うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

インストール

Fedora18 でのmp3,AACなどのマルチメディアなプラグインgstreamerのまるごとインストール!!

ブログネタ
Desktop Linux 入門 に参加中!
Fedora18からgstreamerの中身が変わった様子。

rpmfusionリポジトリのインストール



まずは、rpmfusionリポジトリのインストール



sudo rpm -ivh http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-18.noarch.rpm


gstreamerのインストール



お次にgstreamerの一斉インストール。いっぱいあります。


sudo yum install gstreamer gstreamer-ffmpeg gstreamer-java gstreamer-java-swt gstreamer-plugin-crystalhd gstreamer-plugins-bad gstreamer-plugins-bad-free gstreamer-plugins-bad-free-extras gstreamer-plugins-bad-nonfree gstreamer-plugins-base gstreamer-plugins-base-tools gstreamer-plugins-entrans gstreamer-plugins-espeak gstreamer-plugins-fc gstreamer-plugins-good gstreamer-plugins-good-extras gstreamer-plugins-ugly gstreamer-python gstreamer-rtsp gstreamer-rtsp-python gstreamer-rtsp-vala gstreamer-tools gstreamer1 gstreamer1-libav gstreamer1-plugins-bad-free gstreamer1-plugins-bad-free-extras gstreamer1-plugins-bad-freeworld gstreamer1-plugins-base gstreamer1-plugins-base-tools gstreamer1-plugins-good gstreamer1-plugins-good-extras gstreamer1-plugins-ugly gstreamermm

Fedora18 Spherical Cow へアップグレード成功!!

とりあえず、Fedora18へアップグレード成功しました。
私はいつもクリーンインストールにしてましたが、アプリケーションを入れなおしたり設定しなおしたりが面倒くさくなったのでアップグレードしてみました。

とりあえず、スクリーンショットを。

fedora18_ss

詳しいアップグレード手順はまた追って記事にしますが、
基本的には

sudo yum clean all
sudo yum update
sudo yum install fedup
sudo fedup-cli --network 18 --debuglog ~/fedupdebug.log

して再起動。 気長に待つ。 で、完了しますです。

ちょっと弄った感じだと、日本語入力をするためには画面右上のステータスバーのjaのところをクリックして、日本語(Mozc)を選択してから[半角/全角]キーを押さないといけないのが面倒…

あと、カーネルを含む幾つかのパッケージがF17のままだったりします。F18の方がバージョンが低いのでそのうちアップデートが来たら切り替わるんでしょうけど。

そして、rpmfusionのパッケージ名が変わったのかgstreamerのパッケージのインストールを促されました。これは、アップグレード組の方は、インストール-> 自分のパスワードを入力して実行で完了します。

以上、簡単ですがアップグレード成功報告とします。

買う予定…

日経 Linux (リナックス) 2013年 02月号 [雑誌]
日経 Linux (リナックス) 2013年 02月号 [雑誌]

Libreofficeをインストールする on Fedora 15 16

OpenOffice.orgから派生したLibreofficeを使いたい><
でも、Fedora 15 16のLiveCDに入っていないって方は、 以下のコマンドだけでどっさり入ります。

su -c "yum groupinstall Office/Productivity"
su -c "yum install libreoffice-base"

plannerとかLibreoffice以外の物も入りますが。

Fedoraパッケージデータベースサイト!!

Fedoraのパッケージ情報サイトが出来ました。

色んなサイトで紹介されてますが、リンク先が違う… ぐぐってちゃんとサイトを見つけました。
Fedora Package Databaseです。

たとえば、このサイト。

Fedora、パッケージ情報を集めたサイトを公開 - slashdotなどで紹介されていますが、リンク先を辿るとFedoraのstart.fedoraproject.orgに飛ばされます。しかも、信頼されてないサイトとして警告されている事をそっちのけでたどったのにってとこ。たぶん…  どこのニュースサイトも上記の間違ったサイトに飛ばされるんですよね。 たぶん、どこかのサイトの情報をそのままコピペなんでしょうけど、確認してから載せてほしいなあ。

で、このサイトでキーワードを英語で検索すると、右上にインストールって出てプルダウンからパッケージを選ぶとfirefoxを通してインストール出来ちゃう。便利…

なんでも、ブラウザで済んじゃう時代ですなあ。

LFSことはじめ ~ GCCのコンパイルまで

5.5. GCC-4.5.2 - Pass 1
The GCC package contains the GNU compiler collection, which includes the C and C++ compilers.

はじめに

Linuxのインストールをするとき、ほとんどのディストリだとインストーラが付いていると思います。 ですが、インストーラ無しで地道に自分のビルド環境を使ってLinuxをインストールする方法としてLFSというものがあります。

LFS online Document を基本的には読んで実行していけばいいのですが、 結構抜けが多かったので、公開しておきます。

ビルド環境

Fedora,RHクローン

FedoraやScientific Linux,CentOSなどのRHクローンなら、

su -c yum groupinstall "Development tools" "Development Libraries"

を実行してビルド環境を整えておきます。

Ubuntu,debian系

Ubuntuなどのdebian系はあまりつかったことが無いですが、 最低限必要なものは

apt-get install build-essential

ですかね。それ以外も必要かも… どなたか知ってる方がいらっしゃったら教えてください。

LFS

さて、本題。LFSのhowtoというかメモを公開。

システム

ファイルイメージを作る

[kenken@localhost lfs]$ dd if=/dev/zero of=lfs.img bs=1M count=1 seek=8192
1+0 records in
1+0 records out
1048576 bytes (1.0 MB) copied, 0.00904098 s, 116 MB/s
[kenken@localhost lfs]$ dd if=/dev/zero of=swap.img bs=1M count=1 seek=511
1+0 records in
1+0 records out
1048576 bytes (1.0 MB) copied, 0.0218202 s, 48.1 MB/s
[kenken@localhost lfs]$ ls -lh
合計 4.0M
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 8.1G 2011-05-18 16:47 lfs.img
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 512M 2011-05-18 16:46 swap.img

フォーマット

[kenken@localhost lfs]$ mke2fs -jv lfs.img 
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
lfs.img is not a block special device.
Proceed anyway? (y,n) y
fs_types for mke2fs.conf resolution: 'ext3', 'default'
warning: Unable to get device geometry for lfs.img
Calling BLKDISCARD from 0 to 4294967296 failed.
warning: 256 blocks unused.

Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
262656 inodes, 1048576 blocks
52441 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=1073741824
32 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8208 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
	32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736

	Writing inode tables: done                            
	Creating journal (32768 blocks): done
	Writing superblocks and filesystem accounting information: done

	This filesystem will be automatically checked every 39 mounts or
	180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.

swap作成

[kenken@localhost lfs]$ mkswap swap.img 
スワップ空間バージョン1を設定します、サイズ = 524284 KiB
ラベルはありません, UUID=0422614e-707a-4778-aea2-37b59dbfcae7

mount ポイントは-o loopオプション

[kenken@localhost lfs]$ su
パスワード:
[root@localhost lfs]# mkdir -p /mnt/lfs
[root@localhost lfs]# exit
[kenken@localhost lfs]$ export LFS=/mnt/lfs
[kenken@localhost lfs]$ su
パスワード:
[root@localhost lfs]# mount -o loop lfs.img $LFS

swap not enogh ?

[root@localhost lfs]# /sbin/swapon -v swap.img 
swap.img に swapon
swapon: /home/kenken/ダウンロード/lfs/swap.img: insecure permissions 0664, 0600 suggested.
swapon: /home/kenken/ダウンロード/lfs/swap.img: skipping - it appears to have holes.
[root@localhost lfs]# chmod 0600 swap.img
[root@localhost lfs]# /sbin/swapon -v swap.img 
swap.img に swapon
swapon: /home/kenken/ダウンロード/lfs/swap.img: skipping - it appears to have holes.
[root@localhost lfs]# exit

#packages

[kenken@localhost lfs]$ mkdir -v $LFS/sources
mkdir: created directory `/mnt/lfs/sources'
[kenken@localhost lfs]$ chmod -v a+wt $LFS/sources/
`/mnt/lfs/sources/' のモードを 1777 (rwxrwxrwt) に変更しました

ダウンロード

[kenken@localhost lfs]$ wget http://www.linuxfromscratch.org/lfs/view/stable/wget-list
[kenken@localhost lfs]$ wget -i wget-list -P $LFS/sources

toolsフォルダ作成

[kenken@localhost lfs]$ mkdir -v $LFS/tools
mkdir: created directory `/mnt/lfs/tools'

ユーザーとグループの追加

[kenken@localhost lfs]$ su
パスワード:
[root@localhost lfs]# groupadd lfs
[root@localhost lfs]# useradd -s /bin/bas
basename  bash      
[root@localhost lfs]# useradd -s /bin/bash -g lfs -m -k /dev/null lfs
[root@localhost lfs]# passwd lfs
[root@localhost lfs]# chown -v lfs $LFS/tools
`/mnt/lfs/tools' の所有者を lfs に変更しました
[root@localhost lfs]# ll $LFS
合計 24
drwx------ 2 root   root   16384 2011-05-18 16:47 lost+found
drwxrwxrwt 2 kenken kenken  4096 2011-05-18 17:20 sources
drwxrwxr-x 2 lfs    kenken  4096 2011-05-18 17:21 tools
[root@localhost lfs]# chown -v lfs $LFS/sources
`/mnt/lfs/sources' の所有者を lfs に変更しました
[root@localhost lfs]# ll $LFS
合計 24
drwx------ 2 root root   16384 2011-05-18 16:47 lost+found
drwxrwxrwt 2 lfs  kenken  4096 2011-05-18 17:20 sources
drwxrwxr-x 2 lfs  kenken  4096 2011-05-18 17:21 tools

環境を構築する

cat > ~/.bash_profile << "EOF"
exec env -i HOME=$HOME TERM=$TERM PS1='\u:\w\$ ' /bin/bash
EOF
cat > ~/.bashrc << "EOF"
set +h
umask 022
LFS=/mnt/lfs
LC_ALL=POSIX
LFS_TGT=$(uname -m)-lfs-linux-gnu
PATH=/tools/bin:/bin:/usr/bin
export LFS LC_ALL LFS_TGT PATH
EOF

ビルド

ファイルの展開、解凍

for i in `ls *tar.bz2` ; do tar xvjf $i ; done
for i in `ls *tar.gz` ; do tar xvzf $i ; done

binutils

準備

binutilsのディレクトリで直接configureしない方が良いと書いているので、 $LFS/sourcesの下に、
mkdir binutils-2.21-build
cd binutils-2.21-build/

configure

../binutils-2.21/configure --target=$LFS_TGT --prefix=$LFS/tools --disable-nls --disable-werror
lfs:/mnt/lfs/sources/binutils-2.21-build$ ls
Makefile  config.log  config.status  serdep.tmp

makeアンドmake install

make
make install
cd ..

gcc Pass1

準備

lfs:/mnt/lfs/sources$ mv mpfr-3.0.0 mpfr      
lfs:/mnt/lfs/sources$ mv gmp-5.0.1 gmp
lfs:/mnt/lfs/sources$ mv mpc-0.8.2 mpc

configure

lfs:/mnt/lfs/sources$ mkdir gcc-4.5.2-build && cd gcc-4.5.2-build
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ ../gcc-4.5.2/configure \
    --target=$LFS_TGT --prefix=/tools \
    --disable-nls --disable-shared --disable-multilib \
    --disable-decimal-float --disable-threads \
    --disable-libmudflap --disable-libssp \
    --disable-libgomp --enable-languages=c \
    --with-gmp-include=$(pwd)/gmp --with-gmp-lib=$(pwd)/gmp/.libs \
    --without-ppl --without-cloog

configure: error: Building GCC requires GMP 4.2+, MPFR 2.3.1+ and MPC 0.8.0+.
Try the --with-gmp, --with-mpfr and/or --with-mpc options to specify
their locations.  Source code for these libraries can be found at
their respective hosting sites as well as at
ftp://gcc.gnu.org/pub/gcc/infrastructure/.  See also
http://gcc.gnu.org/install/prerequisites.html for additional info.  If
you obtained GMP, MPFR and/or MPC from a vendor distribution package,
make sure that you have installed both the libraries and the header
files.  They may be located in separate packages.
言われビルド失敗。 configure: error: Building GCC requires GMP 4.2+, MPFR 2.3.1+ and MPC 0.8.0+ gccでググると、gcc-4.5.0をインストールしてみるがヒットし、gmp,mpfr,mpcをそれぞれビルドせよと。 そりゃあ、まあ、そうだわな。 つまり、 mpfr,gmp,mpcそれぞれを--prefix=/tools/{mpfr,gmp,mpc}としてビルド。 gcc --with-mpfr,gmp,mpc=/tools/.... とすればよい。
gmp
というわけで、まずはgmpのビルド。
準備
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ cd $LFS/sources
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ mkdir gmp-build 
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ cd gmp-build
configure
mkdir $LFS/tools/gmp
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ ../gmp/configure --prefix=$LFS/tools/gmp --target=$LFS_TGT
とすると、
configure: error: --target is not appropriate for GMP
Use --build=CPU-VENDOR-OS if you need to specify your CPU and/or system
explicitly.  Use --host if cross-compiling (see "Installing GMP" in the
manual for more on this).
と言われるので、
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ ../gmp/configure --prefix=$LFS/tools/gmp --build=$LFS_TG
これで、lsでみてみると、
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ ls
Makefile    config.m4	   demos	 gmp.h	  mpbsd  mpq	 scanf	   tune
config.h    config.status  doc		 libtool  mpf	 mpz	 stamp-h1
config.log  cxx		   gmp-mparam.h  mp.h	  mpn	 printf  tests
と、ちゃんとMakefileが出来てる。
make アンド make install
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ make
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ make check
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ make install
lfs:/mnt/lfs/sources/gmp-build$ cd ../

mpfr
準備
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ cd $LFS/sources
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ mkdir mpfr-build 
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ cd mpfr-build
configure
mkir $LFS/tools/mpfr
lfs:/mnt/lfs/sources/mpfr-build$ ../mpfr/configure --prefix=$LFS/tools/mpfr --target=$LFS_TGT
lfs:/mnt/lfs/sources/mpfr-build$ ls
Makefile  config.log  config.status  libtool  mparam.h	tests
make アンド make install
lfs:/mnt/lfs/sources/mpfr-build$ make
lfs:/mnt/lfs/sources/mpfr-build$ make install
mpc
準備
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ cd $LFS/sources
lfs:/mnt/lfs/sources/$ mkdir mpc-build 
lfs:/mnt/lfs/sources/$ cd mpc-build
configure
mkdir $LFS/tools/mpc
lfs:/mnt/lfs/sources/mpc-build$ ../mpc/configure --prefix=$LFS/tools/mpc --target=$LFS_TGT
configure: error: libmpfr not found or uses a different ABI.
とエラー。
../mpc/configure --prefix=$LFS/tools/ --build=$LFS_TGT --with-mpfr-include=$LFS/tools/include/ --with-mpfr-lib=$LFS/tools/mpfr
とすれば、無事configureが通って
lfs:/mnt/lfs/sources/mpc-build$ ls
Makefile  config.log	 doc	  src	    tests
config.h  config.status  libtool  stamp-h1

でMakefileが出来ているのを確認。

make アンド make install
lfs:/mnt/lfs/sources/mpc-build$ make
lfs:/mnt/lfs/sources/mpc-build$ make install
lfs:/mnt/lfs/sources/mpc-build$ cd ..
lfs:/mnt/lfs/sources/$ 

gccを再度ビルド

やっと、gccがビルド出来る環境が整いました。
準備
lfs:/mnt/lfs/sources/$ cd gcc-4.5.2-build
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$
configure
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ ../gcc-4.5.2/configure --target=$LFS_TGT --prefix=$LFS/tools \
--with-gmp=$LFS/tools/gmp --with-mpfr=$LFS/tools/mpfr \
--with-mpc=$LFS/tools/mpc
でconfigureが通って、
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ ls
Makefile  config.log  config.status  serdep.tmp
で無事Makefileが出来とります。
make アンド make install
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ make
lfs:/mnt/lfs/sources/gcc-4.5.2-build$ make install

と思ったら、ビルドエラー… gcc-4.6.1などの4.6系列のビルドしてみたらいけた。

とりあえず、今回はここまで(*´∀`*

改訂 新Linux/UNIX入門
改訂 新Linux/UNIX入門
クチコミを見る
プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)
プロのための Linuxシステム構築・運用技術 (Software Design plus)
クチコミを見る
日経 Linux (リナックス) 2011年 11月号 [雑誌]
日経 Linux (リナックス) 2011年 11月号 [雑誌]
クチコミを見る

ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ