うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

カーネル再構築

[scftorture]のCPU使用率が高い。

概要

 昨日カーネル5.10.3を野良ビルドしてインストールしたら、[scftorture]によるCPU使用率が高いです。しかも複数プロセスがあったりします。ググってみると、カーネルの機能のようでして。というのを解決します。

tux

解決方法

カーネルの機能で[scftorture]のように[]で囲まれているので、しばらくググっても解決方法は分からず、カーネルのメーリングリストばかりヒットするので、ひょっとしてカーネルビルドが原因?と思って.configファイルをSCFでgrep。すると、

CONFIG_SCF_TORTURE_TEST= y

なるものがあるので、ビンゴ。コメントアウトして、make oldconfigしなおしたら、以下のようにカーネルオプションどうする?と言われたのでNに。

orture tests for smp_call_function*() (SCF_TORTURE_TEST) [N/m/y/?] (NEW) n

そのあと、ビルドしてgrub2-mkconfigして再起動。しばらく放置しても[scftorture]なプロセスがなくなったのでめでたしめでたし。

まとめ

不用意にちゃんと調べもせずにカーネルオプションを有効にしてはダメという教訓を得ました。ドライバ関係なら迷わずONというかm(モジュール)にしておくべきだとは思いますが。というか動作しないデバイスがあるわけではないのに、カーネルビルドする必要はないんですが、次期カーネルのLTSらしいのでビルドしておきました。カーネルビルドされていく様子を見ているのは楽しいですよ。皆さんもお試しあれ。ビルドしインストールしたら、grub2-mkconfigほげほげをするのをお忘れなく。

高速化、軽量化が出来る!! rpmbuild,srpmを使ってカーネル再構築をする方法。 on Fedora, CentOS, ScienticLinux

カーネル再構築とは?

カーネルとは、PCが起動してからBIOSが起動し、その次に起動するプログラムです。ですが、このカーネルはLinuxディストーションをインストールした際にインストールされるカーネルは、たくさんのモジュール(部品)が同梱されています。

ですが、低スペックなパソコンだとこのカーネルは、たくさんのモジュールが含まれているためカーネルの容量が大きく、起動する歳にとても時間がかかります。 そういう場合には、使わないモジュールを同梱させないようにしたり、カーネルパラメーターを設定することで起動時間を短縮出来る可能性があります。 また、場合によってはたくさんのモジュールがあっても自分のPCのハードウェアが動かない場合もあります。その場合には、このモジュールの中に含まれるドライバなどをカーネルに組み込む必要があります。

ですが、これらの設定についてはデフォルトのカーネルを直接弄っても解決しないケースがあります。そういう場合には、カーネルを一からコンパイル(ビルド)します。この作業をカーネル再構築と言います。

ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ