先月CentOSの開発終了が発表されましたが、良いお知らせがありました。RedHatのエンタープライズ向けLinuxのRed Hat Enterprise Linux(RHEL)を個人利用に限り最大16台まで無料で本番環境で使える様になるみたいです。

CentOSで出来たこと全てが出来るわけではないないようですし、組織やチームは無料対象外です。また来月から始まる「Individual Developer subscription」に登録する必要があります。無料で登録できてRedHatからの営業はないもよう。

参考サイト: