問題点

Fedora上でVirtual-boxを使用していると、USB周りで以下のようなエラーが出ててUSBデバイスのパススルーが使えませんでした。ですが、解決方法がわかったので紹介します。ぐぐっても英語ばっかりで苦労しました。
追記:Fedora17ではvboxusrsグループに追加するだけでOK。

error message

USBサブシステムのアクセスに失敗しました。
Could not load the Host USB Proxy Service (VERR_FILE_NOT_FOUND). The service might not be installed on the host computer.
virtualbox-usb

Virtual-boxのインストール

Download VirtualBox for Linux HostsからFedora用のrpmを選択して、そのままインストールするだけっす。

Extenstion Packのインストール

USBを仕様出来るようにVirtualBox Extension Packをインストールします。Download VirtualBoxのVirtualBox 4.1.14 Oracle VM VirtualBox Extension Pack All platformsをクリックしてインストールします。

設定

設定方法は、vboxusersのGIDを調べ、usbfsをマウントし、ユーザーをvboxusersグループに追加して、再起動すればOKです。

vboxusersのGIDの調査

まずvboxusersのGIDの確認。

sudo cat /etc/group |grep vboxusers |awk -F : '{print $3}'
1002

この際、帰ってきた値をメモしておく。

ディレクトリ作成

マウントするディレクトリを作成します。

sudo mkdir /vbusbf

/etc/fstabの設定

ここは要らない。(2016年6月11日(土))
usbfsでマウントすることを/etc/fstabに指定します。この際、devgidの値は上のvboxusersのGIDを指定します。Fedora16だと大抵1002ですが、Fedora15より前なら501か502かも。便宜設定してください。

none /vbusbf usbfs rw.devgid=1002,devmode=664 0 0

add vboxusers group

ユーザーにvboxusersグループを追加します。ここでは、ユーザー名をkenkenとしていますが、ご自分の環境に合わせてください。それにしても、何故にman usermodで日本語のmanだと-aオプションが無いかね。

sudo usermod -a -G vboxusers kenken

設定が終わったら…

設定が終ったらFedoraタソを再起動しましょう。参考リンクでは、mount -aでOKと書いてあるんですが、再起動する必要がありました。


virtualbox-usb-ok


これで、来年の年賀状の宛名印刷は仮想化ゲスト上のWindowsから印刷出来る♪〜(´ε` )


参考:How to enable USB support Virtualbox |Fedora | Linux Tutorial

合わせて読みたい。
すべてわかる仮想化大全2012 (日経BPムック)
すべてわかる仮想化大全2012 (日経BPムック)
クチコミを見る