ブログネタ
Linuxに関する運用 に参加中!

apache-icon

「Apache Killer」脆弱性への対応を補強した「Apache HTTP Server 2.2.21」 - SourceForge.JP Magazine : オープンソースの話題満載

Apache Software Foundation(ASF)とApache HTTP Server Projectは9月14日、オープンソースのWebサーバー最新版「Apache HTTP Server 2.2.21」をリリースした。8月末にリリースしたバージョン2.2.20を補完するもので、ユーザーにアップデートを推奨している。

WebサーバーソフトウェアのデファクトスタンダードApacheの セキュリティー対策済みのアップデート版、Apache 2.2.21がリリースされたようです。
ひとまず安心ですね\(^o^)/

それにしても対応が早いですねー。
さすが、オープンソース。
まだ、Fedoraのパッケージには来ていないので、 野良ビルドで。

インストール

ビルドツールのインストール

Apacheをビルドするには、FedoraCentOSScientific LinuxなどのRedHat系だと

su -c "yum groupinstall \"Development tools\""

Ubuntuなどのdebian系だと、たぶん、

sudo apt-get update
sudo apt-get install build-essential

でビルドに必要な開発ツールをインストール。

apacheのダウンロード

cd ~/ダウンロード
wget http://ftp.riken.jp/net/apache//httpd/httpd-2.2.21.tar.bz2

apacheのインストール

ダウンロードできたら、
tar xvjf httpd-2.2.21.tar.bz2
cd httpd-2.2.21
./configure 
make
su -c "make install"

でApacheのhttpdがインストール出来ます。(試した。)
修正:2011年 9月 20日 火曜日 17:51:42 JST

http.confなどの設定ファイル

設定ファイルは/etc/httpd.confではなく、 /usr/local/apache2/conf/httpd.confなど、/usr/local/apache2/conf/以下にインストールされますので、 お間違いなく。

デーモンの起動

デーモンというかサービスの起動も、

su -c "/etc/init.d/httpd stop"

でディストリのapacheデーモンをとめて、

su -c "/usr/local/apache2/bin/apachectrl start"
として起動します。

サーバー起動時に自動起動

まず、ディストリ標準のhttpdの起動を止めておきます。

su -c "chkconfig httpd off"

/etc/init.d/httpdをcpして、カスタムするか、
/etc/rc.local

/usr/local/apache2/bin/apachectrl start

と書いておけば、起動時に野良ビルドした方のapacheが起動するようになります。

これで安心してWebサーバーを運用できますね。 (ノ´∀`*)

Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集
Apacheクックブック 第2版 ―Webサーバ管理者のためのレシピ集
クチコミを見る
Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
Apacheポケットリファレンス (POCKET REFERENCE)
クチコミを見る
Apacheセキュリティ
Apacheセキュリティ
クチコミを見る