うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

インストール

FedoraでもSnapを使おう

snapインストール

FedoraでSnapパッケージが使えるようなので、FedoraでSnapをインストール有効化してみましょう。

snapstore

Snapインストール

Snapdパッケージをインストールします。

sudo dnf install snapd

クラシックなSnapサポート

クラシックなSnapを有効にするために、シンボリックリンクを貼っておきます。

sudo ln -s /var/lib/snapd/snap /snap

Snapストア

続いて、GUIでインストール出来るSnap Storeをインストールします。

sudo snap install snap-store

snapアプリ例

せっかくFedoraでsnapを使えるようにしたので、snapでインストール出来るアプリを2例ほど。GNOMEソフトウェアと似ているUIでSnap Storeが使えます。

Chromium

snapでインストールする定番のブラウザChromiumです。ちゃんと起動してsnapでは不具合が起こりがちな日本語入力も大丈夫。

Permission

Snap StoreでPermission設定があるのでカスタマイズしておくこと。

snap-chromium-ed

PowerShell

Microsoft製のPowerShellもWineなしで使えます。WineでPowerShell使えるかは知りません汗

snap-powershell-ed

まとめ

FedoraでSnapアプリを使う方法を書きました。コマンドでアプリを呼び出すとcgroup2ほにゃららと出てるものもありすべての機能が使えるとは限らないものもあると思いますが、Ubuntuの資産が使えるのは大きいと思います。しっかり遊んで行きましょう。

参照元: Installing snap on Fedora - snapcraft

GNOMEソフトウェア(GUI)を使ってFedora24から25へアップグレード

 Fedora24から25へアップグレードする方法を紹介します。コマンドラインからアップグレードする場合はdnfを使ったFedora22から23へ、23から24へ、24から25へのアップグレード。から。

Screenshot from 2016-11-23 14-50-29

GNOMEソフトウェア

 GUIアプリインストーラであるGNOMEソフトウェアを使ってアップグレードします。この機能はFedora24から導入されたのでFedora23より前のバージョンでは使えないので注意してください。

GNOMEソフトウェアの起動

 GNOMEソフトウェアを起動するには、 左上赤線で囲まれたアクティビティにマウスを移動します。

gnome-desktop-3_22_ed

 下図のようにアクティビティになったら、

gnome-activity-3_22

キーボードで【半角/全角キー】を押して日本語入力をオンにして【ソフトウェア】と打ってください。(【】はいりません)

activity-software

上図のように【ソフトウェア】が候補に出るので、クリックします。

Screenshot from 2016-11-24 14-48-58

上図のようにGNOMEソフトウェアが起動します(図はFedora24のものなので少し外観が異なります。)

Fedora25へ更新

GNOMEソフトウェアが起動したら、上部右の【更新】をクリックします。

Screenshot from 2016-11-23 14-29-43

しばらくすると、上図のように【Fedora25が利用可能】と表示されます。【インストール】をクリックします。

下図のようにダウンロード中になったらしばらく待ちます。インストールしているパッケージ量によっては時間がかかります。私は30分ほどかかりました。 Screenshot from 2016-11-23 14-50-02

しばらく待つと下図のようにFedora25のインストール準備可能と表示されるので作業しているアプリを保存終了して【インストール】をクリックしてアップグレードします。かなり時間がかかります。30分以上はかかるのでコーヒーでも飲んで待ちましょう。私の場合は1時間以上かかりました。

Screenshot from 2016-11-23 14-50-18

 自動的に再起動し真っ暗画面かFedoraのアイコンが表示されます。アップグレード完了するとログイン画面が出るはずです!!

うまく行かないときは

GNOMEソフトウェアの更新がいつまで経っても終わらないときがあります。”アプリを閉じて”その場合はコマンドで

sudo dnf clean all
sudo dnf update

としてもう一度GNOMEソフトウェアを起動して更新してください。

dnfを使ったFedora31から32へ、32から33へ、33から34へのアップグレード。

記事が古くなったので2021年3月5日(金)に修正しました。

6月27日(月)アップグレードのGUIの方法を掲載 GNOMEソフトウェア(GUI)を使ってFedora24から25へアップグレード



31から33にアップグレードするなど飛び越えてアップグレードする場合は、一つずつ上げたほうがトラブル可能性は低いと思います。

0. まずは何よりバックアップ

/home、/var、/etcをとってればだいたいOKなはず。

1. システムアップデート

使ってる現在のFedoraのパッケージをアップデート。
sudo dnf clean all
sudo dnf update

2. dnf-plugin-system-upgradeパッケージをインストール

アップグレード用パッケージdnf-plugin-system-upgradeをインストールします

sudo dnf install dnf-plugin-system-upgrade --best

3. リポジトリを無効化

3.1 rpmfusionリポジトリを無効化

この作業は要らいかもですが、念の為外部リポジトリrpmfusion周りを無効にしておきます。その他にも非公式のリポジトリを入れていれば--set-disabledの後にリポジトリ名を書いて無効にします。

sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-free
sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-nonfree
sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-free-updates
sudo dnf config-manager --disablerepo rpmfusion-nonfree-updates
sudo dnf remove dropbox

4. アップグレード用のダウンロードパッケージをダウンロード。

4.1 Fedora32にアップグレードする場合

sudo dnf system-upgrade download --releasever=32

4.1 Fedora33にアップグレードする場合

sudo dnf system-upgrade download --releasever=33

4.1 Fedora34(2021年3月5日段階ではまだテスト用)にアップグレードする場合

sudo dnf system-upgrade download --releasever=34

5. アップグレードを始めるおまじない

sudo dnf system-upgrade reboot

6. 終わるまで(コーヒーでも飲んで)待ちましょー。

アップグレードが終わったらアプリケーションのインストールをしましょう。

使えるアプリの紹介は、Fedoraのデスクトップアプリケーションインストールノートへ。

7. エラー解決方法

以下は作業は要らずこの記事へトラブルからお助けする用検索キーワード用

7.1 依存関係エラーメッセージ

依存関係が失敗したというエラーが出たので、以下を実行。kde-l10n-jaやkdenliveのところは環境によって変わるし、エラー出ずに終わったらここは飛ばしてOK。

sudo dnf system-upgrade download --releasever=23  --exclude=kde-l10n-ja,kdenlive

エラーが出たパッケージをexcludeで,区切って対象を除外しました。


アップグレード後。
ちゃんとFedora23になってますね!(記事修正前)

7.2 Fedora23から24へのエラーメッセージ

7.2.1 リポジトリのエラー

Fedora23から24へのアップグレードを実行すると3.1 rpmfusionリポジトリを無効化をしなかった場合--nopgpchechを付けない場合次のエラーが出ます。エラーメッセージでここにたどり着くように記述。

sudo dnf system-upgrade download --releasever=24

を実行した時に以下のエラーが出たので

Failed to synchronize cache for repo ‘rpmfusion-nonfree-updates’, disabling.
Dependencies resolved.

packages are downloaded successfully, but at the end i get this

The downloaded packages were saved in cache until the next successful transaction.
You can remove cached packages by executing ‘dnf clean packages’. 
エラー: パッケージ a52dec-0.7.4-19.fc24.x86_64.rpm は署名されていません 

また、以下のコマンドを実行してもエラーが出ます。

 sudo dnf system-upgrade reboot

を実行すると

Error: system is not ready for upgrade

をエラーが出たので3. リポジトリを無効化が必要

7.2.2 Dropboxの削除

dropboxがうんちゃらとエラーが出たのでdropboxパッケージを一旦削除

sudo dnf remove dropbox

参考サイト

Upgrading Fedora 23 Workstation to Fedora 24のコメント欄

8 インストール後の外部リポジトリ

8.1外部リポジトリの有効化

Fedoraのアップグレードが出来たら、リポジトリを無効化していたものを有効化しておきます。その他削除したパッケージがあれば追加しておきます。

sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-free
sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-nonfree
sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-free-updates
sudo dnf config-manager --enablerepo rpmfusion-nonfree-updates
sudo dnf install dropbox

8.2外部リポジトリのアップデート

外部リポジトリを有効化したらアップデートしておきます。

sudo dnf update

Fedora 23インストールノート

rootログイン

su
(パスワード)

アップデート

 
dnf upate

rpm-fusionリポジトリ

RPM Fusion公式サイトの "Enable RPM Fusion on your system" RPM Fusion free for Fedora 23 をクリックし、プログラミングで開く【ソフトウエアのインストール】で開いてインストールします。

インターネット

dnf install cheese corebird filezilla

日本語関連

ibus-mozc

dnf install ibus-mozc

nkf

dnf install nkf

エディタ

dnf install vim-enhanced bluefish Zim cliplt

管理ツール開発ツール

dnf groupinstall 管理ツール
dnf groupinstall "C 開発ツールとライブラリー"

マルチメディア

Flash

リポジトリ

Adobe Flash Playerダウンロード ダウンロードするバージョン->Linux用YUMー>今すぐダウンロードをクリックしダウンロード。 プログラミングで開く:ソフトウエアのインストールでインストールします。

インストール

dnf install flash-plugin

gstreamer

dnf install gsreamer-ffmpeg gstreamer1-plugins-bad-free-extras gstreamer1-plugins-bad-freeworld \
gstreamer1-plugins-bad-free-extras gstreamer-plugins-fc gstreamermm gstreamer-plugins-ugly 

ソフトウエア

 dnf install gnome-mplayer vlc xine audacity brasero easytag pitivi

gnome tweak tool

 dnf install gnome-tweak-tool

グラフィック

dnf install gimp inkscape dia pinta blender scribus

エラー: 依存性の欠如: libvpx.so.1 in VirtualBox on Fedora

Fedora 23 からなのかよくわかりませんがrpm -ivh Virutalbox-<version>してもインストール出来ませんでした。
エラーメッセージは
警告: VirtualBox-5.0-5.0.10_104061_fedora22-1.x86_64.rpm: ヘッダー V4 DSA/SHA1 Signature、鍵 ID 98ab5139: NOKEY
エラー: 依存性の欠如:
        libvpx.so.1()
内容はlibvpx.so.1が無いぞと言われています。 そんなの入ってるやろと思いながら
sudo dnf provides libvpx.so.1
を実行すると
compat-libvpx1. x86_64                   1.3.0-3.fc23                    fedora
とライブラリがヒットしました。 campatなので古いライブラリのようですね。 VirtualBoxはdkmsも要求されるのでgccも合わせてインストールすることにします。
sudo dnf install gcc dkms compat-libvpx1
これでsudo rpm -ivh Virtualbox-で楽しめますよ。
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ