usepackage{svg}と\includesvg{imagename.svg}が必要なだけです。作業する前にお好きなディレクトリに移動しておいてください。

svg画像ファイル準備

画像ファイルを準備します。GNOMEデスクトップ環境なら、以下のようにして端末アプリの画像が取得出来ます。

cp  /usr/share/icons/hicolor/scalable/apps/org.gnome.Terminal.svg term.svg

ソースコード

実際のサンプルコードをのせておきます。

   
\documentclass[dvipdfmx]{jsarticle}                                     
    
\usepackage[dvipdfmx]{graphicx}    
\usepackage{svg}    
\begin{document}    
    
terminal svg dvipdfmx.cfgなし --shell-escpe無し。
\begin{figure}    
  \centering    
  \includesvg[scale=0.5]{term.svg}    
  \caption{svg image}    
\end{figure}

コンパイル

そして、以下のようにコマンドするだけです。

ptex2pdf filename.tex

まとめ

TeXLive2020でのsvg画像ファイルの取扱いについて現状を書きました。コンパイラも問わなくなったし、特別なオプションも要らなくなりました。svgパッケージが2.02kとアップデートされた成果だと思いますが、これでsvg画像ファイルの扱いが楽になったのではないかと思います。

LaTeXでsvg画像ファイルを取り込む方法 on Fedora 33

前回【追記あり】Fedora 32パッケージTeX Live2019でのsvg画像ファイルの挿入についての記事で書いた通り、Fedora 32でのLaTeX TeX Live2019でのsvg画像ファイルの挿入についての続きとして、まだBeta版ですがFedora 33 パッケージTeX Live 2020でのsvg画像ファイルの挿入についてのHowtoを書いておきます(実際は内部でsvgをepsに変換している)。

Fedora 33 公式リリース版で確認済み。LaTeXコンパイラはlualatexを使う話を書いています。

追記:lualatexでのコンパイルならdvipdfmx.cfgの設定も要らないし、--shell-escapeも要らなくなり、platexでも使えるようになりました。(2020年12月5日(土)

TeX Live 2020インストール

Fedora 33公式のパッケージのTeX Live 2020をインストールします。数GBとサイズがかなりでかいので注意して下さい。

sudo dnf install texlive-scheme-full

Inkscapeインストール

svg画像ファイルをepsに変換するInkscapeをインストールしておきます。
sudo dnf install inkscape

dvipdfmx.cfg

この設定は不要になった。platexでもlualatexでも要らない。(2020年12月5日(土)
/usr/share/texlive/texmf-dist/dvipdfmx/dvipdfmx.cfgをsudoしてエディタで以下を最後の行に追加編集します。
D "inkscape %i -o %o"

ファイルの準備

任意のディレクトリで最低限のファイルのfile.texとsvgファイルを以下の通りに準備編集して、svgパッケージの動作を確認します。

svg画像

svgファイルを準備します。

cp  /usr/share/icons/hicolor/scalable/apps/org.gnome.Terminal.svg term.svg

TeXファイル

file.texの中身は以下のようにエディタで編集します。(個人ディレクトリで)

\documentclass{ltjsarticle}
\usepackage[]{graphicx}
\usepackage{svg}
\begin{document}

gnome terminal svg
\begin{figure}[h]
  \centering
  \includesvg{term.svg}
  \caption{terminal svg image}
\end{figure}

\end{document}

コンパイル

コンパイルしてみます。<br />

svgパッケージのコンパイルは、platexやuplatexではコンパイル出来ず、lualatex、pdflatex、xelatexに-shell-escapeオプションを付けます。日本語を考慮するとpdflatexでは扱えないので、lualatexが良いかと思います。
--shell-escapeがいらないどころか、platexやuplatexでもコンパイル出来るように。(2020年12月5日(土)

lualatex --shell-escape file.svg

結果

以下のようにGNOME端末のアイコン画像が表示されれば、成功です。 Screenshot from 2020-10-12 11-10-35

ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ