うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

リリースノート

Fedora25ワークステーションの新機能 What’s new in Fedora 25 Workstation

 Fedora25がリリースされました。新機能を以下のサイトの情報を元に紹介します。

翻訳元  What’s new in Fedora 25 Workstation

Fedora25-workstation

GNOME 3.22

  • Fileアプリ(nautilusファイルマネージャー)での複数ファイル名変更
  • Fileアプリでの統合された圧縮ファイル機能
  • 新しく、デザインしなおされたキーボード設定ツール
  • Softwareアプリ(アプリインストール)の刷新されたページ
  • Softwareアプリのより簡単にカテゴリが見られる
  • Videoアプリでの可変スピード再生

file-rename


file-compress


Screenshot from 2016-11-24 14-48-01


Screenshot from 2016-11-24 14-48-58

 Gnom3.22の特徴の詳しい記事はIntroducing GNOME 3.22: Karlsruheを参考にしてください。

Waylandディスプレイサーバー

 waylandはデフォルトで古いX11サーバーから置き換えている。Fedora Workstationを使うときにそのゴールはよりスムースによりリッチな体験を提供するためです。すべてのソフトウェアのようにこれらはまだいくつかのバグがあるかもしれない。 ログインユーザーを選んだあとスイッチするための選択するアイコンをつかいます。しかしこの新しいディスプレイサーバーは現代のOSとハードウェアを管理するためにデザインされています。
wayland

Fedora Media Writer

 新しいFedora Media WriterはFedora Workstationをダウンロードとインストールはこれまでになく簡単になった。あなたはダウンロードや他のFedoraのエディションやSpinsやLabsをインストールするためにそれをまた使う事が出来る。このツールは現在のFedoraの公開を探したりダウンロードしたりUSBスティックのような取り外し可能なメディアに書き込んだりしてあなたを助けます。そうすればあなたはOS liveを”テストドライブ”する事ができます。あなたは体験を好み、アタナはそうすればあなたのシステムへFedoraをインストールする事が出来ます。ライブUSBが少しの間で機能して、そのFedora Media Writerが高く洗練され使いやすく使いやすい体験をするでしょう。

MP3デコードサポート

 このリリースでは音楽を再生するようなMP3デコーディングプラグインを組み込んでいる。もしあなたのコレクションからMP3ファイルを再生するならGnomeソフトウェアはそれを見つけあなたにそのプラグインをインストールするのを助けます。

Flatpakサポート

 開発者用として、Fedora25 Workstationは改善されたFlatpkのサポートを同梱します。これらの強化はFlatpakソフトウェアをより簡単にインストール、アップデート、削除出来ます。その改善はこのアプリケーション標準はよりユーザーフレンドリーにするでしょう。

拡張は有効期限が終了しません

 ついに、Gnome Shell拡張はGNOME Shellのバージョンに対してもはや互換性をチェックしません。GNOME 3のインターフェイスが素早く変更されていたため、このチェックはGNOME 3の初期の頃は必要とされていた。これからはこれらのインターフェイスが安定しています。だからあなたの拡張はリリースからリリースへとよりよく動くでしょう。

他の記録

 これらはFedora 25での改善の一部にすぎないです。Fedoraはまたあなたに私達のコミュニティを提供する数千のソフトウェアアプリに利用可能です。その前のリリース同様に多く(のアプリ)はアップデートされています。

[緊急速報]Fedora 15 リリースノート 日本語訳版が公開されました。

リリースノート
Fedora 15 へようこそ

Fedora 15がリリースされてから、2ヶ月が経ちましたが、
ついに、Fedora 15 リリースノート、日本語訳版が公開されました。

私のblogでFedora 15のリリースノートの第一章、Welcome to Fedoraを訳した[非公式] Fedora 15 Release Notes リリースノート 翻訳をFedora-trans-jaにリリースノート翻訳についてとして提出したことをきっかけに、
沢山の方が翻訳作業をしてくださいました。

特に神田様は(名前出しちゃっていいのかなあ。まずかったら、消しますから連絡くださいね。)、RedHatの社員の方でもないのに、ほぼ一人でリリースノート全般にわたって翻訳してくださるという素晴らしい貢献ぶり。

そして、RedHat社さん、fedora.org付きのメールアドレスをお持ちのFedoraを支えてくださっていらっしゃる皆様にも感謝したいと思います。

P.S. あくまで、私がきっかけと主張したい、けんけんなのでした (ΦωΦ)フフフ…

英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
クチコミを見る
こんな本あるのか…
これを気に、翻訳のお勉強もしたいなあ。

[非公式] Fedora 15 Release Notes リリースノート 翻訳

1. Welcome to Fedora 15
Welcome to Fedora 15


さて、Fedora 15のリリースが近づいてきました。
Release Notesも整備されているようなので、翻訳してみました。

ちょっとずつ、このページを更新していくのでブクマしていただけると良いかと^^
ただし、私の英語力は酷いので必ず、原文も見てくださいね。

また、Fedora Translatorの方がこの訳を使う際は、
けんけんもしくは、kenkenで翻訳者の追加さえしただければ流用していただいて構いません。

最終更新日:2011年 5月 19日 木曜日 16:50:28 JST

Release Notes for Fedora 15



概要



Fedora 15での主な特徴を示します。





  • GNOME 3が新しい GNOME 3 Shell(インターフェース)を提供します。

  • KDE 4.6 では、改善された Plasma workspaceや拡張されたメインのアプリケーションやより優れた効率的にメモリ(管理)

  • XFCE 4.8 では新しいパネルやThunarの拡張など

  • Virt-managerでSpiceをサポートやXenのホストをサポートした仮想化の改善

  • CDで提供されるより多くのアプリケーションを格納できるようにこれまでよりさらに高い圧縮

  • systemdの搭載により、システムやセッションの管理がより安定した設定や改善されたブートパフォーマンスを提供する





より詳細なFedora 15の特徴は、Fedora 15特徴リストを参照のこと。


ハードウェアの概要



x86アーキテクチャでの必要なプロセッサとメモリ




  • テキストモードでの推奨: 200 MHz Pentium Pro 以上

  • グラフィカルモードでの推奨: 400 MHz Pentium Pro 以上

  • テキストモードでの必要最小メモリ: 256 MiB

  • グラフィカルモードでの必要最小メモリ: 384 MiB

  • グラフィカルモードで推奨されるメモリ: 512 MiB





x86_64 アーキテクチャでの必要なプロセッサとメモリ




  • テキストモードでの最小メモリ: 256 MiB

  • グラフィカルモードでの最小メモリ: 384 MiB

  • グラフィカルモードでの推奨されるメモリ: 512 MiB




全てのアーキテクチャでの必要なハードディスクの容量



完全なパッケージは9 GB以上のディスク容量を占有します。最終的なサイズは、インストールするスピンやインストール時に選択されるパッケージによって全体的に変わってきます。追加のディスク容量は、インストール環境をサポートするためにインストールの間必要とされます。この追加のディスク容量は、/Fedora/base/stage2.img(インストールディスク1)のサイズとインストールされるシステムでの/var/lib/rpmでのファイルサイズを追加したものが必要です。



実践的な状況では、追加の必要な容量は、最小インストールでは少なくとも90 MiBあたりでより多くのインストールで追加される容量は175 MiBである。



さらなる容量はまたユーザーデータが必要で、少なくとも5%の空き容量が固有のシステム操作で保持されるべきです。



フィードバック



Fedora コミュニティーへの貴方の報告、提案、バグ報告を提供する時間を設けていただき、感謝します。; この助け(への貢献)はFedoraやLinuxやフリーソフトウェアの世界すべての状態を改善することでしょう。



Fedoraのソフトウェアでのフィードバックを提供する事について


Fedoraのソフトウェアや他のシステムでの要素でフィードバックを提供するためには、バグと機能のリクエストをよく読んでください。分かっている報告されたバグについては、wikiでの概知のF15(Fedora 15)のバグから確かめることが可能です。



リリースノートでのフィードバックを提供することについて


もし、あなたがこのリリースノートがなんらかの事情で改善される必要があると感じたら、あなたは貴方のフィードバックを直接beat writersへ提供するすることができる。




  • Fedoraのアカウントを持っているなら、wiki上でDocs-Beatsなページを通して直接コンテンツを編集できる。

  • このテンプレートを使ってバグ報告を全て満たすように書いてください。 - このリンクはリリースノート自信のためのフィードバック用です。詳細は上の忠告を見てください。

  • そのRelease-NoteのメーリングリストのE-mailは、relnotes@fedoraproject.orgです。


ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ