前置き

何故か論文書くわけではないのにLaTeXしたくなったので、FedoraのLaTeX環境を揃える方法を少しずつ書いていきたいと思います。学生の方はLaTeXの環境を整えるのは中々大変なので拙著のブログを読んで今のうちに卒論準備をしていくと良いかなと思います。今回はインストールのみ。

インストール

パッケージを使ったインストールをします。 ## フルインストール

sudo dnf install texlive-scheme-full

これで終わりです。ただし、とてもデータサイズが大きく数GBありますので回線の問題などを考えると寝る前に仕掛けるとかが良いでしょう。

日本語環境のみのインストール

出来るだけ小さくインストールしたい、そして日本語環境が揃えば良い場合は、

sudo dnf install texlive-collection-langjapanese texlive-xetex

ただし、不足するものがあったりして足らないものが出てくるので上記のまるごとインストールする方法が良いと思います。

Ghostscript

texliveと一緒にインストールされると思いますが、GUIがインストールされないので直接ghostscriptコマンドを叩く場合は、

sudo dnf install ghostscript\*

日本語文字化け対策

デフォルトでは日本語文字化けしますので、eps,psポストスクリプトghostscript日本語文字化け 解決方法 にまとめています。