ブログネタ
Linuxに関する運用 に参加中!

今日は色んなアプリケーションがリリースDay...!!

Windows上でも使える仮想化ソフトウェア、Virtual Boxの新版、4.1.4がリリースされました。

Linux上でのインストールは以下の写真の通り。

ブラウザでファイルとして保存を選んでダウンロードしてから、
ダウンロード先のディレクトリに移動し、該当ファイルをダブルクリック。
下の図のようにインストールを選択。 01_ed

こんなダイアログが出てくる。しばらく待ちましょー。Twitterでもしてるといいwww 02_ed

root(管理者権限)のパスワード入力したらOK 03-ok_ed

Virtual Boxがインストール出来たら、Virtual Boxを立ち上げて、Extenstion addtionをインストール。
04-extension-agree_ed

この手順でインストール出来るはず。
私こと、けんけんが、試した限りだとFedora 16 betaのGnome-Shellは起動しなかったorz.
画面の解像度は高くなったんだけど。Fedora15では動くんだけどねえ。

Gnome-Shell,Unity,Compiz動作

Virtual Box上でGnome-Shell、Compiz、UnityなどOpenGLを使ったWindows Managerが使いたい場合は、 ゲストOSを起動して、

su 
(パスワード入力)
yum update
yum install kernel-devel gcc dkms

でAddtion package をインストールするための開発環境を整え、デバイス->Addition packageをインストールを選択、マウントして(自動マウントされるかな?)autorun.shを実行すれば、色々難しいメッセージが出て[OK]が出れば、Addition packageのインストール成功です。

ゲストOSを再起動してみましょう。
無事Gnome-ShellやUnityやCompizが動作しましたか?

うまく動作しない場合は、

/etc/init.d/vboxdrv setup
を実行してみましょう。

すべてわかる仮想化大全2011 (日経BPムック)
すべてわかる仮想化大全2011 (日経BPムック)
クチコミを見る