うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

アップグレード

[検証済み]次世代GNOMEのGNOME 40を先取りしよう!!

はじめに

GNOME 40のスクリーンショットを



にて披露しました。今回は実際にGNOME 40をインストールする方法を紹介します。GNOME 40に関してはFedora 33からFedora 34 Rawhideにアップグレードする方法とそこからGNOME公式のソースをビルドする方法とがあります。GNOMEのソースからビルドする方が最新のものをインストール出来るのでぜひチャレンジしてみて下さい。

Rawhideが35に切り替わって、Fedora 34のリポジトリが出来ました。それを踏まえて、--releasever=34に変えてください。この記事再検証する必要があります。

Fedora nightly composeが簡単でお勧めです。各Linux ftpサイトのfedora/linux/development を当たると有ります。

注意点

Fedora 34 Rawhide及びGNOME 40をインストールするにあたって注意することとして、まだBeta版でもないので実機本番環境は非推奨です。サブ機やVirtualBoxなどの仮想化環境にて楽しんで下さい。

fedora 34 Rawhide

GNOME 40を楽しむにあたって、まずはFedora 33な環境を用意し、Fedora 34 Rawhideにアップグレードします。アップグレード方法は、Fedora 32からFedora 33などへのアップグレードと同じです。

system-upgradeインストール

system-upgradeパッケージをインストールします。

sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade

system-upgradeダウンロード

system-upgrade用ダウンロードをします。releaseverの指定に34を指定します。またRawhideと書いてる箇所はFedora 34と読み替えてください。
(2021年2月15日(月)22時頃)

sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=34

依存関係解決

パッケージ依存関係にエラーがあれば上記のコマンドに--allowerasingをつけて実行

system-upgradeリブート

system-upgradeダウンロード出来たら、以下のコマンドを打ってFedora 34 Rawhideへアップグレードを開始します。環境にもよりますが、数時間掛かると思います。

sudo dnf system-upgrade reboot

GNOME 40へようこそ

Fedora 34 Rawhideへアップグレード起動出来たら、GNOME 40が楽しめます。そのままお使い下さい。使い方がわかりにくかったりするかも?

ソースからビルド

Fedora 34 RawhideでもGNOME 40が楽しめますが、さらに最新のGNOME 40を使うならソースからビルドします。

dnf build-dep and install

mutterとgnome-shellパッケージをビルドするためのパッケージをインストールします。

sudo dnf build-dep gnome-shell mutter gtk4
sudo dnf install asciidoc

mkdir

ソースからビルドするための作業ディレクトリを作ります

cd 
mkdir ~/work
cd ~/work

mutter

mutterをビルドします。gitlabのGNOME公式からソースファイルを引っ張ってきてからビルドします。

git clone https://gitlab.gnome.org/GNOME/mutter
cd ~/work/mutter
meson _build --prefix=/usr/
sudo ninja install -C _build

gnome-shell

gnome-shellをビルドします。必ずmutterのビルドが終わってから実行して下さい。

git clone https://gitlab.gnome.org/gnome-shell
cd ~/work/gnome-shell
meson _build --prefix=/usr
sudo ninja install -C _build

再起動

ビルドとインストールが完了したら、再起動します。

最新のGNOME 40へようこそ

Fedora 34 Rawhideと少しUIが違うのが分かりますか?背景画像を変えたりすると横配置のワークスペースがわかりやすくなると思います。

gnome40-overview-workspace6

アンインストール

GNOME公式のgitlabのソースからFedora 34 Rawhideのものに戻したくなったら、以下のコマンドで戻せます。

cd ~/work/mutter
sudo ninja uninstall -C _build
cd ~/work/gnome-shell
sudo ninja uninstall -C _build
sudo dnf reinstall mutter gnome-shell

アップデート

アップデートするには、上記のアンインストール処理を施してから、

mutter

cd ~/work/mutter
sudo rm -Rf _build git pull meson _build --prefix=/usr/ sudo ninja install -C _build

gnome-shell

cd ../gnome-shell
sudo rm -Rf _build git pull meson _build --prefix=/usr/ sudo ninja install -C _build

として再起動します。

まとめ

Fedora 34 RawhideにアップグレードしてからGNOME公式の最新のソースからビルドする方法を紹介しました。GNOME 40の新UIの横方向に動くワークスペースをお楽しみ下さい。

おまけ

YoutubeにGNOME Live Codingしてる方がいますので、興味がある方は覗いてみてください。


また、ブログデザインをほんの少しだけ変えました。行間が詰まっていたので少しゆとりをもたせ、コマンド表示のマージンを少し多めに取り背景色を変えました。見やすくなっていると良いのですが。

参考リンク



GNOMEソフトウェア(GUI)を使ってFedora24から25へアップグレード

 Fedora24から25へアップグレードする方法を紹介します。コマンドラインからアップグレードする場合はdnfを使ったFedora22から23へ、23から24へ、24から25へのアップグレード。から。

Screenshot from 2016-11-23 14-50-29

GNOMEソフトウェア

 GUIアプリインストーラであるGNOMEソフトウェアを使ってアップグレードします。この機能はFedora24から導入されたのでFedora23より前のバージョンでは使えないので注意してください。

GNOMEソフトウェアの起動

 GNOMEソフトウェアを起動するには、 左上赤線で囲まれたアクティビティにマウスを移動します。

gnome-desktop-3_22_ed

 下図のようにアクティビティになったら、

gnome-activity-3_22

キーボードで【半角/全角キー】を押して日本語入力をオンにして【ソフトウェア】と打ってください。(【】はいりません)

activity-software

上図のように【ソフトウェア】が候補に出るので、クリックします。

Screenshot from 2016-11-24 14-48-58

上図のようにGNOMEソフトウェアが起動します(図はFedora24のものなので少し外観が異なります。)

Fedora25へ更新

GNOMEソフトウェアが起動したら、上部右の【更新】をクリックします。

Screenshot from 2016-11-23 14-29-43

しばらくすると、上図のように【Fedora25が利用可能】と表示されます。【インストール】をクリックします。

下図のようにダウンロード中になったらしばらく待ちます。インストールしているパッケージ量によっては時間がかかります。私は30分ほどかかりました。 Screenshot from 2016-11-23 14-50-02

しばらく待つと下図のようにFedora25のインストール準備可能と表示されるので作業しているアプリを保存終了して【インストール】をクリックしてアップグレードします。かなり時間がかかります。30分以上はかかるのでコーヒーでも飲んで待ちましょう。私の場合は1時間以上かかりました。

Screenshot from 2016-11-23 14-50-18

 自動的に再起動し真っ暗画面かFedoraのアイコンが表示されます。アップグレード完了するとログイン画面が出るはずです!!

うまく行かないときは

GNOMEソフトウェアの更新がいつまで経っても終わらないときがあります。”アプリを閉じて”その場合はコマンドで

sudo dnf clean all
sudo dnf update

としてもう一度GNOMEソフトウェアを起動して更新してください。

dnfを使ったFedora31から32へ、32から33へ、33から34へのアップグレード。

記事が古くなったので2021年3月5日(金)に修正しました。

6月27日(月)アップグレードのGUIの方法を掲載 GNOMEソフトウェア(GUI)を使ってFedora24から25へアップグレード



31から33にアップグレードするなど飛び越えてアップグレードする場合は、一つずつ上げたほうがトラブル可能性は低いと思います。

0. まずは何よりバックアップ

/home、/var、/etcをとってればだいたいOKなはず。

1. システムアップデート

使ってる現在のFedoraのパッケージをアップデート。
sudo dnf clean all
sudo dnf update

2. dnf-plugin-system-upgradeパッケージをインストール

アップグレード用パッケージdnf-plugin-system-upgradeをインストールします

sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade --best

3. リポジトリを無効化

3.1 rpmfusionリポジトリを無効化

この作業は要らいかもですが、念の為外部リポジトリrpmfusion周りを無効にしておきます。その他にも非公式のリポジトリを入れていれば--set-disabledの後にリポジトリ名を書いて無効にします。

sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-free
sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-nonfree
sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-free-updates
sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-nonfree-updates
sudo dnf remove dropbox

4. アップグレード用のダウンロードパッケージをダウンロード。

4.1 Fedora32にアップグレードする場合

sudo dnf system-upgrade download --releasever=32

4.1 Fedora33にアップグレードする場合

sudo dnf system-upgrade download --releasever=33

4.1 Fedora34(2021年3月5日段階ではまだテスト用)にアップグレードする場合

sudo dnf system-upgrade download --releasever=34

5. アップグレードを始めるおまじない

sudo dnf system-upgrade reboot

6. 終わるまで(コーヒーでも飲んで)待ちましょー。

アップグレードが終わったらアプリケーションのインストールをしましょう。

使えるアプリの紹介は、Fedoraのデスクトップアプリケーションインストールノートへ。

7. エラー解決方法

以下は作業は要らずこの記事へトラブルからお助けする用検索キーワード用

7.1 依存関係エラーメッセージ

依存関係が失敗したというエラーが出たので、以下を実行。kde-l10n-jaやkdenliveのところは環境によって変わるし、エラー出ずに終わったらここは飛ばしてOK。

sudo dnf system-upgrade download --releasever=23  --exclude=kde-l10n-ja,kdenlive

エラーが出たパッケージをexcludeで,区切って対象を除外しました。


アップグレード後。
ちゃんとFedora23になってますね!(記事修正前)

7.2 Fedora23から24へのエラーメッセージ

7.2.1 リポジトリのエラー

Fedora23から24へのアップグレードを実行すると3.1 rpmfusionリポジトリを無効化をしなかった場合--nopgpchechを付けない場合次のエラーが出ます。エラーメッセージでここにたどり着くように記述。

sudo dnf system-upgrade download --releasever=24

を実行した時に以下のエラーが出たので

Failed to synchronize cache for repo ‘rpmfusion-nonfree-updates’, disabling.
Dependencies resolved.

packages are downloaded successfully, but at the end i get this

The downloaded packages were saved in cache until the next successful transaction.
You can remove cached packages by executing ‘dnf clean packages’. 
エラー: パッケージ a52dec-0.7.4-19.fc24.x86_64.rpm は署名されていません 

また、以下のコマンドを実行してもエラーが出ます。

 sudo dnf system-upgrade reboot

を実行すると

Error: system is not ready for upgrade

をエラーが出たので3. リポジトリを無効化が必要

7.2.2 Dropboxの削除

dropboxがうんちゃらとエラーが出たのでdropboxパッケージを一旦削除

sudo dnf remove dropbox

参考サイト

Upgrading Fedora 23 Workstation to Fedora 24のコメント欄

8 インストール後の外部リポジトリ

8.1外部リポジトリの有効化

Fedoraのアップグレードが出来たら、リポジトリを無効化していたものを有効化しておきます。その他削除したパッケージがあれば追加しておきます。

sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-free
sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-nonfree
sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-free-updates
sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-nonfree-updates
sudo dnf install dropbox

8.2外部リポジトリのアップデート

外部リポジトリを有効化したらアップデートしておきます。

sudo dnf update

fedupを使ってFedora22(F22)へアップグレード。

Fedora22がリリースされました。
さらっとfedupを使ってアップグレード方法をば。

fedupでアップグレード


sudo fedup --network 22

放置しておくとrebootせよと言われるので再起動。

再起動後

アップグレード中のSS


F22

アップグレード後。 ちゃんとFedora22になってます。 Screenshot from 2015-05-29 13-15-09

nautilusファイルマネージャーが落ちる



Nautilusを起動するとすっこんすっこん落ちました。
/homeですら。

なのでrm .config/nautliusをして設定ファイルを初期化。

これで落ちなくなります。
ただし、私の環境だと落ちるディレクトリがあったりして。
リネーム(ファイル名を変更)すると直るのですが…

fedupを使ったFedora21へのアップグレード。

fedupを使ったFedora18へのアップグレード方法。
でも書いてたようにfedupを使ってFedoraをアップグレード出来るのですが少しオプションが変わったようです。

FedUp - Fedora

とりあえず、ネットワークインストールでFedoraをデスクトップ目的で使いたいという方は以下のコマンドを実行して待つだけです。

sudo fedup --network 21 --product=workstation


でOKです。
workstationのところは、server、cloud 、nonproductと目的に合わせて実行して下さい。

rpmfusionとかの公式ではないリポジトリをdisableにしておいたほうが良いとは思いますが、
F20の時はOKだったのでそのままでもいいかな?

多分時間掛かりますよー。
仕掛けて時間潰しですね。

私はアップグレードの出力をぼーっと見るのも好きだったり。
パッケージ名が覚えられるので。


それではよいFedoraライフ、クリスマス、正月をお過ごし下さいませ。
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ