うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

git

[検証済み]次世代GNOMEのGNOME 40を先取りしよう!!

はじめに

GNOME 40のスクリーンショットを



にて披露しました。今回は実際にGNOME 40をインストールする方法を紹介します。GNOME 40に関してはFedora 33からFedora 34 Rawhideにアップグレードする方法とそこからGNOME公式のソースをビルドする方法とがあります。GNOMEのソースからビルドする方が最新のものをインストール出来るのでぜひチャレンジしてみて下さい。

Rawhideが35に切り替わって、Fedora 34のリポジトリが出来ました。それを踏まえて、--releasever=34に変えてください。この記事再検証する必要があります。

Fedora nightly composeが簡単でお勧めです。各Linux ftpサイトのfedora/linux/development を当たると有ります。

注意点

Fedora 34 Rawhide及びGNOME 40をインストールするにあたって注意することとして、まだBeta版でもないので実機本番環境は非推奨です。サブ機やVirtualBoxなどの仮想化環境にて楽しんで下さい。

fedora 34 Rawhide

GNOME 40を楽しむにあたって、まずはFedora 33な環境を用意し、Fedora 34 Rawhideにアップグレードします。アップグレード方法は、Fedora 32からFedora 33などへのアップグレードと同じです。

system-upgradeインストール

system-upgradeパッケージをインストールします。

sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade

system-upgradeダウンロード

system-upgrade用ダウンロードをします。releaseverの指定に34を指定します。またRawhideと書いてる箇所はFedora 34と読み替えてください。
(2021年2月15日(月)22時頃)

sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=34

依存関係解決

パッケージ依存関係にエラーがあれば上記のコマンドに--allowerasingをつけて実行

system-upgradeリブート

system-upgradeダウンロード出来たら、以下のコマンドを打ってFedora 34 Rawhideへアップグレードを開始します。環境にもよりますが、数時間掛かると思います。

sudo dnf system-upgrade reboot

GNOME 40へようこそ

Fedora 34 Rawhideへアップグレード起動出来たら、GNOME 40が楽しめます。そのままお使い下さい。使い方がわかりにくかったりするかも?

ソースからビルド

Fedora 34 RawhideでもGNOME 40が楽しめますが、さらに最新のGNOME 40を使うならソースからビルドします。

dnf build-dep and install

mutterとgnome-shellパッケージをビルドするためのパッケージをインストールします。

sudo dnf build-dep gnome-shell mutter gtk4
sudo dnf install asciidoc

mkdir

ソースからビルドするための作業ディレクトリを作ります

cd 
mkdir ~/work
cd ~/work

mutter

mutterをビルドします。gitlabのGNOME公式からソースファイルを引っ張ってきてからビルドします。

git clone https://gitlab.gnome.org/GNOME/mutter
cd ~/work/mutter
meson _build --prefix=/usr/
sudo ninja install -C _build

gnome-shell

gnome-shellをビルドします。必ずmutterのビルドが終わってから実行して下さい。

git clone https://gitlab.gnome.org/gnome-shell
cd ~/work/gnome-shell
meson _build --prefix=/usr
sudo ninja install -C _build

再起動

ビルドとインストールが完了したら、再起動します。

最新のGNOME 40へようこそ

Fedora 34 Rawhideと少しUIが違うのが分かりますか?背景画像を変えたりすると横配置のワークスペースがわかりやすくなると思います。

gnome40-overview-workspace6

アンインストール

GNOME公式のgitlabのソースからFedora 34 Rawhideのものに戻したくなったら、以下のコマンドで戻せます。

cd ~/work/mutter
sudo ninja uninstall -C _build
cd ~/work/gnome-shell
sudo ninja uninstall -C _build
sudo dnf reinstall mutter gnome-shell

アップデート

アップデートするには、上記のアンインストール処理を施してから、

mutter

cd ~/work/mutter
sudo rm -Rf _build git pull meson _build --prefix=/usr/ sudo ninja install -C _build

gnome-shell

cd ../gnome-shell
sudo rm -Rf _build git pull meson _build --prefix=/usr/ sudo ninja install -C _build

として再起動します。

まとめ

Fedora 34 RawhideにアップグレードしてからGNOME公式の最新のソースからビルドする方法を紹介しました。GNOME 40の新UIの横方向に動くワークスペースをお楽しみ下さい。

おまけ

YoutubeにGNOME Live Codingしてる方がいますので、興味がある方は覗いてみてください。


また、ブログデザインをほんの少しだけ変えました。行間が詰まっていたので少しゆとりをもたせ、コマンド表示のマージンを少し多めに取り背景色を変えました。見やすくなっていると良いのですが。

参考リンク



個人で使うバージョン管理ソフト【git入門】最低限の使い方まとめ。

gitリポジトリを作成

gitリポジトリを作る前にプロジェクトなり、 ファイルなりを用意しましょう。

tar xvzf project.tar.gz 

tar.gzファイルでなく、新規にファイルを作成するなら、ファイルを展開したり、エディタなどファイルを作成する。

cd project
ls file1 file2 file3
git init

設定

初期設定をします。 個人だけで使うならいらないような気もしますが。

git config --global user.name "Kenken"
git config --global user.email fedorakenken@example.com

git で使う(というか個人で使う)好きなエディタを設定します。

echo EDITOR="vim" >> ~/.bashrc
source ~/.bashrc

ファイルを追加、削除

commitするまで変更可能。

リポジトリに更新したファイルを追加

追加

git add file1 file2

全て追加

カレントディレクトリの全てのファイルを追加するなら、

git add .

リポジトリからファイルの登録を削除する

gitの管理しているリポジトリに登録しているファイルを登録解除する。

git rm file3

commitコミット

gitリポジトリを更新。ここで、初めてgitに情報,ファイル内容がが登録される。

git commit 
# On branch master
# Changes not staged for commit:
#   (use "git add ..." to update what will be committed)
#   (use "git checkout -- ..." to discard changes in working directory)
#
#	added:   file1 file2
#
no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

と言われる場合は、 gitへ登録されていないので、

git add file1 file2

とかして、更新したファイルを登録する。 その後、

git commit

すれば、コミットが完了する。 すでにgitに登録してある全てのファイルを登録して、コミットするなら、

git commit -a

つまり、新たに作ったファイルや削除したフィルは、含まれないので注意すること。 追加、削除は、上記を参照。

コミットしたときのログファイル

#はgit logに表示されない。 # Newfile:や# Modifired:などの情報が自動的に書き込まれるが、 #を削除しないとこれらの情報はgit logでは見れなくなるので、 必要に応じて#を削除する事。

gitに追加しないファイルを設定する

.gitignoreに記述。

*~
*.swp
*.o

などとして、

git add .gitignore
git commit

すると、次回から無視してくれる。

コミットの取り消し

コミットのlogやファイルの追加、削除のし忘れがある場合、 直前のコミットを一旦取り消すことができます。

git commit --amend
入門Git
入門Git
クチコミを見る
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ