うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

コマンドの勉強

rsyslogがCPUリソースを食いまくる問題を解決する方法。



Fedora20にしてから妙にHDDがガリガリ言うし、
PCケースのファンがブンブンブンブン回るなあと思っててしかも随分重たいなあと思ってました。
夏で暑いからかなあとか思ってたり。


こういう時は、topコマンドよねってことで叩いたら
rsyslogデーモンがCPUリソース100%になってました。

で、しばらく解決方法がわからずとりあえずrsyslogデーモン止めちゃえってことで
 
sudo systemctl stop rsyslog
sudo systemctl disable rsyslog


にしておきました。

デスクトップ目的だからrsyslogデーモンぐらいなくてもいいやと思ってたんですが
止めてたら悔しいなあと思って検索してみました。


そしたら、今日になって何故か改善方法にたどり着いた。
参考サイト: Bug 1047039 - rsyslog consumes 100% CPU

Fedoraのbugzillaですね。


この報告によると
(一旦sudo systemctl stop rsyslog でrsyslogを止めて
/var/lib/rsyslog/imjournal.stateを削除
デーモンを起動しなおしてみろって書いてあります。


sudo rm -Rv /var/lib/rsyslog/imjournal.state
sudo systemctl restart rsyslog


ほで、この参考サイトでもありますがこれではリソース食いはなおりましぇん。

これでダメなら/var/log/journal/*を削除(バックアップ)してrsyslogデーモンを再起動してみろと書いてあります。
(削除する前にrsyslogを止めてたほうがいい!?

コマンドで書くと

sudo systemctl stop rsyslog
sudo rm -Rv /var/log/journal/*
sudo systemctl start rsyslog


ですね。
それでtopコマンドで見てみると
rsyslogのリソースが減るどころか見えなくなりました。
(なにも起動してなければ一番食ってるのはgnome-shellかtracker

ちゃんと直りました^^;
最後にrsyslogがシステム起動時にサービスを起動してくれるように

sudo systemctl enable rsyslog

とおまじないをかけておけばオッケーです。

念の為システム再起動した後は、

sudo systemctl status rsyslog

と打って


rsyslog.service - System Logging Service
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/rsyslog.service; enabled)
Active: active (running) since 水 2014-08-27 13:37:28 JST; 29min ago
Main PID: 627 (rsyslogd)
CGroup: /system.slice/rsyslog.service
└─627 /sbin/rsyslogd -n

とrunningになっていることを確認しておきましょう。


rsyslog.service - System Logging Service
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/rsyslog.service; enabled)
Active: inactive (dead) since 水 2014-08-27 14:08:07 JST; 2s ago
Process: 627 ExecStart=/sbin/rsyslogd -n $SYSLOGD_OPTIONS (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 627 (code=exited, status=0/SUCCESS)

8月 27 14:08:07 localhost.localdomain systemd[1]: Stopping System Logging S...
8月 27 14:08:07 localhost.localdomain systemd[1]: Stopped System Logging Se...
Hint: Some lines were ellipsized, use -l to show in full.


とinactive(dead)となっているなら、
startとenableしておきましょう。
(コマンドは上にかいてあります。


ようやくリソースというかパソコンがファンブンブンが止まりました。
ちょうど今日は雨が降って気温が少し下がってるってこともあるかもだけど
こんなにパソコンって静かなのね(笑)
ところで私はrsyslogどころかsyslogがなにしてるか分かりませんから質問しないでね^^;

Fedora 18 (Spherical Cow) Betaベータ リリース!!

Fedora Project - 次の Fedora を入手する
これはプレリリースソフトウェアであり、QA team によってサポートされています。test@lists.fedoraproject.org またはfreenodeにある #fedora-qa へと直接質問してください。すべての問題とバグは Red Hat Bugzilla 経由で報告されるべきです。Fedora Project は、その適合性や有用性について保証しません。変更と新機能に関する詳細はリリースノートを読んでください。 一般的に遭遇するバグとそれらの回避方法については Common Bugs ページを読んでください。
circle

北海道で雪の影響による停電するなど、本格的に冬がやって来ましたね(*´∀`*)

さて、ようやくFedora 18 Betaがリリースされました。TC(Test Compose:テスト構成)がTC9まで出され、RC1を経てのBetaリリースとなりました。リリースが遅れた一番の原因は、おそらくインストーラの抜本的な改良でしょう。まだ、Fedora18の正式版のリリースというわけではありませんので、腕に自信の無い方は、仮想化ゲスト上で試すか、正式版のリリースを待ちましょう。人柱大歓迎という方は、インストール&テストしてみて、バグレポートを!!
see:
Common Bugs
report to:
Red Hat Bugzilla

スクリーンショットはまた後日♪

変更点

主な変更点としては、Gnomeが3.6へとアップグレードされることです。ほかにも、KDE、XFCE、Sugerdesktopが最新のものに更新されています。
そして、待望のMateデスクトップがFedoraで初めて採用されます(ただし、私が確認したところまだMate版のLiveメディアは見当たらない。)。
MateはGnome2系列のフォーク(派生)なので、Gnome-Shellが使いにくいという方には朗報だと思います。

次に、先ほども触れましたが、インストーラのUIが使いやすく(!?)変更されています。 しつこいようですがまだまだ、テスト版ですからインストールには慎重に…

その他の変更点は、情報元のAnnouncing the release of Fedora 18 Beta!!!をご参考に。もちろん、英語です。

それでは、皆さん風邪が流行っているようなので気をつけて!!
受験生は特に…

BETA
BETA

ffmpeg+lameでmp3に変換 on Fedora rpmfusion

Fedoraのrpmfusionのffmpegでwavからmp3へ変換するのにハマったのでメモ。
ビルドしろって言われそうですが、何とかなったのでご紹介。
ID3tagが失われます。

インストール

Fedora 12 13 14 15 16でmp3やwmvやAACやFLACやm4aなどのコーデックをインストールする!!を見て、rpmfusionリポジトリをインストール。

yum install ffmpeg lame

wav→mp3

とりあえず、mp3に変換します。音質は64 kb/sになっちゃいます。

ffmepg -i hoge.wav hoge.mp3
ffmpeg version 0.8.9, Copyright (c) 2000-2011 the FFmpeg developers
  built on Feb  1 2012 18:29:27 with gcc 4.6.2 20111027 (Red Hat 4.6.2-1)
  configuration: --prefix=/usr --bindir=/usr/bin --datadir=/usr/share/ffmpeg --incdir=/usr/include/ffmpeg --libdir=/usr/lib64 --mandir=/usr/share/man --arch=x86_64 --extra-cflags='-O2 -g -pipe -Wall -Wp,-D_FORTIFY_SOURCE=2 -fexceptions -fstack-protector --param=ssp-buffer-size=4 -m64 -mtune=generic' --enable-bzlib --enable-libcelt --enable-libdc1394 --enable-libdirac --enable-libfreetype --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libopenjpeg --enable-librtmp --enable-libschroedinger --enable-libspeex --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libx264 --enable-libxvid --enable-x11grab --enable-avfilter --enable-postproc --enable-pthreads --disable-static --enable-shared --enable-gpl --disable-debug --disable-stripping --shlibdir=/usr/lib64 --enable-runtime-cpudetect
  libavutil    51.  9. 1 / 51.  9. 1
  libavcodec   53.  8. 0 / 53.  8. 0
  libavformat  53.  5. 0 / 53.  5. 0
  libavdevice  53.  1. 1 / 53.  1. 1
  libavfilter   2. 23. 0 /  2. 23. 0
  libswscale    2.  0. 0 /  2.  0. 0
  libpostproc  51.  2. 0 / 51.  2. 0
Input #0, mov,mp4,m4a,3gp,3g2,mj2, from '1.mp4':
  Metadata:
    major_brand     : mp42
    minor_version   : 0
    compatible_brands: isomavc1mp42
    creation_time   : 2010-01-08 05:37:52
  Duration: 00:04:27.40, start: 0.000000, bitrate: 372 kb/s
    Stream #0.0(und): Audio: aac, 44100 Hz, stereo, s16, 128 kb/s
    Metadata:
      creation_time   : 2010-01-08 05:37:52
    Stream #0.1(und): Video: h264 (Constrained Baseline), yuv420p, 320x240 [PAR 1:1 DAR 4:3], 241 kb/s, 25 fps, 25 tbr, 25k tbn, 50 tbc
    Metadata:
      creation_time   : 2010-01-08 05:37:52
Output #0, mp3, to 'hoge.mp3':
  Metadata:
    major_brand     : mp42
    minor_version   : 0
    compatible_brands: isomavc1mp42
    TDEN            : 2010-01-08 05:37:52
    TSSE            : Lavf53.5.0
    Stream #0.0(und): Audio: libmp3lame, 44100 Hz, stereo, s16, 64 kb/s
    Metadata:
      creation_time   : 2010-01-08 05:37:52
Stream mapping:
  Stream #0.0 -> #0.0
Press [q] to stop, [?] for help
size=    2089kB time=00:04:27.41 bitrate=  64.0kbits/s    
video:0kB audio:2089kB global headers:0kB muxing overhead 0.014771%

mp3の音質を上げる

lameでmp3の音質を上げます。

mp3は非可逆圧縮なので音質はあがりません
lame -b 320 -q 0 moto.mp3 outoput.mp3
ID3v2 found. Be aware that the ID3 tag is currently lost when transcoding.
LAME 3.98.4 64bits (http://www.mp3dev.org/)
Using polyphase lowpass filter, transition band: 20094 Hz - 20627 Hz
Encoding hoge1.mp3 to hoge2.mp3
Encoding as 44.1 kHz j-stereo MPEG-1 Layer III (4.4x) 320 kbps qval=0
    Frame          |  CPU time/estim | REAL time/estim | play/CPU |    ETA 
 10238/10239 (100%)|    0:14/    0:14|    0:14/    0:14|   18.559x|    0:00 
-------------------------------------------------------------------------------
   kbps        LR    MS  %     long switch short %
  320.0       50.9  49.1        99.6   0.2   0.2
Writing LAME Tag...done
ReplayGain: -9.1dB
ls -lh hoge1.mp3 hoge2.mp3

-rw-rw-r--. 1 kenken kenken 2.1M  3月 14 19:36 hoge1.mp3
-rw-rw-r--. 1 kenken kenken  11M  3月 14 19:37 hoge2.mp3

まとめ

いかかでしょうか?rpmfusionのffmpegでも高音質なmp3ファイルに変換できます。 ただ、こんな七面倒臭い事をしなくてもsoundconverterを使えば音楽ファイルの変換だけなら用が済みますが^^;

ちなみに

ffmpeg -acodec libmp3lame -i hoge.wav hoge.mp3

とすると、

Unknown decoder 'libmp3lame'

といわれます。上にもありますが。--enable-libmp3lameオプションもONだし、lame-libsもインストールされてるのに。というわけでよくわからないですけど、ビルドせずに変換するならこんな方法がいいかと。

Linuxコマンドの鬼門、ddコマンドを色々試してみた!!

ブログネタ
Linux Tips に参加中!

ブロックサイズ指定なし

$ dd if=/dev/zero of=tempfile count=1
1+0 records in
1+0 records out
512 bytes (512 B) copied, 8.5871e-05 s, 6.0 MB/s
$ ls -l tempfile 
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 512 2010-02-09 17:43 tempfile
$ du -b tempfile 
512	tempfile
$ rm tempfile 

ブロックサイズ512バイトになる。manにもそう書いてある。

サイズ1MiB

1024 * KB = 1MiB、KB = 1024、1MiB = 1048576 バイト

ブロックサイズ1M

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=1
1+0 records in
1+0 records out
1048576 bytes (1.0 MB) copied, 0.0101611 s, 103 MB/s
$ ls -l tempfile 
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 1.0M 2010-02-09 17:46 tempfile
$ du -b tempfile 
1048576	tempfile
$ rm tempfile 

ブロックサイズ1024k

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1024k count=1
1+0 records in
1+0 records out
1048576 bytes (1.0 MB) copied, 0.0280721 s, 37.4 MB/s
$ du -b tempfile 
1048576	tempfile
$ ls -l tempfile 
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 1048576 2010-02-09 17:47 tempfile
$ rm tempfile 

サイズ1MB

ブロックサイズ1000k、カウント1

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1000k count=1
1+0 records in
1+0 records out
1024000 bytes (1.0 MB) copied, 0.00693231 s, 148 MB/s

ブロックサイズ100k、カウント10

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=100k count=10
10+0 records in
10+0 records out
1024000 bytes (1.0 MB) copied, 0.00615993 s, 166 MB/s

ブロックサイズ10k、カウント100

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=10k count=100
100+0 records in
100+0 records out
1024000 bytes (1.0 MB) copied, 0.00561817 s, 182 MB/s

ブロックサイズ1k、カウント1000

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1k count=1000
1000+0 records in
1000+0 records out
1024000 bytes (1.0 MB) copied, 0.00913101 s, 112 MB/s

サイズ10MB

ブロックサイズ10000k、カウント1

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=10000k count=1
1+0 records in
1+0 records out
10240000 bytes (10 MB) copied, 0.0980506 s, 104 MB/s

ブロックサイズ1000k、カウント10

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1000k count=10
10+0 records in
10+0 records out
10240000 bytes (10 MB) copied, 0.121644 s, 84.2 MB/s

ブロックサイズ100k、カウント100

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=100k count=100
100+0 records in
100+0 records out
10240000 bytes (10 MB) copied, 0.349259 s, 29.3 MB/s

サイズ100MB

ブロックサイズ100000k、カウント1

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=100000k count=1
1+0 records in
1+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 2.423 s, 42.3 MB/s

ブロックサイズ10000k、カウント10

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=10000k count=10
10+0 records in
10+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 1.84167 s, 55.6 MB/s

ブロックサイズ1000k、カウント100

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1000k count=100
100+0 records in
100+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 1.88423 s, 54.3 MB/s

ブロックサイズ100k、カウント1000

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=100k count=1000
1000+0 records in
1000+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 2.42257 s, 42.3 MB/s

ブロックサイズ10k、カウント10000

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=10k count=10000
10000+0 records in
10000+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 2.18087 s, 47.0 MB/s

ブロックサイズ1k、カウント100000

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1k count=100000
100000+0 records in
100000+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 1.67401 s, 61.2 MB/s

ブロックサイズ512、カウント200000

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=512 count=200000
200000+0 records in
200000+0 records out
102400000 bytes (102 MB) copied, 1.45254 s, 70.5 MB/s

サイズ1G

空ファイル

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=1 seek=999
1+0 records in
1+0 records out
1048576 bytes (1.0 MB) copied, 0.0223442 s, 46.9 MB/s
$ ls -lh tempfile 
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 1000M 2010-02-09 17:47 tempfile
$ du -h tempfile 
1.0M	tempfile
$ rm tempfile 

ブロックサイズ1M、カウント1000

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1M count=1000
1000+0 records in
1000+0 records out
1048576000 bytes (1.0 GB) copied, 53.7109 s, 19.5 MB/s
$ du tempfile 
1001M	tempfile
$ rm tempfile 

ブロックサイズ10M、カウント100

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=10M count=100
100+0 records in
100+0 records out
1048576000 bytes (1.0 GB) copied, 57.4014 s, 18.3 MB/s
$ du tempfile 
1001M	tempfile
$ ls -l tempfile 
-rw-rw-r-- 1 kenken kenken 1000M 2010-02-09 17:53 tempfile

ブロックサイズ100M、カウント10

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=100M count=10
10+0 records in
10+0 records out
1048576000 bytes (1.0 GB) copied, 59.8352 s, 17.5 MB/s

ブロックサイズ1000M、カウント1

$ dd if=/dev/zero of=tempfile bs=1000M count=1
1+0 records in
1+0 records out
1048576000 bytes (1.0 GB) copied, 1413.82 s, 742 kB/s

Fedora 16リリースまであと一ヶ月。バックアップをして正式リリースを待とう!!

ブログネタ
Linuxに関する運用 に参加中!

現在のFedoraの最新versionは15です。
来月、11月頭にはFedora 16 (Verne)がリリースされるでしょう。
新しいFedoraをインストールをする前に大事なバックアップ方法を紹介しておきます。
もちろん、普段からもバックアップをしておくことは非常に大事です。
と言っておきながらついこの前、 データをすっ飛ばしてしまいましたが。(自分の不注意で。)

バックアップ方法

まず、十分な空き容量のある(ご自分のデータ量による) 外付けのHDDもしくはUSBのメモリスティックなどの 外部メディアを用意し、USB端子に挿入します。 このとき、外付けのHDDやUSBメモリスティックの マウント先を/media/usbとします。 (状況によって異なるので注意して下さい。)

ログアウトします。

そして、 [Ctrl]+[Alt]+[F2]でコンソール画面(真っ黒な画面)に切り替えます。 ユーザー名、パスワードを入力(入力時何も表示されませんので注意!!)

su
(rootのパスワード入力)
cd /
tar cvzf home.tar.gz /home
tar cvzf etc.tar.gz /etc
tar cvzf var.tar.gz /var
rpm -qa --qf %{NAME}"\n"|sort > rpm.list
cp home.tar.gz etc.tar.gz var.tar.gz rpm.list /media/usb

Fedoraのバージョンが13,14以前のバージョンを使用しているなら、 ISOイメージをCDもしくはDVDに焼いて、 アップデートなしにインストールするクリーンインストールの方が互換性や新しいアプリの確認がしやすいという点でお勧めです。

そうすれば、最新のバージョンのFedoraのISOイメージをダウンロードして、 インストールしましょう。 バージョン15であれば、 riken iij dti などからダウンロードしてください。

ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ