うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

スマートフォン

iPhone、iPod touch、iPadなどのiOSから、DAAP越しに音楽を聴こう!

明けましておめでとうございます。
2013年一発目の投稿です。

受験生の方はもうセンター試験間近ですね。
最後の追い込みとドカドカ勉強するよりも試験にあわせて、朝方の生活習慣と風邪対策にフォーカスを合わせる時期かと。
当日風邪引いたり遅刻したら、元も子もないですから。

あ、あとツイッターはほどほどに…


さて、今回はiPhone、iPod touch、iPadなどのiOSから、Linuxで構築したDAAPサーバーに接続して、
音楽を聴く方法を紹介したいと思います。


条件としては、
無線LAN環境Wi-Fiが構築されていること。
また、恐らく外からの接続は出来ないかもです。


では、次にLinuxサーバーにDAAPサーバーを設定します。
と言っても今までに私のblogで紹介してますです。
その設定方法はこちら

設定したら、サーバー自身からDAAPサーバーが見えるか、rhythmboxなどのミュージックプレイヤーで確認、
また、他のサブPCからiTunes越しやLinuxマシンのミュージックプレイヤーからDAAP共有出来ているか確認しましょう。

で、iPhoneなどのiOS側のアプリは、simple-daap-clientをダウンロードしてください。


ダウンロード出来たら、アプリをタップ!

そしたら、図のようにサーバーが見えてると思うので、タップ!
アーティスト名やアルバムや楽曲名をタップ、タップ!

画像1

画像1


サーバー名が表示されない場合は、+をタップしてIPアドレスを指定してください。
サーバー名が表示されない場合の原因のほとんどは、/etc/mt-daap.confのなかのroot-as mt-daapをroot-as rootにして、サーバー再起動で表示されるはずです。

これで家の中で聴けますよ。
容量の少ないiPhoneを買ってしまった方には素敵な環境に!



は?
これで終わり?

ええ、終わりです。

もうちょっと、なんとかないの?

いえ、これだけです。

は?体調良くなってるから、バシバシブログ書くんじゃなかったの?


そうなんだけど、年末、正月とバタバタとお客さんが家に来て緊張したんだよ。

久々に引きこもり体質が戻ってきたんだよ。

そのわりには、SNSでは元気だよね?

うん、ああ。
ネットの中だけで元気な人っていっぱいいるよね?
あと、SNS出来るだけマシなんだよ。

本当にしんどい時なんかSNSすら出来ないんだよ。
SNSでコメントして返事が帰って来ると嬉しいんだよ。


ああ、つまり、メンション乞食ね。


まあね、そういう事ね。

というわけで、絡んでね。


ああ、つまりそう言いたかったのね。

そうです。
寂しがりやなのに外に出られないので、
しっかりかまってやってね。

というわけで、
うまくいかないとか、
質問あったら気軽にツイッターなりブログ記事のコメントにでも突っ込んでね。

それでは、バイバイ!

(後半のやり取りは、ニコニコ動画、ゆっくり実況ミンサガクローディア一人旅風の方の動画を参考にしてお届けしました。)


iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A
iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A


iPhone、iPad、iPod touchなどのiOSからVNCを使ってLinuxマシンをリモート操作しよう。

どうも。
Fedora 18が出ないので、iPod touchばかり触ってます。

ほで、ふとiPod touchからVNCやらSSHでリモート操作出来ないかなとApp Storeを探してたら、
両方ありました。

さすが。

取り敢えず、今回はVNCの記事を。

兎にも角にもLinux側でVNCサーバーの設定を。
設定方法はこちらから。


で、設定したら、iPhone、iPod touchからアプリをインストールしましょう。

私が使ってみたのは、無料版のMocha VNC lite

画像1

この画像の右のアイコンのや〜つ♪

リンクを開いて、インストールしましょう。

インストールしたら、
画像1

な画面が起動します。

configureを選択

次に、接続するVNCサーバーを設定します。

画像1


IP addressには、VNCサーバーのIPアドレスか、ドメイン名、もしくはSambaサーバーを設定していたら、
net biosネームを入力します。

たまたま、Sambaサーバーを立てていたので、
▷を選択したら、サーバー名を選ぶだけでした。

次に、Sever Portを指定しましょう。
デフォルト値が5900になってますが、
上の私のリンクの方法と一緒なら、
5901をご指定下さい。

さらに、
Passwordを入力しておきます。

以上設定出来たら、Connectしましょう!

接続出来たら、
画像1


画面が出ると思います。

さらに、Linux鯖側のアカウントのパスワードの入力を求められます。

日本語入力がONになっている場合があるので、
スワイプしてibusで英語に替え、
パスワードを入力しましょう。


ただし、無料版というかLite版
だとマウスの右クリックやキーボードのctrl,Alt,Tabキーなどがつかえません。

つまり、コマンド履歴をたどるCtrl+pやCtrl+n、ファイル名補完のTabキーが使えない…

何より、VNCではマウスの右クリックが使えないのはかなり致命傷な気が…

これらを使いたい方はこちら
Mocha VNCをお使い下さい…



それでは今回はこれまで。
Fedora 18が出るのが先か、SSH for iOSの記事が書けるのが先か(`・∀・´)

iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A
iPad (Retinaディスプレイモデル 第3世代) 64GB Wi-Fiモデル ブラック MC707J/A
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ