うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

マルチメディア

Adobe Flash Player 11がリリースされました!!

Adobe Flash Player 11がリリースされました。
今回はなんと64 bitにも正式に対応しているようです。

特徴、最新機能

Adobe Flash Player 11

  • Stage3Dにより高速化されたグラフィックレンダリング*
  • 64-bitのネイティブサポート
  • カメラ向けのH.264/AVCソフトウェアエンコード
  • モバイル向けのコンテンツ保護のサポート

といったところ。
ざっくり言うとより綺麗な画質、音質を実現し、 さらに64 bit環境でも動作といったところでしょうか。

ダウンロード

Adobe Flash Player 11のダウンロードは、Adobe Flash Player のダウンロードからどうぞ。

インストール

インストール方法は、Adobe Flashインストール!!GUI編 on Fedora 12 13 14 15で解説しております。

Adobe Flash Professional CS5.5 Windows版
Adobe Flash Professional CS5.5 Windows版
クチコミを見る

Adobe Flash Player 11 Betaがリリースされました!! FedoraやUbuntu以外のディストリなLinuxでもインストール出来る方法(ディレクトリは違うかも)。

ブログネタ
コンピュータ・トピックス に参加中!

Adobe Airでお騒がせのAdobeさんから、
Adobe Flash Player 11 Betaがリリースされたようです。

追加された機能

詳しいことは、New features for browser-based, expressive content に書いてありますが、
  • 3次元モデルの協力を改善する高い相互のヴィジュアルを作る(直訳なので意味ワケワカメ)
  • 64bitサポート
  • G.711オーディオ圧縮のサポート
  • H.264/AVC SW のエンコード
  • ソケットの拡張(FTPクライアントのように大きいデータをやりとり出来る機能)
  • HD関係のサウンド(7.1channelをサポート
だそうです。
マルチメディアに疎い私には意味がよくわかりませんが、 まあざっくり言うと、Flashでより綺麗な音と動画が見れるようになるといことかな?
(詳しい方は、コメントなり、トラックバックなりして教えてくださいませ。)
で、なによりFlash Player 11 Betaの64 bit版が!!
以前から実験的にはあったのですが、Betaという位置づけで出されたのは大きい。

前提、注意

本バージョンはまだ、テスト版です。
導入することで、クラッシュしやすくなったり、予期しない誤動作を起こす可能性があります。
(最悪、ハードウェアが故障ということも起こるかも。)
というわけで、導入は慎重に。

ダウンロード

Download Adobe Flash Player 11 Beta for Desktops
からダウンロードできます。
Linux版だけでなく、Windows版、Mac OS X版があり、それぞれ、32 bit用、64 bit用があります。

解凍

  1. ファイルマネージャーを開く
  2. [ダウンロード]を選択(ダブルクリック)
  3. flashplayer11_b1_install_lin_hoge .tar.gzを[右クリックしてここに解凍]を選択
(hogeは、バージョンやら32bitか64bitか書いてある。)

Linuxでのインストール

ここでは、Linux版でのインストールを紹介します。 Windows版やMac OS X版はインストーラーがあるでしょうし、 Linux blogなので、Linuxだけでご勘弁を^^;

ダウンロードディレクトリへ移動

ブラウザのデフォルト設定だと、

cd ~/ダウンロード
もしくは、
cd ~/Downloads
でダウンロードディレクトリへ移動します。

余談

ディレクトリ名を日本語表記から英語表記変更する方法は、

LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update
出来ると思う。

Flash Player 10の削除

システム側にある場合

32 bitなCPU、OSな方、32 bit版を64 bit環境でも使っていらっしゃった方、
\まずは、前バージョンの削除ですの/(元ネタなんですか?w萌はようわからんのです。)

つまり、Adobeリポジトリの中のFlashプラグインパッケージを削除しないといけない。
--nodepsで依存関係があっても削除するようにしてる。
たぶん、依存するものはないだろうけど、他のアプリケーションが動かなくなる可能性もある。 そういうわけでも、Adobe Flash Player 11 Betaを使うのはオススメしないというわけ。

ホームディレクトリにある場合

たぶん、

cd ~/.mozilla/hogehoge/plugins/
mv libflashplayer.so ~/.local/share/Trash/files
すれば、よろし。 ~/.local/share/Trash/filesは、ゴミ箱です。
su -c "rpm -e --nodeps flash-plugins"

インストール、というかコピー

32 bit版、64 bit版で別けて書きますが、
ダウンロードした、libflashplayer.soがあるディレクトリは、 flashplayer11まで入力したら、[tab]キーでファイル名が補完出来るので、
32 bit版か、64 版かと、バージョン名を勝手に判断してくれますよ。

32bit

64 bit版しか試していませんが、 以下でいけるはず。

su -c "cp flashplayer11_b1_install_lin_hoge/libflashplayer.so /usr/lib/mozilla/plugins"

64bit

待望の64bit版www
32 bit版の物を使ってても良いのですけども。

su -c "cp flashplayer11_b1_install_lin_hoge/libflashplayer.so /usr/lib64/mozilla/plugins"

これで、ブラウザを再起動してみてください。

綺麗に動画が再生されますか?

Webデザイナーを目指して。

Webクリエイター





うつ病(僕の場合は、躁鬱病も兼ねている双極性感情障害)ですが、
大分本が読めるようになったので、
いっぱい本を買っちゃいました。

将来の目標がWebデザイナーかな。と思っています。
その端っこでLinuxを勉強したり、プログラムを勉強したりで、
自分の強みを増やせていければいいなあと思ってます。

なので、Webデザイナー関係の本を買い漁ってみました。
お金はかかりましたが、自分への投資。
本を読めば勉強したことになり、
技術が着くので職に着く事もできるでしょう。

みなさんもWebデザイナーやってみませんか?
"HTML"をキーワードに検索してみれば、
Web作成方法がタダで手に入りますよ。
このブログでも取り扱ってみたいと思います!!

Real Playerをインストールしよう! on Fedora Core

Fedora Core logo




Fedora Core 5には、Helix Playerが入っていますが、
ろくに再生できません。
なので、
リアルプレイヤーをインストールしましょう。
Real Player スクリーンショット

キーワード:RealPlayer,libstdc++.so.5,realplay,linux






お勧めのFedora Coreの書籍
続きを読む

SunのJAVAのplug-inプラグインをインストールするには? on Fedora Core

Fedora Coreで、

SunのJAVAのplug-inプラグインのインストールの仕方を解説します。

キーワード:JRE,j2dk,jdk,NetBeans,linux

続きを読む
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ