以前から記事を書こうと思っていたのですが、
アクセス解析を見るとVirtuaboxのトラブルで私のブログにたどりついてる方がいるようなので
解決法を書いておきます。




Fedora上でカーネルのアップデート、再起動してVirtuaboxを起動すると

kernel driver install not foundというタイトルでエラーが出ます。

詳細を見るをクリックすると下図のように


virtualbox-kernel-dviver-not-installed




The VirtualBox Linux kernel driver (vboxdrv) is either not
loaded or there is a permission problem with
/etc/vboxdrv. Please reinstall the kernel module by
executing

'/etc/init.d/vboxdrv setup'

as root. if it is available in your distribution, you shoud
install the DKMS pacakage first. this package keeps track
of Linux kernel changes and recompoiles the vboxdrv kernel
modules if necessary.



と言われます。

要約するとvboxdrv が読み込まれないか/dev/vboxdrvに権限の問題があります。




'/etc/init.d/vboxdrv setup'



をroot権限で実行してカーネルモジュールを再インストールしてください。

もし、あなたのディストリビューションで可能であればDKMSパッケージをまず
インストールしてください。
このパッケージはLinux カーネルに変化があっても必要になればvboxdrvカーネルモジュールを
再コンパイルします。

と書いてます。

なので、DKMSパッケージとビルドに必要なgccとkernel-develをインストールします。




sudo yum install dkms gcc kernel-devel



とします。
32bit でPAEカーネルを使ってる人は




sudo yum install dkms gcc kernel-PAE-devel



とします。

そして、




sudo /etc/init.d/vboxdrv setup



を実行すると




Stopping VirtualBox kernel modules [ OK ]
Recompiling VirtualBox kernel modules [ OK ]
Starting VirtualBox kernel modules [ OK ]



と表示されVitualBoxが再び使えるようになります(*^_^*)
ややこしいですね(´・ω・`)

うまく解決出来ない場合はコメントにでも(*^_^*)