うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

apache

このBlogでのFedoraサーバー鯖設定まとめ

このBlogでのサーバー鯖設定まとめを書いて置きます。
リンクで紹介。

基本設定

CentOSやScientifc Linuxでも同じ!!Fedoraのパッケージを使ってLAMP環境を構築する方法。


Sambaサーバー(Windowsファイル共有サーバー)
Sambaサーバーが表示されない時には。

NFS(UNIXファイルサーバー)
NFSサーバー

DAAP(iTunesサーバー) 
mt-daapdで音楽をDAAP共有してiTunesサーバー化!! 

 iPhone、iPod touch、iPadなどのiOSから、DAAP越しに音楽を聴こう!

pulseaudio(サウンドサーバー)
pulseaudioでサウンドをネットワークへ飛ばす
 
VNC(リモートデスクトップサーバー)

今までお作法が違う!!Systemdを使ったVNCでGUIなリモート操作!!

iPhone、iPad、iPod touchなどのiOSからVNCを使ってLinuxマシンをリモート操作しよう。 

CentOSやScientifc Linuxでも同じ!!Fedoraのパッケージを使ってLAMP環境を構築する方法。

LAMP環境のインストール

目標

最終目標は、LAMP環境の構築とWordPressの管理画面まで到達することです。LAMP環境とは、Linux Apache MySQL PHPの事ですね。有名なキーワードなので覚えておきましょう。とりあえず、今回はLAMP環境を構築するところまで。なお、sudoが使える環境を想定しています。sudoを設定してないかたは、suコマンドで管理者になってコマンド入力してください。

wordpress-install-php

LAMP環境の構築が当面の目標ですが、いきなりwordpressのインストールをします。LAMP環境のM以外揃うので。

sudo yum install wordpress
================================================================================
 パッケージ           アーキテクチャ
                                 バージョン                   リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストールしています:
 wordpress            noarch     3.3.1-1.fc16                 updates     3.4 M
依存性関連でのインストールをします。:
 apr                  x86_64     1.4.6-1.fc16                 updates      98 k
 apr-util             x86_64     1.3.12-1.fc16                fedora       80 k
 apr-util-ldap        x86_64     1.3.12-1.fc16                fedora       16 k
 boa                  x86_64     0.94.14-0.16.rc21.fc15       fedora       90 k
 httpd                x86_64     2.2.22-1.fc16                updates     811 k
 httpd-tools          x86_64     2.2.22-1.fc16                updates      73 k
 php                  x86_64     5.3.10-1.fc16                updates     2.3 M
 php-IDNA_Convert     noarch     0.6.3-4.fc15                 fedora       32 k
 php-cli              x86_64     5.3.10-1.fc16                updates     2.2 M
 php-common           x86_64     5.3.10-1.fc16                updates     501 k
 php-mysqlnd          x86_64     5.3.10-1.fc16                updates     135 k
 php-pdo              x86_64     5.3.10-1.fc16                updates      74 k
 php-simplepie        noarch     1.1.3-5.fc15                 fedora      316 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール       14 Packages

LAMP環境の構築

apacheの設定

apacheのサービスの起動とLinux起動時に自動起動する設定をします。 Fedora 16以降だと

sudo systemctl enable httpd.service
sudo systemctl start httpd.service

Fedora 15より前、CentOS、Scientifc Linux6系列よりまえだと

sudo service httpd start
sudo chkconfig httpd on

iptables

system-config-firewallアプリ上でhttp(80)とhttps(443)のポートを開きます。ついでにsshも開いておきます。sshを使わないなら開かなくてもいいです。以下は、ystem-config-firewallアプリが生成した/etc/sysconfig/iptablesファイル。

# Firewall configuration written by system-config-firewall
# Manual customization of this file is not recommended.
*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 80 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 443 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT

Apacheのテスト

Apacheのテストをするためにlocalhostを開く。
図ではlocalhostのIPアドレスを叩いています。両方試しておきましょう。

httpd

PHPのテスト

次にPHPのテストをします。エディタで(管理者権限で) /var/www/html/test.phpファイルを開きます。

sudo vi /var/www/html/test.php

コードを以下の用に書いて保存します。

<?php
 
    phpinfo();
 
?>

以下を実行しないと、SELinuxに怒られます。

sudo restorecon /var/www/html/test.php

http://localhost/test.php を開きます。

test-php-info

と表示されればPHPの設定OK。

MySQL

インストール

sudo yum groupinstall MySQL Database
================================================================================
 パッケージ                  アーキテクチャ
                                        バージョン            リポジトリー
                                                                           容量
================================================================================
インストールしています:
 MySQL-python                x86_64     1.2.3-3.fc16          fedora       79 k
 libdbi-dbd-mysql            x86_64     0.8.3-8.fc16          fedora       15 k
 mysql                       x86_64     5.5.22-1.fc16         updates     4.4 M
 mysql-connector-odbc        x86_64     5.1.8-3.fc16          fedora      131 k
 mysql-server                x86_64     5.5.22-1.fc16         updates     8.0 M
 perl-DBD-MySQL              x86_64     4.019-3.fc16          fedora      139 k
 unixODBC                    x86_64     2.2.14-13.fc15        fedora      377 k
依存性関連でのインストールをします。:
 libdbi                      x86_64     0.8.3-4.fc15          fedora       39 k
 libdbi-drivers              x86_64     0.8.3-8.fc16          fedora      370 k
 mysql-libs                  x86_64     5.5.22-1.fc16         updates     694 k
 perl-AnyEvent               noarch     5.27-6.fc16           fedora      319 k
 perl-AnyEvent-AIO           noarch     1.1-7.fc16            fedora      8.2 k
 perl-AnyEvent-BDB           noarch     1.1-6.fc16            fedora      8.2 k
 perl-Async-MergePoint       noarch     0.03-6.fc16           fedora       19 k
 perl-BDB                    x86_64     1.88-4.fc16           fedora       72 k
 perl-Compress-Raw-Bzip2     x86_64     2.037-2.fc16          fedora       31 k
 perl-Compress-Raw-Zlib      x86_64     2.037-4.fc16          fedora       55 k
 perl-Coro                   x86_64     5.372-6.fc16          updates     234 k
 perl-Curses                 x86_64     1.28-4.fc16           fedora       90 k
 perl-DBI                    x86_64     1.616-4.fc16          fedora      780 k
 perl-EV                     x86_64     4.03-7.fc16           updates     252 k
 perl-Encode-Locale          noarch     1.02-3.fc16           fedora       15 k
 perl-Event                  x86_64     1.15-2.fc16           fedora      286 k
 perl-Event-Lib              x86_64     1.03-15.fc16          fedora       50 k
 perl-Glib                   x86_64     1.241-1.fc16          updates     351 k
 perl-Guard                  x86_64     1.021-5.fc16          fedora       17 k
 perl-HTML-Parser            x86_64     3.68-4.fc16           fedora      110 k
 perl-HTML-Tagset            noarch     3.20-8.fc16           fedora       17 k
 perl-HTTP-Date              noarch     6.00-2.fc16           fedora       13 k
 perl-HTTP-Message           noarch     6.03-1.fc16           updates      78 k
 perl-Heap                   noarch     0.80-9.fc16           fedora       46 k
 perl-IO-AIO                 x86_64     3.71-3.fc16           fedora       93 k
 perl-IO-Async               noarch     0.29-6.fc16           fedora      159 k
 perl-IO-Compress            noarch     2.037-2.fc16          fedora      229 k
 perl-IO-Socket-SSL          noarch     1.49-1.fc16           updates      75 k
 perl-IO-Tty                 x86_64     1.10-4.fc16           fedora       39 k
 perl-LWP-MediaTypes         noarch     6.01-3.fc16           fedora       20 k
 perl-Net-HTTP               noarch     6.02-1.fc16           updates      27 k
 perl-Net-LibIDN             x86_64     0.12-7.fc16           fedora       31 k
 perl-Net-SSLeay             x86_64     1.40-1.fc16           fedora      161 k
 perl-POE                    noarch     1.289-6.fc16          updates     587 k
 perl-Socket-GetAddrInfo     x86_64     0.16-4.fc16           fedora       31 k
 perl-Socket6                x86_64     0.23-7.fc16           fedora       21 k
 perl-TermReadKey            x86_64     2.30-13.fc16          fedora       29 k
 perl-TimeDate               noarch     1:1.20-5.fc16         fedora       43 k
 perl-URI                    noarch     1.58-2.fc16           fedora      103 k
 perl-common-sense           noarch     3.5-1.fc16            updates      26 k

トランザクションの要約
================================================================================
インストール       47 Packages

総ダウンロード容量: 19 M
インストール済み容量: 85 M
これでいいですか? [y/N]y

文字コード

/etc/my.cnfに文字コードをUTF-8に設定する項目を書いておきます。

[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock
user=mysql
# Disabling symbolic-links is recommended to prevent assorted security risks
symbolic-links=0
character-set-server = utf8 #<- 追加

MySQLサービス

MySQLのサービスを開始し、起動時に自動起動するように設定します。 Fedora 16以降なら

sudo systemctl start mysqld.service
sudo systemctl enable mysqld.service

Fedora 15より前、もしくはCentOS,Scietific Linux 6より前なら

sudo service mysqld start
sudo chkconfig mysqld on

とします。

secure インストール

sudo /usr/bin/mysql_secure_installation
NOTE: RUNNING ALL PARTS OF THIS SCRIPT IS RECOMMENDED FOR ALL MySQL
      SERVERS IN PRODUCTION USE!  PLEASE READ EACH STEP CAREFULLY!


In order to log into MySQL to secure it, we'll need the current
password for the root user.  If you've just installed MySQL, and
you haven't set the root password yet, the password will be blank,
so you should just press enter here.

Enter current password for root (enter for none):   #初めてこのコマンドを実行するならそのままEnter
Set root password? [Y/n] y #rootパスワードを設定するか?もちろん、Yesのy。
New password:  #rootのパスワード(任意)
Re-enter new password:  #rootのパスワードもう一回。
Password updated successfully!
Reloading privilege tables..
 ... Success!


By default, a MySQL installation has an anonymous user, allowing anyone
to log into MySQL without having to have a user account created for
them.  This is intended only for testing, and to make the installation
go a bit smoother.  You should remove them before moving into a
production environment.

Remove anonymous users? [Y/n] y #anonymousユーザー(ゲストユーザー)を除去するか。
 ... Success!

Normally, root should only be allowed to connect from 'localhost'.  This
ensures that someone cannot guess at the root password from the network.

Disallow root login remotely? [Y/n] y #リモートからのrootのログインは禁止するか?
 ... Success!

By default, MySQL comes with a database named 'test' that anyone can
access.  This is also intended only for testing, and should be removed
before moving into a production environment.

Remove test database and access to it? [Y/n] y #テストデータベースとアクセスを除去するか?
 - Dropping test database...
 ... Success!
 - Removing privileges on test database...
 ... Success!

Reloading the privilege tables will ensure that all changes made so far
will take effect immediately.

Reload privilege tables now? [Y/n] y #(データベース)テーブルの特権を再読み込みするか?
 ... Success!

Cleaning up...



All done!  If you've completed all of the above steps, your MySQL
installation should now be secure.

Thanks for using MySQL!

MySQLのテスト

mysql -u root -p
(パスワード入力:通常のrootのログインパスワードではなく、上記で設定したMySQL用のパスワード)
Welcome to the MySQL monitor.  Commands end with ; or \g.
Your MySQL connection id is 2
Server version: 5.5.22 MySQL Community Server (GPL)

Copyright (c) 2000, 2011, Oracle and/or its affiliates. All rights reserved.

Oracle is a registered trademark of Oracle Corporation and/or its
affiliates. Other names may be trademarks of their respective
owners.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

と表示されます。無事MySQLサービスが起動していて、ログインしている翔子です。

次にデータベースを表示してみましょう。

mysql> show databases;

とすると、現在あるデータベースが表示されます。

+--------------------+
| Database           |
+--------------------+
| information_schema |
| mysql              |
| performance_schema |
3 rows in set (0.10 sec)

表示されたデータベースからmysqlデータベースを選択します。

mysql> use mysql;
Reading table information for completion of table and column names
You can turn off this feature to get a quicker startup with -A

Database changed

mysqlデータベースのテーブルを表示させます。

mysql> show tables;
+---------------------------+
| Tables_in_mysql           |
+---------------------------+
| columns_priv              |
| db                        |
| event                     |
| func                      |
| general_log               |
| help_category             |
| help_keyword              |
| help_relation             |
| help_topic                |
| host                      |
| ndb_binlog_index          |
| plugin                    |
| proc                      |
| procs_priv                |
| proxies_priv              |
| servers                   |
| slow_log                  |
| tables_priv               |
| time_zone                 |
| time_zone_leap_second     |
| time_zone_name            |
| time_zone_transition      |
| time_zone_transition_type |
| user                      |
+---------------------------+
24 rows in set (0.00 sec)

serversテーブルの構造を表示します。

mysql> describe servers;
+-------------+----------+------+-----+---------+-------+
| Field       | Type     | Null | Key | Default | Extra |
+-------------+----------+------+-----+---------+-------+
| Server_name | char(64) | NO   | PRI |         |       |
| Host        | char(64) | NO   |     |         |       |
| Db          | char(64) | NO   |     |         |       |
| Username    | char(64) | NO   |     |         |       |
| Password    | char(64) | NO   |     |         |       |
| Port        | int(4)   | NO   |     | 0       |       |
| Socket      | char(64) | NO   |     |         |       |
| Wrapper     | char(64) | NO   |     |         |       |
| Owner       | char(64) | NO   |     |         |       |
+-------------+----------+------+-----+---------+-------+
9 rows in set (0.00 sec)
mysql> exit

ここまで表示されていれば、MySQLの設定、テストは完了です。

LAMP環境の構築終了

ここまでで、LAMP環境の構築終了。次回はWordPressをMySQLと接続する手順です。

参考:
Installing Apache2 With PHP5 And MySQL Support On Fedora 15 (LAMP) - how to forge
MySQL初心者入門講座

【緊急速報】「Apache Killer」脆弱性への対応したApache 2.2.21がリリース!! Fedora以外のLinuxディストリでも可能なインストール方法!!

ブログネタ
Linuxに関する運用 に参加中!

apache-icon

「Apache Killer」脆弱性への対応を補強した「Apache HTTP Server 2.2.21」 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

Apache Software Foundation(ASF)とApache HTTP Server Projectは9月14日、オープンソースのWebサーバー最新版「Apache HTTP Server 2.2.21」をリリースした。8月末にリリースしたバージョン2.2.20を補完するもので、ユーザーにアップデートを推奨している。

WebサーバーソフトウェアのデファクトスタンダードApacheの セキュリティー対策済みのアップデート版、Apache 2.2.21がリリースされたようです。
ひとまず安心ですね\(^o^)/

それにしても対応が早いですねー。
さすが、オープンソース。
まだ、Fedoraのパッケージには来ていないので、 野良ビルドで。

インストール

ビルドツールのインストール

Apacheをビルドするには、FedoraCentOSScientific LinuxなどのRedHat系だと

su -c "yum groupinstall \"Development tools\""

Ubuntuなどのdebian系だと、たぶん、

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential

でビルドに必要な開発ツールをインストール。

apacheのダウンロード

cd ~/ダウンロード
wget http://ftp.riken.jp/net/apache//httpd/httpd-2.2.21.tar.bz2

apacheのインストール

ダウンロードできたら、
tar xvjf httpd-2.2.21.tar.bz2
cd httpd-2.2.21
./configure 
make
su -c "make install"

でApacheのhttpdがインストール出来ます。(試した。)
修正:2011年 9月 20日 火曜日 17:51:42 JST

http.confなどの設定ファイル

設定ファイルは/etc/httpd.confではなく、 /usr/local/apache2/conf/httpd.confなど、/usr/local/apache2/conf/以下にインストールされますので、 お間違いなく。

デーモンの起動

デーモンというかサービスの起動も、

su -c "/etc/init.d/httpd stop"

でディストリのapacheデーモンをとめて、

su -c "/usr/local/apache2/bin/apachectrl start"
として起動します。

サーバー起動時に自動起動

まず、ディストリ標準のhttpdの起動を止めておきます。

su -c "chkconfig httpd off"

/etc/init.d/httpdをcpして、カスタムするか、
/etc/rc.local

/usr/local/apache2/bin/apachectrl start

と書いておけば、起動時に野良ビルドした方のapacheが起動するようになります。

これで安心してWebサーバーを運用できますね。 (ノ´∀`*)

Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集
Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集
クチコミを見る
Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
クチコミを見る
Apacheセキュリティ
Apacheセキュリティ
クチコミを見る

Webサーバーを立てる!!Apache on Fedora 12 13 14 and CentOS

ブログネタ
Linuxに関する運用 に参加中!

私のページでは主にデスクトップ目的で記事を書いてきましたが、
ついにサーバー管理の記事に挑戦です。



今回は、Webサーバーを立てます。



httpdのインストール


まずは、apacheのインストールです。といってもapacheというパッケージ名はありません。


FedoraCentOSでは、httpdというパッケージ名で登録されています。Fedoraをインストールした際にパッケージの選択をしていないもしくはライブCDからインストールしたという方はすでにインストールされています。




rpm -q httpd

と(一般ユーザーでOK)入力して、



httpd-2.2.17-1.fc14.i686

とパッケージ名+バージョン名が入っていればOKです。


もし、



パッケージ httpd はインストールされていません。

と表示された場合は、httpdをインストールしましょう。




su -c "yum install httpd"
(パスワード入力)

とすればインストールされます。



デーモンの起動


httpdのインストールが終了したら、httpdを起動しましょう。


デーモンとはざっくり言うとWindowsでいうところの常駐アプリだと思っていただければ良いと思います。


このhttpdをすぐに起動したい場合は、



su -c "/etc/init.d/httpd start"
(パスワード入力)


Fedoraを再起動した後も自動的にhttpdを起動したい場合は、



su -c "chkconfig httpd on"
(パスワード入力)

とします。

SELinuxをdisabled


SELinuxは、ホワイトリスト型のセキュリティソフトです。
ホワイトリスト型とは、リストに載っているものだけが動かせる、ブラックリスト型であるファイヤーウォールと逆のセキュリティソフトです。ですが、なかなか扱いが難しいのでdisabledにしておきます。
/etc/selinux/configをエディタで以下のように編集します。

# This file controls the state of SELinux on the system.
# SELINUX= can take one of these three values:
# enforcing - SELinux security policy is enforced.
# permissive - SELinux prints warnings instead of enforcing.
# disabled - SELinux is fully disabled.
SELINUX=disabled
# SELINUXTYPE= type of policy in use. Possible values are:
# targeted - Only targeted network daemons are protected.
# strict - Full SELinux protection.
SELINUXTYPE=targeted

具体的には、SELINUX=enforcingであるところを、SELINUX=disabledにします。

GUIで設定する場合は、

su -c "yum install policycoreutils-gui"

SELinux Managementをインストールします。
GNOMEデスクトップの[システム]→[管理]→[SELinux Management]を選択し、
xen-selinux-on

の赤い線で囲まれた箇所[強制]をクリックして、
xen-selinux-off

[無効]とします。

表示のテスト


ここ迄来てWebサーバーが表示できるかチェックしてみましょう。
FirefoxGoogle ChromeOperaw3mなどのURLアドレス欄に

http://localhost

と入力してみてください。
error

残念ながら、表示されません。
Fedoraでは、デフォルトでiptablesというファイヤーウォールがインストールされているので、表示されないのが正しいのです。面倒ですが、セキュリティ面を考慮し、ここで表示されない事を確認しました。
逆に、httpdを起動したのにページが表示されない場合は、ファイヤーウォールがONになっていて、httpを許可していないという状況がほとんどだと思われます。(あとSELinuxも。)

ですが、私の環境では表示されてしまいました。
ぱぁむさんの指摘で気づいたのですが、Xenをインストールした際に勝手にlo(ループバックインターフェース)のアクセスが許可されていました。
/etc/sysconfig/iptablesの一行に

-A INPUT -i lo -j ACCEPT

という行があったので、

#-A INPUT -i lo -j ACCEPT

としてコメントアウトしておけばOKです。
ただし、Xenを使う際は必要になってくるので、その際は、コメントアウトを外す(#を消す)をしておいてください。

ファイヤーウォールの設定


ファイヤーウォールでhttpを許可しましょう。ついでにhttpsも許可しておきます。

設定アプリケーションのインストール


GUIでファイヤーウォールを設定できるアプリケーションをインストールします。DVDからインストールした場合はインストールされていると思いますが、LiveCDからインストールされた方はインストールされていないかもしれません。

yum install system-config-firewall


GUIでの設定
GNOMEデスクトップの[システム]→[管理]→[ファイヤーウォール]を開きます。ファイヤーウォール(iptables)を手動で設定している場合は、変更が失われる可能性があるが良いか聞いてきます。
もしあれば、/etc/sysconfig/iptablesをバックアップ(コピーで良い)しておいてください。
check

続いて、root権限(管理者権限)のパスワードが尋ねられるので入力しましょう。
password


画面が表示されたら下へスクロールし、
[WWW (http)]と[安全なWWW(https)]をクリックします。
firewall-http_ed


[適用]をクリックしてファイヤーウォールのルールを適用します。
(iptablesの再起動が自動で実行されます。)
firewall-apply_ed


CUIでの設定


CUIでの設定は直接iptablesをエディタで設定しても良いのですが、
setupコマンドで設定することも出来ます。
GUIの時と同様httpとhttpsを選択すれば良いのですが、[スペースキー]で有効にすることが出来るという点が分かりにくいかもしれませんね。
setup-firewall

setup-firewall-http


ついに表示!!


httpdが起動し、ファイヤーウォールでhttpとhttpsのプロトコルだけ許可したらブラウザのURLに

http://localhost

としてみましょう。
test-ok

のようにサイトが表示されたらOKです。

また、WebサーバーにしたPC以外のPCが家庭のLAN環境にある場合は、
IPアドレスをURL欄に入力してみましょう。
WebサーバーのIPアドレスは、

ifconfig

と入力して、

eth0 Link encap:Ethernet HWaddr 00:20:ED:21:B5:27
inet addr:192.168.1.11 Bcast:192.168.1.255 Mask:255.255.255.0
inet6 addr: fe80::220:edff:fe21:b527/64 Scope:Link
UP BROADCAST RUNNING MULTICAST MTU:1492 Metric:1
RX packets:113503 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:91159 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:1000
RX bytes:116901832 (111.4 MiB) TX bytes:13817463 (13.1 MiB)
Interrupt:20 Base address:0xc000

lo Link encap:Local Loopback
inet addr:127.0.0.1 Mask:255.0.0.0
inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
UP LOOPBACK RUNNING MTU:16436 Metric:1
RX packets:210 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
TX packets:210 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
collisions:0 txqueuelen:0
RX bytes:56808 (55.4 KiB) TX bytes:56808 (55.4 KiB)

eth0inet addr:の後ろ、この場合ですと192.168.1.11です。
他のPCからWebサーバーへアクセスできるか試してみてください。
eth0は、場合によっては、eth1などともしくは無線LANの場合には、wlan0となっていると思われるので気をつけて。
また、携帯電話などからは192で始まるようなIPアドレスな場合はアクセスできませんのでご注意を。ルーターなしの場合は、携帯電話からでも見られるかもしれませんね^^

さて、ここまででとりあえず終了したいと思います。今後は、LAMP環境(Linux + Apache + MySQL + PHP)の構築、httpd.confの設定、Wordpressの導入などを考えております。また、ドメインの取得については筆者がサーバー用のマシンを持っていないので記事を書けるかわかりません。ヒントとしては、固定IPアドレスを持っている方はそのままドメインの取得を、持っていない(プロバイダに申請していない)場合は、ダイナミックDNSの設定、取得をすれば良いと思います。(その際は、httpd.confを設定しないといけませんが。)

とにかく、うまくtestページが表示されたでしょうか?
うまくいかないという方は、コメント、つぶやきへ。

参考資料:
Fedora11スタートアップバイブル
誰でもLinuxサーバーを超簡単に作れる本(DVD-ROM付) (日経BPパソコンベストムック)
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ