Fedoraを使っているとふとした時に半角全角キーを押しても日本語入力モードに切り替わらない時が結構あります。

タスクバー右上の入力が[あ]と表示されていてるし、
入力モードをちょこちょこ変えても直らない。

この現象の解決方法が分かりました。


1. alias を登録

echo "alias jan=ibus-daemon -r & " >> ~/.bashrc

(janのところは自分が覚えやすいキーワードで。[ja]panese[n]yuuryokuというつもり。)
2014年 7月 1日 火曜日 08:41:21 JST 修正

2. ログアウト

3. 日本語入力ができなくなったらコマンドで

jan

と打つだけで直ります。


つまるところ、ibusが落ちてるんだと思います。
オプションの-rは再起動なのでibus-daemonコマンドを再度呼び出してるってことです。

参考


ibus-daemon --help
用法:
ibus-daemon [オプション...] - ibus daemon

ヘルプのオプション:
-h, --help ヘルプのオプションを表示する

アプリケーションのオプション:
-V, --version Show the application's version.
-d, --daemonize run ibus as background process.
-s, --single do not execute panel and config module.
-x, --xim execute ibus XIM server.
-n, --desktop=name specify the name of desktop session. [default=gnome]
-p, --panel=cmdline specify the cmdline of panel program. pass 'disable' not to start a panel program.
-c, --config=cmdline specify the cmdline of config program. pass 'disable' not to start a config program.
-a, --address=address specify the address of ibus daemon.
-r, --replace if there is an old ibus-daemon is running, it will be replaced.
-t, --cache specify the cache mode. [auto/refresh/none]
-o, --timeout=timeout [default is 5000] gdbus reply timeout in milliseconds. pass -1 to use the default timeout of gdbus.
-m, --mem-profile enable memory profile, send SIGUSR2 to print out the memory profile.
-R, --restart restart panel and config processes when they die.
-v, --verbose verbose.

の-r, --replaceのところですね( ・ิω・ิ)