うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

yum update

Fedora で[ソフトウェア更新]をすると、特定できないトランザックションエラーが発生しました!を解決する方法。5

ファイルの更新のエラーメッセージ

コメント、blog友達で知ったのですが、 Fedora で[アプリケーション]→[その他]→[ソフトウェア更新][Check Now]すると(Fedora 15で頻発してる模様)、

特定できないトランザックションエラーが発生しました!

と言われることが多いようです。


で、このエラーがハードウェアのせいだと思われる方が多いようなんですが、
ソフトウェアでのエラーです。


で、このトランザクションエラーというのは、データを複雑に保持しているデータベースというソフトウェアがデータを処理している際にデータの内容の整合性が取れていないぞ(゚Д゚)ゴルァ!!と言っているのです。


解決方法

で、解決方法を。

[アプリケーション]→[端末]として、[端末](コマンド名、gnome-terminalを起動します。 そして、以下を実行。

yum clean all
この、yum clean allというのは、yumやら[ソフトウェアの追加/削除]で実行した際に 取り込んだデータベースを削除しちゃうということです。
(アプリケーションが消えるわけでは無いのでご安心を。)

これで、再度[ソフトウェア更新]→[Check Now]をしてみてください。
うまく、更新出来ると思います。

というか、コマンドが嫌でなければ、[端末]で
yum clean all && yum upate
したほうがGUIな[ソフトウェア更新]アプリよりリソースを食わない分速かったり(´・ω・`)


yumコマンドワカンネって方は、 yum コマンドの使い方ー日経Linuxに載ってますが、
正直下の本みたいに本を読んだほうが早いです。
Fedora 11用ですが、yumコマンドに限らず、コマンド周りはほぼ変更ありませんので。

Web情報は、見にくい…

Fedora11スタートアップバイブル
Fedora11スタートアップバイブル
クチコミを見る

Linux逆引き大全555の極意 コマンド編
Linux逆引き大全555の極意 コマンド編
クチコミを見る


Fedora 15ユーザーは要注意!!パッケージのアップデートチェックの設定、更新頻度を変える方法。

さっさと、パッケージのアップデートの設定、更新頻度を変えたい方は、こちら


ご挨拶♪

さて、学生の皆さんはそろそろ夏休みですね。  


夏休みに入ったら、時間もあるしLinuxをインストールしてみたい。
もしくは、Fedora 14を使っていたけど、Fedora 15がリリースされて1ヶ月過ぎたし、
Fedora 15に移行したいという頃ではないでしょうか?
Ubuntuユーザーだった方は、

GNOMEプロジェクトとは別のUnityになってしまったし、 話題のGnome3(Gnome-Shell)搭載のFedora 15を試してみたいという方も多いのでは無いでしょうか。


そこで、まずはFedora 15のインストールと、その後のデスクトップ目的で使うためのアプリケーションのインストール方法を紹介します。

最後に、Fedora 15からパッケージのアップデートのデフォルトの更新頻度が低めに設定されているので、

更新頻度を上げる方法を紹介します。


インストール

Fedora 15のインストール方法は、[日経Linuxより早いFedora 15のインストール]をよ〜く読んで頂ければ、インストール出来るかと思います。

もし、うまくいかない場合は、リンク先の方へコメントしていただくなり、私のTwitterにご質問頂ければ、出来る範囲でお助けいたします^^;。

アプリケーションのインストール

Fedora 15をインストールした後に、色々なアプリケーションを試したいという方は、Fedora 15(Lovelock) インストールノートを参考にして、アプリケーションを入れまくって遊んでみたいでください。

パッケージのアップデートの頻度を変える

さて、ようやく本題。
Fedora 15から、パッケージのアップデートの設定、更新頻度に関して変更が宣言されています。
Release Notesにあったと思ったけど、Gnome3側の変更って書いてあったんだったかな?
で、どう変わったかというとFedora 14以前は、アップデートがあればそのたびにダイアログなり、タスクバーでお知らせしてくれたわけですが、Fedora 15からは、セキュリティに関するアップデート出ない限り、デフォルトではアップデートされません。
しかも、カーネルのアップデートがあっても、アップデートを促されないこともあったりします。

ですので、セキュリティの更新以外のアップデートでも変更されるようにしておきましょう。
もちろん、セキュリティに関するアップデートは、設定を変更しなくてもお知らせしてくれるので、 そのままでもいいですけども、どうせなら新しいバージョン、ちょっとしたバグフィクスされたものを試したいですよね♪

パッケージアップデートの更新頻度の変更方法

(Gnome-Shell上で、アクティビティをクリックしてOverviewモードに変更して)、 [アプリケーション]→[その他]→[ソフトウェア更新]をクリック。

update
[ソフトウェアの更新]ダイアログが出たら、[自動インストール]項目の[セキュリティアップデートのみ]を[すべてのアップデート]に変更します。
update-defalt

変更後。
update-all
[アップデートの確認]項目も、[1時間毎]、[一日]、[毎週]、[行わない]が選べます。
まあ、[一日]か、[倉木麻衣週]ぐらいが妥当でしょう。

GUIでパッケージアップデートの更新をチェック

どうせなので、すぐにパッケージのアップデートを更新チェックをしておきましょう。 [Check Now]をクリックして、後はダイアログの質問に答えていけば良いだけです。

update-checknow

CUIというかコマンドでパッケージアップデートの更新をチェック

もちろん、このアップデートチェックはWindowsのアップデートチェックはGUIでできているぶん使用されるメモリ、負荷が増えます。
ですので、比較的低スペックなPCでFedora 15を動作せている方、もしくはスペックはあまり低くないけど、アップデートを早く終われせたいという方、コマンドが億劫でない方は、 [行わない]という設定にしておいて、

su -c "yum update"
もしくは、sudoが使える場合は、
sudo yum update
とコマンドで自分が気づいた時に更新する事も可能です。
cronに仕込めば、自動アップデート出来るけど、変更点があった時に気付けない可能性があるのでお勧めしません。
(/var/log/yum.logを見れば良いのですけども。)

で、おそらく、今まで手動でアップデートしてない方は、数百個ぐらい更新が来ると思います。
なんでこんな設定に…


はて?この設定したけど、アップデートチェックしたら、アップデートがあたりする。
うまく働いてないんかな?
気が向いた時にチェックしてみたほうが良いかも。

Fedora11スタートアップバイブル
Fedora11スタートアップバイブル
クチコミを見る

気合いが入りまくっている!?Fedora 13のアップデート

今日、yum updateしたら787個もありました。

http://fedora.forums-free.com/topic-t319s10.html">みんなで作ろう!! Fedora 13 のインストールノート-独学Linux
アップデートのログは烏賊のとおり。

Fedora-13-Desktop
続きを読む

Error: Missing Dependency: libupnp.so.2 is needed by package vlc を解決してyum update

freshrpmsのリポジトリでvlcをインストールしている状態で、

yum update


とすると、

Error: Missing Dependency: libupnp.so.2 is needed by package vlc

と言われました。

解決策は簡単。
rpmfindのサイト
からlibupnp-1.4.6-1.fc7.i386.rpmをダウンロードします。
そして、
ダウンロードしたら、
ダウンロード先に移動して、

$ rpm -ivh --force libupnp-1.4.6-1.fc7.i386.rpm


Fedora 7のlibupnpのバージョンが変わっているため、
libupnp.so.2ではなくlibupnp.so.3になっているので、
古いバージョンのlibupnpをインストールしました。

yum updateがError: Missing Dependency: xine-lib = 1.1.5 is needed by package xine-lib-moles3

問題点:アップデートエラー(Error: Missing Dependency:)


yumでyum updateしていたら、


# yum --enablerepo=freshrpms update
xine-lib-devel-1.1.6-2.fc 100% |=========================| 10 kB 00:00
---> Package xine-lib-devel.i386 0:1.1.6-2.fc6 set to be updated
---> Downloading header for xine-lib to pack into transaction set.
xine-lib-1.1.6-2.fc6.i386 100% |=========================| 27 kB 00:00
---> Package xine-lib.i386 0:1.1.6-2.fc6 set to be updated
---> Downloading header for xine-lib-extras to pack into transaction set.
xine-lib-extras-1.1.6-2.f 100% |=========================| 7.9 kB 00:00
---> Package xine-lib-extras.i386 0:1.1.6-2.fc6 set to be updated
--> Running transaction check
--> Processing Dependency: xine-lib = 1.1.5 for package: xine-lib-moles
--> Finished Dependency Resolution
Error: Missing Dependency: xine-lib = 1.1.5 is needed by package xine-lib-moles

と言われてしばらくアップデートできなかった。

しかし、解決できたので、次に示す。
続きを読む
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ