珍しくUbuntuのネタです。

KVMでのUbuntu 20.04 Beta(Betaじゃなく正式版20.04でも起こるかも正式版の20.04では直ってます)のGNOME 3.36がクラッシュしたり、ログイン画面でパスワード入れてもログイン画面に戻されるログインループしますのでその解決方法。設定ツールを開くとクラッシュします。

KVMのGUIツールにvirt-manager仮想マシンマネージャーを使うことを前提とします。
Virtualboxでも起きるかどうかは調べていませんが、拡張機能を使うなら起きないかも?

発生条件として、Ubuntuインストール時にプロプライエタリのドライバーをインストールするかUbuntuインストール後にubuntu-restricted-extraをインストールしているとクラッシュが起きます。

解決策としては、virt-managerのキーの送信から【Ctrl+Alt+F3】を選んでコンソールに切り替えログインして、

sudo apt remove  gstreamer1.0-vaap
して再起動すれば解決します。