うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

インストール

fedupを使ったFedora18へのアップグレード方法。

準備

アップグレードする前に、ちょっと準備しましょう。
準備することは、

  • バックアップ
  • パッケージのアップデート。(アップグレードじゃなくて。)

の2つ。特にバックアップ大事。 バックアップ方法はまた追って書きますが、とりあえずは、/homeと/etcと/varと自分で作成したディレクトリをバックアップしておけば良いと思います。

バックアップ方法

執筆者メモ:あとで書いてリンク貼る。

パッケージのアップデート

Fedora18へのアップグレードをする前に、Fedora17のパッケージを全部アップデートしておきます。 アップグレード時に、rpmやyumやperlやpythonなどなどアップグレード時に使っていると思われるので。

sudo yum clean all
sudo yum update

fedupのインストール

Fedoraのアップグレードツール、fedupをインストールします。

yum install fedup

fedupの実行

fedupコマンドを使ってアップグレードをします。
fedupコマンドを使ったFedora18へのアップグレード方法は、

  • ネットワークインストール
  • ISOイメージ
  • DVDやUSBメモリや外付けHDD

の3つの方法がありますが、おそらくインターネットに繋げていない方はいないでしょうから、 ここではネットワークインストールを紹介します。

ネットワークインストール

fedupコマンドをインターネット越しにインターネットするには、以下のコマンドを打つだけです。 よくわからないかたは、コピペで実行しましょう。 (自分のアカウントのパスワードを問われます。)

sudo yum clean all
sudo fedup-cli --network 18 --debuglog ~/fedupdebug.log

下の図のようにずらずらとリポジトリのデータベースを取得し、パッケージがダウンロードされます。
しばらくかかるので、コーヒーでも飲んでのんびりしましょう。
私は、ずらずらとパッケージ名が並ぶのを眺めるのが好きだったりしますが(^^ゞ


fedup01

fedup02

再起動

しばらく放っておいて、下の図のように

Finished. Reboot to start upgarade.

と表示されたら、再起動しましょう。

アップグレード中…

再起動したら、下図のような画面が表示されます。これまた、しばらく放っておきます。
私の環境で大体3時間ぐらい掛かりました。
(参考リンクでは[ESC]キーを押すと進捗状況が見れるよと書いてありましたが、一晩放っておいてもアップグレードが終わっていませんでした。触らずに待っていましょう。)

アップグレード後

放っておくと下図のようにログイン画面が出ます。

07

マウスで上にドラッグして、

22

な画面になったらログインしてFedora 18を楽しみましょう!!

ちょっと、修正

さらっと触った限りでは、

  1. 壁紙がF17のまま
  2. empathy(右上のシステム設定→オンラインアカウント)の認証が切れてる。
  3. 日本語入力時に一々、[ja]をクリックして[日本語(Mozc)]に切り替えてそれから[半角/全角]キーを押す。

という現象がありましたが、それぞれ、

  1. [システム設定]→[背景]で壁紙を選択し直し。(ログインし直すと壁紙がグチャグチャの時があるので、その場合はまた選択。)
  2. 一度アカウントの設定を削除。アカウント名、パスワードを入力しなおし。
  3. [システム設定]→[地域と言語]→[入力ソース]→[日本語]を選択して[ー]をクリックして[日本語]を削除。

    f18-ibus01_ed

という方法で解決出来ます。

感想

私のところでは全くもって安定して動いています。デスクトップ用途ですけども。
色々なバグフィックスをしたのか寒いからなのかわからないけど、 PCが静か。

/.の記事で書かれていたバグだらけで使えないというのが分からない…
ただし、Gnome-Shellの上のステータスバーがアイコンではなくオレンジの■なものに置き換わってることがある。再起動すれば直るけど。


いい加減、この本ホスィ。

Fedora18 Spherical Cow へアップグレード成功!!

とりあえず、Fedora18へアップグレード成功しました。
私はいつもクリーンインストールにしてましたが、アプリケーションを入れなおしたり設定しなおしたりが面倒くさくなったのでアップグレードしてみました。

とりあえず、スクリーンショットを。

fedora18_ss

詳しいアップグレード手順はまた追って記事にしますが、
基本的には

sudo yum clean all
sudo yum update
sudo yum install fedup
sudo fedup-cli --network 18 --debuglog ~/fedupdebug.log

して再起動。 気長に待つ。 で、完了しますです。

ちょっと弄った感じだと、日本語入力をするためには画面右上のステータスバーのjaのところをクリックして、日本語(Mozc)を選択してから[半角/全角]キーを押さないといけないのが面倒…

あと、カーネルを含む幾つかのパッケージがF17のままだったりします。F18の方がバージョンが低いのでそのうちアップデートが来たら切り替わるんでしょうけど。

そして、rpmfusionのパッケージ名が変わったのかgstreamerのパッケージのインストールを促されました。これは、アップグレード組の方は、インストール-> 自分のパスワードを入力して実行で完了します。

以上、簡単ですがアップグレード成功報告とします。

買う予定…

日経 Linux (リナックス) 2013年 02月号 [雑誌]
日経 Linux (リナックス) 2013年 02月号 [雑誌]

選択されたパーティションはGPTのパーティションの形式ではありません。が出てWindows 8がインストール出来ない!!

HDD全体をFedoraのパーティションにしてました。

で、Fedora 18が出たので、
Fedoraのパーティションをgpartedで縮めて、Windows8RPをインストールしようと思ったけど、インストールにこける。

インストーラに
HDDドライブのパーティション形式がGPTじゃないからインストール出来ないといわれた。

以下の写真がエラーの様子。

画像1


調べたら、GPTにするにはどうもHDDのパーティションを全て区切り直ししないとダメみたい。(.たぶん。

GPTって、MBRの後継だから当然といえば当然。

とにかく、Windowsをインストールして、Fedoraインストールしてアプリケーションや設定などを一からしないといけないので、

インストール作業は
ちょっと落ち着いてから。

残念…

それにしても、Fedora 17の標準インストールでGPTかMBRか選ぶようにしといて欲しい。

(マザボかEFI、HDDがGPT対応している必要もあり。HDDが2TB以上のものなら対応してるはず。

Microsoft Windows 8 Pro (DSP版)  64bit 日本語
Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語

Fedoraのアップグレード方法。F16,F17,F18対応版

以下、実際に試していない状態で手順を書きます。
失敗しても責任はもちませんので、ご注意を。

アップグレードする際、アップグレードに失敗する可能性もあるので、バックアップと Fedora 18のインストールディスクもしくは、USBメモリを用意しておきましょう。

DVDイメージであれば、アップグレードも出来ます。

また、Windowsや他のOSとのデュアルブート、マルチブートしていれば、これらのデータもバックアップを。 (USBメモリは、バックアップするメモリとは別で用意すること。

続きを読む

Fedora18(Spherical Cow)リリース!!

Announcing the release of Fedora 18.
The Fedora Project is incredibly delighted to announce the release of Fedora 18 ("Spherical Cow"). Heck, we'd even say that getting this release to you has been a mooving experience.

ついに、Fedora18(Spherical Cow)がリリースされました!! 当初のリリース予定日の2012年11月06日よりおよそ3ヶ月経ちました。

遅れすぎ…

fedora18_ss
ですが、遅れた分盛り上がっているようで某SNSサイトでは、 (英語で)shakeしてる!!っていう書き込みがあって笑いました(^^)



ダウンロードは、Get Fedoraから。

ダウンロードすると分かると思いますが、CDには収まらない容量となっています。 USBメモリをお持ちならusb creator を使ってUSBメモリからインストール、DVD書き込み対応のドライブ搭載ならDVD版を使います。

また、CDを使ってインストールする方法としては、ネットワークインストールという方法があります。 もちろん、ネットワーク環境が必要です。 ネットワークカードが対応していないという事はあまりないと思いますが、 動作しなければインストール出来ません。 (無線LANだと認識しない可能性があるので、出来れば有線LANで。もちろん、ドライバインストールすれば認識させることもできますが、有線LANの方が手っ取り早い…)

ネットワークインストール用CDイメージは、
32 bitなら、Fedora 18 ネットワークインストールイメージを、
64 bitなら、Fedora 18 64 bit ネットワークインストールイメージ をお使いください。

新機能

執筆者メモ:あとで追加する

一番の新機能は、インストーラーのUIがリデザインされたことです。 Fedora17までのものと全く異なっているので、インストールは慎重に。 特に、デュアルブートしてる方はよーく確認してインストールしましょう。 ストレージの項目は要注意です。

それでは、新しいFedora18 ライフをEnjoyしてください!!

プロのための Linuxシステム・10年効く技術 (Software Design plus)
プロのための Linuxシステム・10年効く技術 (Software Design plus)

ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ