うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

リリースノート

GNOME3.38新機能と特徴

GNOME 3.38

アプリ並び替え

以前のよく使うをなくし、アプリ全体ビューを順番を入れ替えカスタムフォルダへと整頓できる単一のカスタマイズ出来る一貫性のあるビューに置き換えた。アプリの周りを単純にクリック&ドラッグして移動すればよい。

再起動ボタン

システムメニュー(右上)から表示される再起動のボタンにたどり着くまでのクリックの回数が1回分少なくなった。【電源オフ/ログアウト】をクリックしてから、ログアウトやサスペンドや電源オフを押した後さらに再起動を選ぶ必要があったが、システムメニューをクリックし、続けて 【電源オフ/ログアウト】 をクリックするだけで再起動ボタンが表示され、 【再起動…】 を選べば再起動出来るようになった。

gnome-338-system-menu

New Tour app

GNOMEに最初のログイン時に表示される使い方ツアーアプリのデザインを一新。

gnome-338-tour-activity-search

Redesing core utility app

Screenshot、Clock、Sound Recorderなどのリデザイン。

gnome-screenshot-and-sound-recorder

Fedoraでは、Sound Recorderはデフォルトでインストールされてなかったと思うので、必要なら以下のコマンドで。


sudo dnf install gnome-sound-recorder

Ubuntuでは、Clocksがインストールされてないので、


sudo apt install gnome-clocks

設定

ペアレンタル・コントロール

ユーザー項目にペアレンタル・コントロールがあると謳っているが、該当項目が見当たらない。この機能はアプリの起動を制限したり、インストールする可能なアプリを制限するもののはずだった。gnomeから始まるパッケージ名の情報を見てみたが、関連するパッケージもなさそう。

指紋認証

指紋認証に対応。私はデバイス持ってないので試せない。

バッテリー残量

システムメニューにオプションで表示される。これも私は、ノートPC持ってないので試せない。

スクリーンレコード(画面録画)

PipeWireとカーネルAPIを生かして、リソースの消費を減らしレスポンシブを改善させた。

マルチモニタサポートの改善

周波数が違ってもマルチモニタで同期する。(Wayland限定)

マップ

スマホサイズに対応。衛生ビューでのラベル表示をナイトモードに切り替え。
Ubuntuではインストールされてないので、

sudo apt install gnome-maps

時計

世界時計を追加がでリデザインされた。さらに、アラーム機能でスヌーズと鳴る時間を設定可能になった。

gnome-338-clock

ゲームアプリ

ゲームアプリはこのリリースでパフォーマンスを改善した。検索結果は外観検索インタフェイスを目立たせ、今まで以上にあなたのお気に入りのゲームを始められる。
コレクションをサポートし、あなたはお気に入りや最近のコレクションを使って簡単にまたシンプルにアクセスし、ゲームをグループへと管理できる。ゲームアプリはlibretroへの幾らかの改善の結果としてNintendo 64ゲームをサポートします。もしゲームやエミュレーターがクラッシュしてもメインのアプリケーションはクラッシュしません。

Fedora 33 WorkStationデフォルトではGamesアプリはインストールされていないので以下でインストール。

sudo dnf install gnome-games

Ubuntuだとgnome-gamesパッケージはlibretroではなくgnome-chessやgnome-robosなどのGNOMEゲーム全般がインストールされる。
Ubuntuでのパッケージ名はgnome-games-appであり、以下でインストール。

sudo apt install gnome-games-app

Boxes

editing XML

仮想化KVMの管理マネージャーのBoxesの開発者や上級ユーザー用に、Boxesアプリはユーザーインターフェースでは出来ない上級設定を変更して有効にする、仮想マシンのlibvirt XMLを直接編集出来ます。

その他

Wi-Fi QRコード

Ubuntuのみ?私のFedoraマシンでは有線接続なので確認出来ないが、QRコードを使って他のデバイスとホットスポット接続が出来るように。

tracker3

GNOME内蔵のデータベースアプリtracker2をtracker3にアップデート。Tracker3サーチエンジンとデータベースでの主な改善はあなたの検索とクエリ出来るデータの種類をコントロールするのを許可することによって、Flatpakアプリケーションのsandboxをよりセキュアになりました。

GNOME端末

テキストカラースキームをアップデート。新しい色は綺麗に見え、色のコントラストを改善さすれことにより読みやすくしている。

GNOMEフォト

GNOMEフォトアプリはインスタグラムのClarendonフィルタによく似た、新しいイメージフィルタのTrencinを実装した。

Fractal

メッセージアプリFractalはFlatpakアプリなのかな?Fedoraのパッケージシステムリストにはないです。使ったことがないので割愛。

画面ロック中のサウンド

画面ロックスリープ中でもサウンドがなるようになったけど、3.38からかは分からない。

参考サイト

GNOME 3.38 Released - GNOME

GNOME 3.38 Release Notes

Fedora 33リリースと新機能について

まえがき

Fedora 33が2020年10月27日(火)にリリースされました。本当は、もっと早く書きたかったのですが、以下にFedora 33の新機能について、キーワードだけ載せておきます。また、参考リンクを載せておきますので詳しいことはそちらで参照して下さい。

GNOME 3.38

Workstation版では、GNOME 3.38がリリースが採用されています。GNOME 3.38の新機能はまた追って書きたいところですが、電源オフ/再起動/ログアウトのクリック数が減った、初めてログインした時に表示されるツアーがリデザインされた、アプリビューの並び替えがスムーズになり、画面録画の改善されたなどです。ペアレンタル・コントロールが追加されているはずですが、設定のユーザーの項目には見当たりません。リリースノートなどにはのっていますが、現在のところ実装されてなさそうです。

Btrfs as the default filesystem

デフォルトファイルシステムがext4からBtrfsになりました。新しいファイルシステムですが、かなりの年月開発されてますし、そろそろ使っても良い頃でしょう。

デフォルトエディタにnano

デフォルトエディタがViからnanoに変更されました。Viは慣れるまで大変なのでユーザーフレンドリーなnanoを採用されたというわけです。viのままのにしたい場合は、.bashrcか.bash_profileに

export EDITOR="vi"
かvimなら
export EDITOR="vim"

と書いておいて下さい。主にCUIで使われる環境変数EDITORですので、geditなどは指定しないようにしてください。詳しくは を参照のこと。

swap on zram

zram採用です。詳しい事は検索してほしいですが、圧縮されたRAMディスクについての機能です。デフォルトでONになっているので、恩恵を預かれる環境はかなりあると思います。

systemd-resolve

アニメーション付きの背景

RPMのデータベースをBerkeley DBから新しくSqliteフォーマットへ変更

強い暗号設定:phase2

レガシー暗号化技術のプロトコル(TLS 1.0と TLS 1.1)Diffie-Hellman key とSHA-1 hashをさらに無効化。

ARM AArch64

in Fedora KDE enabled the EarlyOOM

プログラミング言語

  • Binutils 2.34
  • Boost 1.73
  • glibc 2.32
  • Golang 1.15
  • java-11-openjdk(java-1.8.0-openjdkからのアップグレード)
  • libdbを廃止予定
  • LLVM 11
  • GNU Make 4.3
  • Node.js 14.x
  • Perl 5.32
  • Python 3.9
    • Python2.6リタイア
    • Python 3.4リタイア
  • RPM 4.16
  • Ruby 6.0
  • Stratis 2.1.0

参考文献

Fedora Magazineの記事

実装されてない機能もあるかもしれないが、一次ソースはこちらが一番詳しい。

GihyoさんFedora 33記事

GihyoさんGNOME 3.38記事



平成最後のFedora!!Linux!!Fedora30は4月30日(火)リリース予定

 お久しぶりです。まあまあ元気です。転院告げられて病院選びに困ってます… 

 さてFedora30のリリース日が4月30日(火)に決まりました。Fedoraのリリース日はUbuntuのより後でなおかつGWよりも後の時もよくありましたが、今回はなんとかGWに間に合いました。平成最後のFedoraのリリースですね。

IMG_3481

 VMでFedora30相当のRC1.2を試した限りでは、GNOMEのリリースノートに書かれている通り、より速くキビキビと動くようになったようです。またビジュアル的な変化としてはアイコンが可愛くなってます。GNOMEのアイコンテーマが変わった事によるものです。



IMG_3494
IMG_3495
IMG_3496
IMG_3497

アプリの導入はGNOMEソフトウェアでインストールする時代ですが、コマンドのパッケージマネージャーであるdnfが圧縮データにZchunkを採用する事で高速化されました。

新しいデスクトップ環境としてDeepinDEとPantheon Desktopが追加されてます。

GNU Bash 5.0とGCC9とOpenJDK 12とがメジャーアップグレードされてるので注意してください。デフォルトのGPGがGnuPG 2に変更されています。

グラフィカルブート時チラつきがなくなります。dbus-brokerを採用します。

Fedora25ワークステーションの新機能 What’s new in Fedora 25 Workstation

 Fedora25がリリースされました。新機能を以下のサイトの情報を元に紹介します。

翻訳元  What’s new in Fedora 25 Workstation

Fedora25-workstation

GNOME 3.22

  • Fileアプリ(nautilusファイルマネージャー)での複数ファイル名変更
  • Fileアプリでの統合された圧縮ファイル機能
  • 新しく、デザインしなおされたキーボード設定ツール
  • Softwareアプリ(アプリインストール)の刷新されたページ
  • Softwareアプリのより簡単にカテゴリが見られる
  • Videoアプリでの可変スピード再生

file-rename


file-compress


Screenshot from 2016-11-24 14-48-01


Screenshot from 2016-11-24 14-48-58

 Gnom3.22の特徴の詳しい記事はIntroducing GNOME 3.22: Karlsruheを参考にしてください。

Waylandディスプレイサーバー

 waylandはデフォルトで古いX11サーバーから置き換えている。Fedora Workstationを使うときにそのゴールはよりスムースによりリッチな体験を提供するためです。すべてのソフトウェアのようにこれらはまだいくつかのバグがあるかもしれない。 ログインユーザーを選んだあとスイッチするための選択するアイコンをつかいます。しかしこの新しいディスプレイサーバーは現代のOSとハードウェアを管理するためにデザインされています。
wayland

Fedora Media Writer

 新しいFedora Media WriterはFedora Workstationをダウンロードとインストールはこれまでになく簡単になった。あなたはダウンロードや他のFedoraのエディションやSpinsやLabsをインストールするためにそれをまた使う事が出来る。このツールは現在のFedoraの公開を探したりダウンロードしたりUSBスティックのような取り外し可能なメディアに書き込んだりしてあなたを助けます。そうすればあなたはOS liveを”テストドライブ”する事ができます。あなたは体験を好み、アタナはそうすればあなたのシステムへFedoraをインストールする事が出来ます。ライブUSBが少しの間で機能して、そのFedora Media Writerが高く洗練され使いやすく使いやすい体験をするでしょう。

MP3デコードサポート

 このリリースでは音楽を再生するようなMP3デコーディングプラグインを組み込んでいる。もしあなたのコレクションからMP3ファイルを再生するならGnomeソフトウェアはそれを見つけあなたにそのプラグインをインストールするのを助けます。

Flatpakサポート

 開発者用として、Fedora25 Workstationは改善されたFlatpkのサポートを同梱します。これらの強化はFlatpakソフトウェアをより簡単にインストール、アップデート、削除出来ます。その改善はこのアプリケーション標準はよりユーザーフレンドリーにするでしょう。

拡張は有効期限が終了しません

 ついに、Gnome Shell拡張はGNOME Shellのバージョンに対してもはや互換性をチェックしません。GNOME 3のインターフェイスが素早く変更されていたため、このチェックはGNOME 3の初期の頃は必要とされていた。これからはこれらのインターフェイスが安定しています。だからあなたの拡張はリリースからリリースへとよりよく動くでしょう。

他の記録

 これらはFedora 25での改善の一部にすぎないです。Fedoraはまたあなたに私達のコミュニティを提供する数千のソフトウェアアプリに利用可能です。その前のリリース同様に多く(のアプリ)はアップデートされています。

[緊急速報]Fedora 15 リリースノート 日本語訳版が公開されました。

リリースノート
Fedora 15 へようこそ

Fedora 15がリリースされてから、2ヶ月が経ちましたが、
ついに、Fedora 15 リリースノート、日本語訳版が公開されました。

私のblogでFedora 15のリリースノートの第一章、Welcome to Fedoraを訳した[非公式] Fedora 15 Release Notes リリースノート 翻訳をFedora-trans-jaにリリースノート翻訳についてとして提出したことをきっかけに、
沢山の方が翻訳作業をしてくださいました。

特に神田様は(名前出しちゃっていいのかなあ。まずかったら、消しますから連絡くださいね。)、RedHatの社員の方でもないのに、ほぼ一人でリリースノート全般にわたって翻訳してくださるという素晴らしい貢献ぶり。

そして、RedHat社さん、fedora.org付きのメールアドレスをお持ちのFedoraを支えてくださっていらっしゃる皆様にも感謝したいと思います。

P.S. あくまで、私がきっかけと主張したい、けんけんなのでした (ΦωΦ)フフフ…

英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
クチコミを見る
こんな本あるのか…
これを気に、翻訳のお勉強もしたいなあ。
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ