Fedora 16 17で見かけた現象なんですが、ログイン後SEtroublueshootが何やらアラートを出します。
解決策は以下。

cd ~/
su
パスワード入力
grep asfdemux0:sink /var/log/audit/audit.log | audit2allow -M mypol

と、打ち込むと

******************** IMPORTANT ***********************
To make this policy package active, execute:

semodule -i mypol.pp

と、SELinuxのポリシーをインポートされ、以下のコマンドを実行せよと促されるので、

semodule -i mypol.pp

とするだけ。grep のあとの部分は、起動したアプリによって違うかも。そこは、SELinuxトラブルシューターの詳細ってとこを押して、コピペしてください。ちなみに何やってるかまでは私はわかりまシェン。semoduleコマンドがSELinuxのポリシーモジュールを管理してて-iがインストールオプションってことはman semoduleすればわかるんですが。

SELinuxについては、書籍が古いんですよね… あるとすればこちら。

まあ、SELinuxの概要と設定 - Tutorials, HOWTO's & Tips - Fedora User ForumSecurity-Enhanced LinuxSELinux wikiやらFedora SELinux Project Pages やらが情報源だったりしますが、追いかけてたらきりがない… これだけで一生をつぎ込めそうなぐらい。

追記:SlideshareにSELinuxについて掲載している人がいました。興味ある方はこちらをどうぞ。私には、さっぱりわかりませんけど(ヽ´ω`)