うつ病、双極性感情障害を抱えたけんけんのFedora、FreeBSD勉強日記。
Linux、Unixのデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

日本語環境

【解決済み】ibus-mozcの日本語入力中の変換候補が表示されない!!

ibus-mozcの日本語入力の設定まとめ

ibus-mozcの設定の仕方はFedora 23 で日本語入力する【iBus】【Mozc】がわかりやすいです。
ibus-mozcのキーボードが英語設定になる問題はibus-mozcのキーボードレイアウトが英語になるトラブルの対処法にまとめてくれています。
辞書項目に【mozc】が表示されなくなることがあるのですがその場合はFedora
を再起動させてください。


これらの記事を参考に設定しても変換中の候補リストが表示されないバグがあったんですが何故か治りました… 直ってしまったので修正方法を書いても意味がないかもしれませんがここにメモしておきます。
cd ~/.config/autostart
して以下をibus-daemon.desktopとして保存する。
[Desktop Entry]
Type=Application
Exec=ibus-daemon -r
Hidden=false
X-MATE-Autostart-enabled=true
Name[ja_JP]=ibus
Name=ibus
Comment[ja_JP]=
Comment=

そしてログアウト、ログインで変換候補が出るようになります。

といってもこの設定が何故か今日から直ったんですよね… 昨日までめちゃくちゃ悩まされたんですが…

やっぱり変換候補でなくなりました。(2016年7月5日(火))

Fedoraで日本語入力に切り替わらない!!を解決する方法。

Fedoraを使っているとふとした時に半角全角キーを押しても日本語入力モードに切り替わらない時が結構あります。

タスクバー右上の入力が[あ]と表示されていてるし、
入力モードをちょこちょこ変えても直らない。

この現象の解決方法が分かりました。


1. alias を登録

echo "alias jan=ibus-daemon -r & " >> ~/.bashrc

(janのところは自分が覚えやすいキーワードで。[ja]panese[n]yuuryokuというつもり。)
2014年 7月 1日 火曜日 08:41:21 JST 修正

2. ログアウト

3. 日本語入力ができなくなったらコマンドで

jan

と打つだけで直ります。


つまるところ、ibusが落ちてるんだと思います。
オプションの-rは再起動なのでibus-daemonコマンドを再度呼び出してるってことです。

参考


ibus-daemon --help
用法:
ibus-daemon [オプション...] - ibus daemon

ヘルプのオプション:
-h, --help ヘルプのオプションを表示する

アプリケーションのオプション:
-V, --version Show the application's version.
-d, --daemonize run ibus as background process.
-s, --single do not execute panel and config module.
-x, --xim execute ibus XIM server.
-n, --desktop=name specify the name of desktop session. [default=gnome]
-p, --panel=cmdline specify the cmdline of panel program. pass 'disable' not to start a panel program.
-c, --config=cmdline specify the cmdline of config program. pass 'disable' not to start a config program.
-a, --address=address specify the address of ibus daemon.
-r, --replace if there is an old ibus-daemon is running, it will be replaced.
-t, --cache specify the cache mode. [auto/refresh/none]
-o, --timeout=timeout [default is 5000] gdbus reply timeout in milliseconds. pass -1 to use the default timeout of gdbus.
-m, --mem-profile enable memory profile, send SIGUSR2 to print out the memory profile.
-R, --restart restart panel and config processes when they die.
-v, --verbose verbose.

の-r, --replaceのところですね( ・ิω・ิ)

【解決済み】Fedora18のVNC(Tigervnce)にログインすると、あれっ!何かがおかしいです。問題が発生して、システムの復旧ができません。ログアウトして再度試してください。

Fedora 18にアップグレードすると、下の図のようにVNC接続するとログイン出来なくなりました。
どうもGnome-Shellのアップグレードにtigervnc-serverが追いついていない様子。

vncserver-cannot-login

FedoraのVNCアプリケーションであるtigervnc-serverのアップデートが来たけど解決せずだったので、
解決方法を載せておきます。

VNCサーバーの設定

まずは、VNCサーバーの設定をしていない方は、今までお作法が違う!!Systemdを使ったVNCでGUIなリモート操作!! on Fedora 16 17 18を参照して設定を。

VNCサーバーから設定

VNCクライアント側から設定する方法があるけども、
VNCサーバー側を弄るほうが楽だったりします。

解決方法は、

  1. 【システム設定】→【詳細】→【グラフィック】→【強制フォールバックモード】→【オン】
  2. システム再起動。

の流れ。

フォールバックモードの図は、下図の通り。

vnc-fallback-mode


VNCクライアント側から設定

VNCクライアントから設定する場合は、以下の手順。
詳しい事は書かないけど。

  1. sshでログイン
  2. sudo yum install fluxboxなどしてGnome以外のデスクトップ環境、もしくはウィンドウマネージャーをインストール
  3. ~/.vnc/xstartupを~/.vnc/xstatup.bakにリネームして、新規で~/.vnc/xstartupを作り、gnome-terminal &; fluxbox &だけ記述。
  4. sudo systemctl restart vncserver@\:1.serviceを実行して、VNCサーバーを再起動。
  5. クライアント側からVNC接続。
  6. gnome-termianl端末でgnome-control-centerとコマンドを打って、フォールバックモードに切り替え。
  7. ~/.vnc/xstatup.bakを~/.vnc/xstatupに戻す。
  8. sudo systemctl restart vncserver@\:1.serviceを実行して、再度VNCサーバーを再起動。
  9. ログイン出来る!!

な流れ。

正直面倒なので、鯖側でゴニョゴニョした方が楽だと思う。
分からんという方は、tigervnc-serverがアップデートされるのを待つのが一番かと(*´∀`*)

やっぱり、Fedoraは人柱かしら?

Fedora 18 (spherical cow) Alphaリリース!!& レビュー

まえがき

どうも。スマホを買おうかどうか二の足を踏みまくって、未だに持ってないけんけんです。Fedora 18 Alphaが当初の予定より3週間遅れでやっとリリースされました。 最近はブログを更新してなかったですが、Twitterは割とつぶやいています。Fedoraの最新情報もつぶやくことが多いのでフォローしていただけると幸いです。

特徴

さて、Fedora 18(spherical cow) Alphaの特徴について紹介しましょう。 デスクトップユーザーにとって目新しい項目は、Gnome-Shell、KDE、XFCE、LXDEなどが最新バージョンとなります。また、Gnome2から派生したMateなるデスクトップ環境が使えるようになります。Gnome-Shellは使いにくい、メニュー方式でいいという方には朗報です。
そして、インストーラーのUIが新しくデザインし直されています。特にインストーラーの刷新は注意が必要でまだ未完成で、HDD上のパーティション分けをリサイズする機能が内容です。また、気をつけないとパーティション分けが自動で行われてフォーマットされてしまいます。 そのため、Windows、Linux関係なくOSまたはデータがごっそり削除される可能性があります。なので、実機へのインストールはやめておきましょう。 また、Fedora 18 AlphaのLiveCDが700MBどころか800MBを越えるので、CDに書き込むことができません。よって仮想化上(VirtualBox)でテストしています。 あと、私が試した限りでは日本語入力ができません。どなたか解決方法を知っていたらコメントかつぶやきにでも。

デスクトップ目的以外の情報は、Annoucing the release of Fedora 18 Alpha!!をどうぞ。英語ですが(´・ω・`)

Gnome-Shellデスクトップ画面

ここでは、Fedoraのデフォルトデスクトップ環境である、Gnomeについてのスクリーンショットと変更点を紹介します。

Gnome-Shellレビュー

レスポンスはメチャメチャ速いです。ただし、VirtualBoxのマウス透過機能を使ってるとちょっとマウスを動かすだけでActivity状態になってしまいます(*´∀`)。

ログイン画面

Fedora17の黒いログイン画面が灰色のシックなデザインに変更されています。尚、LiveCDで起動した場合、時間が経つと自動でログインされてましたが、自動ではログインされないよう変更されています。

Fedora18Alpha_00login

壁紙

壁紙は青を基調としたメタリックでバイアス(斜め)な線が入ったもの。まだ、Fedoraにしては割とシンプルな壁紙なのでFedora18の正式リリース用じゃないかも。

Fedora18Alpha_01wallpaper

Activity

Activity状態にしたものです。Boxesというアプリ以外は目新しいものは見当たりませんが…

Fedora18Alpha_02activity

PowerOff

Fedora17まではデフォルトがPowerOffではなく、サスペンドでしたがPowerOffに切り替わ ってます。 デフォルトがサスペンドってのは評判が悪かったでしょうから当然の変更かな? そのかわり、ログオフが見当たらない(´・ω・`)

Fedora18Alpha_03power-off

システム設定

細かい変更点ですが、システム設定のパネルに横に罫線が入ってます。見やすくなった気 がする。

Fedora18Alpha_04systemsetting

ファイルマネージャー

むっちゃシンプル… 設定が見つからない… いいのか、これ?

Fedora18Alpha_nautilus

インストーラー

インストーラーのUIが変更されたので、紹介します。

Welcome to Fedora

インストーラーを起動すると下の図のようにWELCOME TO FEDORA 18と表示されます。

Fedora18Alpha_installer
そして、そのまま言語を[日本語]を選ぶと、FEDORA 18へようこそ。と表示が変わります。なにそれ格好良い!!

Fedora18Alpha_installer01-welcome

インストールしていい?

メッセージが切れてますが、テスト版でバグだらけだけどインストールしていい?と訊かれます。仮想化ゲスト上なら迷わずOKにしましょう。

Fedora18Alpha_installer03_ok

インストールサマリー

設定一覧が表示されます。以前のインストーラーと特に違うのはこの項目ではないでしょうか。一気に設定出来るようにしたようです。

Fedora18Alpha_installer03_summary

Date & Time

日付と時間を設定します。直接時間を設定するより地域を選択する方の方が多いはず。Region:Asia、City:Tokyoで。

Fedora18Alpha_installer03-1Date_time

Keyboard

キーボードの選択です。Japaneseを選択。

Fedora18Alpha_installer03-2keyboad

Diskの選択

インストールするディスクを選択します。今のところ、パーティションをリサイズすることは出来ないようです。そういうわけで、実機にインストールしないでくださいと。まあ、普段使うHDD以外のHDDにインストールするならOKですけども(*´∀`)ちなみに、パーティション分けをカスタマイズすることは出来ます。右下の[continu]をクリックしてゴニョゴニョします。下側の写真がカスタマイズしているところ。あまり、直感的ではない気がする… /を入れないと/homeとか出ないし…

Fedora18Alpha_installer_03-3-disk

Fedora18Alpha_installer03-31-disk

rootのパスワード

どうやらFedora18AlphaではUbuntuの用にrootのパスワードを設定せず、rootを無効に出来るようです。やっとかと言う方もいてるかな?

Fedora18Alpha_installer_03-4root_pass

インストール

インストール開始です。ブイーーン

Fedora18Alpha_installer_04install

インストール終了

インストール終了です。おめでとうございますと言われないのがちょっぴり寂しい。再起動してくださいな。(仮想化上だと、ISOイメージをアンマウントしないとまたLiveCDが起動しちゃいますので要注意。)

Fedora18Alpha_installer_05complete

あとがき

Fedora 18 Alphaいかでしたでしょうか?私個人としてはまだまだ完成度が低いなあと思うところではあります。まあ、正式版リリースまではあと3ヶ月先なのでしっかりバグ修正してくれるでしょう。何よりも、インストールするディスクのパーティション分けの項目をしっかり練って欲しいところですね。 それでは、みなさん、Fedora 18 Alpha祭りを楽しんでください。

最近欲しいLinuxの本。

[緊急速報]Fedora 15 リリースノート 日本語訳版が公開されました。

リリースノート
Fedora 15 へようこそ

Fedora 15がリリースされてから、2ヶ月が経ちましたが、
ついに、Fedora 15 リリースノート、日本語訳版が公開されました。

私のblogでFedora 15のリリースノートの第一章、Welcome to Fedoraを訳した[非公式] Fedora 15 Release Notes リリースノート 翻訳をFedora-trans-jaにリリースノート翻訳についてとして提出したことをきっかけに、
沢山の方が翻訳作業をしてくださいました。

特に神田様は(名前出しちゃっていいのかなあ。まずかったら、消しますから連絡くださいね。)、RedHatの社員の方でもないのに、ほぼ一人でリリースノート全般にわたって翻訳してくださるという素晴らしい貢献ぶり。

そして、RedHat社さん、fedora.org付きのメールアドレスをお持ちのFedoraを支えてくださっていらっしゃる皆様にも感謝したいと思います。

P.S. あくまで、私がきっかけと主張したい、けんけんなのでした (ΦωΦ)フフフ…

英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
英日日英 プロが教える基礎からの翻訳スキル
クチコミを見る
こんな本あるのか…
これを気に、翻訳のお勉強もしたいなあ。
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ