うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

Gnome-Shell

[検証済み]次世代GNOMEのGNOME 40を先取りしよう!!

はじめに

GNOME 40のスクリーンショットを



にて披露しました。今回は実際にGNOME 40をインストールする方法を紹介します。GNOME 40に関してはFedora 33からFedora 34 Rawhideにアップグレードする方法とそこからGNOME公式のソースをビルドする方法とがあります。GNOMEのソースからビルドする方が最新のものをインストール出来るのでぜひチャレンジしてみて下さい。

Rawhideが35に切り替わって、Fedora 34のリポジトリが出来ました。それを踏まえて、--releasever=34に変えてください。この記事再検証する必要があります。

Fedora nightly composeが簡単でお勧めです。各Linux ftpサイトのfedora/linux/development を当たると有ります。

注意点

Fedora 34 Rawhide及びGNOME 40をインストールするにあたって注意することとして、まだBeta版でもないので実機本番環境は非推奨です。サブ機やVirtualBoxなどの仮想化環境にて楽しんで下さい。

fedora 34 Rawhide

GNOME 40を楽しむにあたって、まずはFedora 33な環境を用意し、Fedora 34 Rawhideにアップグレードします。アップグレード方法は、Fedora 32からFedora 33などへのアップグレードと同じです。

system-upgradeインストール

system-upgradeパッケージをインストールします。

sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade

system-upgradeダウンロード

system-upgrade用ダウンロードをします。releaseverの指定に34を指定します。またRawhideと書いてる箇所はFedora 34と読み替えてください。
(2021年2月15日(月)22時頃)

sudo dnf system-upgrade download --refresh --releasever=34

依存関係解決

パッケージ依存関係にエラーがあれば上記のコマンドに--allowerasingをつけて実行

system-upgradeリブート

system-upgradeダウンロード出来たら、以下のコマンドを打ってFedora 34 Rawhideへアップグレードを開始します。環境にもよりますが、数時間掛かると思います。

sudo dnf system-upgrade reboot

GNOME 40へようこそ

Fedora 34 Rawhideへアップグレード起動出来たら、GNOME 40が楽しめます。そのままお使い下さい。使い方がわかりにくかったりするかも?

ソースからビルド

Fedora 34 RawhideでもGNOME 40が楽しめますが、さらに最新のGNOME 40を使うならソースからビルドします。

dnf build-dep and install

mutterとgnome-shellパッケージをビルドするためのパッケージをインストールします。

sudo dnf build-dep gnome-shell mutter gtk4
sudo dnf install asciidoc

mkdir

ソースからビルドするための作業ディレクトリを作ります

cd 
mkdir ~/work
cd ~/work

mutter

mutterをビルドします。gitlabのGNOME公式からソースファイルを引っ張ってきてからビルドします。

git clone https://gitlab.gnome.org/GNOME/mutter
cd ~/work/mutter
meson _build --prefix=/usr/
sudo ninja install -C _build

gnome-shell

gnome-shellをビルドします。必ずmutterのビルドが終わってから実行して下さい。

git clone https://gitlab.gnome.org/gnome-shell
cd ~/work/gnome-shell
meson _build --prefix=/usr
sudo ninja install -C _build

再起動

ビルドとインストールが完了したら、再起動します。

最新のGNOME 40へようこそ

Fedora 34 Rawhideと少しUIが違うのが分かりますか?背景画像を変えたりすると横配置のワークスペースがわかりやすくなると思います。

gnome40-overview-workspace6

アンインストール

GNOME公式のgitlabのソースからFedora 34 Rawhideのものに戻したくなったら、以下のコマンドで戻せます。

cd ~/work/mutter
sudo ninja uninstall -C _build
cd ~/work/gnome-shell
sudo ninja uninstall -C _build
sudo dnf reinstall mutter gnome-shell

アップデート

アップデートするには、上記のアンインストール処理を施してから、

mutter

cd ~/work/mutter
sudo rm -Rf _build git pull meson _build --prefix=/usr/ sudo ninja install -C _build

gnome-shell

cd ../gnome-shell
sudo rm -Rf _build git pull meson _build --prefix=/usr/ sudo ninja install -C _build

として再起動します。

まとめ

Fedora 34 RawhideにアップグレードしてからGNOME公式の最新のソースからビルドする方法を紹介しました。GNOME 40の新UIの横方向に動くワークスペースをお楽しみ下さい。

おまけ

YoutubeにGNOME Live Codingしてる方がいますので、興味がある方は覗いてみてください。


また、ブログデザインをほんの少しだけ変えました。行間が詰まっていたので少しゆとりをもたせ、コマンド表示のマージンを少し多めに取り背景色を変えました。見やすくなっていると良いのですが。

参考リンク



GNOME次期リリースGNOME 40をちょいとのぞき見

次期リリースGNOME 40

 Fedora 34に搭載予定のGNOME次期リリースをちょいとのぞき見としてスクショをお見せします。ガンガン開発進行中なのでFedora 34公式リリースのときには今と大分違うものになるかもしれませんが、Fedora 33 GNOME 3.38の時のUIとは大分様変わりします。スクリーンショットはちゃんと私の手元でGNOME40を準備したものを載せています。恐らく実際のスクリーンショットを掲載しての日本語の記事では初だしでは?

 そのUIですが、ワークスペースが今までは縦配置でしがた横配置になります。横配置といってもGNOME 2.xのときのタスクバーにちょろっと横に並んでいるような代物ではなくて、GNOMEのオーバービューで画面中央に横にワークスペースをスライドするようなものに変わってます。また、お気に入りや起動してるアプリのドックは左から下に配置換えしてます。以下スクショをちょろっと。

スクリーンショット

 デスクトップ画面アクティビティをクリックした時のオーバービューのスクショがこちら。

gnome40-overview

 壁紙の雪国の壁紙が横に並びワークスペースが横に並んでいます。アプリを横のワークスペースに移動させることで隣のワークスペースにスムースに移動させることが出来ます。

gnome40-overview-move-app2

 アプリグリッドでは、アプリアイコンをドラッグすることでそれぞれのワークスペースに配置出来ます。(LibreOffice Impressのアイコンが一番左のワークスペースに見えますか?)

gnome40-overview-move-app3

 アプリのウインドウを横に移動させるとワークスペースが移動出来るのは直感的で良いなと思いました。今の所、ワークスペースを増やす方法がGUIで出来なさそうでdconf-editorでしか変えられないかな?ワークスペースが並んでいる一番右にアプリを持っていくと自動で追加してくれるとかあるといいんだけど。

gnome40-overview-workspace6

 オーバービューで見えているアプリを掴んで上部のワークスペースに持っていって移動とかも出来ないなど色々改善する余地はありそうですが、ワークスペース横配置のアプリタスク切り替えの作業しやすい印象を受けました。

まとめ

GNOME 40の現在の開発状況のスクリーンショットを紹介しました。中々素敵なUIだと思っていていただければ幸いです。次の記事はこのUIを実際に試す方法を紹介しようかなと思います。

GNOME公式記事

tracker邪魔です…

iPhoneの画像をiCloudからダウンロードして取り込んで、rsyncで外付けHDDにバックアップしてるんですが、ちょくちょくログが止まります。動画が紛れてるわけでもないようなとこなのに止まります。何故かなあとtopコマンドとiotopコマンド叩いたら、tracker関係がずらずらと… ディスクI/O取られてるわけですね。とりあえずは

tracker daemon stop

topコマンドからもiotopコマンドからも消えてくれた。と思って再起動したらまたゴリゴリ動くんですよね… 画像ファイル大量に整理してると激しく動いて邪魔です😤ググれば止める方法いっぱい書かれてる方沢山いるし、自分でもブログ書いたような気もするけど、GNOMEの進化とともに止め方も難しくなるんですよね。しかもパッケージ削除しようものなら、GNOME関係まるごと削除しようとするので消すわけにもいかない。trackerはGNOMEアプリが使うデータベースで、これを有効にしてる方が良い場合が多いので、完全に止めるのはナンセンスなので、大量にデータ整理する時はtracker止めときましょうというメモでした。

コマンドCUIでGNOMEのロックを解除する方法

 コロナの感染者の増加が止まらないですね。マスク着用手洗い体調悪ければ早めに休む3密避けるなどを頑張るしかないかなと思います。

環境

 さて、私はお家LAN内iPhoneからLinuxマシンにsshで入りつつ、GNOMEのVNC画面共有してます。クライアントはiPhoneでVNC Viewerというアプリを使ってます。

実現したい事

 このGNOMEのVNC画面共有はLinux側でロックされるとVNCクライアントからは接続出来ない仕様になってるみたいで接続拒否されます。Linuxマシン側でロック解除すれVNCばクライアントから接続出来ます。

 Linux起動時にGNOMEの自動ログインを有効にしてますが、画面ロックしない設定にすればいつでもGNOME画面共有が出来ますが、セキュリティ的には危険過ぎます。そこでGNOMEロック解除出来るコマンドあれば、sshでVNC画面共有してるLinuxマシンに入れば、使えるようになるなあと思い探してたらありました。

コマンドCUI

 実際のコマンドは以下です。

loginctl unlock-session

とすればOKです。aliasしとけばらくですね。bashなら.bashrcに

alias Z='loginctl unlock-session'

とすれば、'Z'と打つだけで楽です。

少し解説

 このコマンドloginctl

rpm -qf $(which loginctl)

systemd-246.7-2.fc33.x86_64

systemdパッケージみたいです。GNOMEのコマンドじゃないみたいです。

感想

 コマンドでロック解除出来たので、自動で時間指定で画面ロックしてても快適にVNC画面共有出来てご機嫌です。ですが、こんな事しなくもX11vncなら、ロック解除画面が出てくれてVNC経由でパスワード入力画面が出るのでこちらを使うのが良いと思います。ただし、Waylandでは動かないので、1度gdmログイン画面でWaylandからXorgに変更しておく必要があります。  X11vnc設定方法は、 を参考にしてください。

参考



GNOMEリモートデスクトップ画面共有にてアプリ内をクリック出来ない

コロナ大変な事になってますね。GoToこのままで良いのか疑問です。

 さて、GNOMEリモートデスクトップ(GNOME版VNC)でまた困った事が起きました。クライアントで画面が表示されるのですがクリック出来ませんし、hoverした時にアプリのボタンやアイコンが色が変わるなどの反応もありません。GNOMEのタスクバートップバーは反応して、アプリ起動や設定ツールを起動させる事は出来ます。

 VNCクライアントソフトはiPhoneのVNC ViewerとMocha VNCを使ってるのが両方とも同じ症状です。GNOMEリモートデスクトップ側でマウスを少し操作しておけば、クライアントからでもクリック出来ます。

 対策は私の試した限りではWaylandからXorgにgdmログイン画面で変更する事ぐらいです。

 gnome-remote-desktopパッケージのチェンジログ見ると最後のアプデが9月更新で、gnome-desktop3が11月25日、gnome-control-centerが11月20日とごく最近なのでこのあたりが怪しいかなと思います。ask.fedoraには報告がありませんし、これ以上はなんとも出来ません。もしかしたらVNCクライアントがiPhoneではなく、PCのものだと動くかもしれませんがサブ機がありません。VNCをやるならGNOMEリモートデスクトップのXorgにするのも良いですが、X11vncがお勧めです。とりあえずの報告でした。

ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ