ブログネタ
Desktop Linux 入門 に参加中!
アクセス解析

What's New

LaTeX文字化けを解消 2011年 5月 23日 月曜日 16:32:51 JST 追記。
Fedora 15の正式版がリリースされたので、nightly buildに関する記事は削除。

DVDリッピングの件でリッピングソフトを削除。

(コマンド実行の欄で、"(ダブルコーテーション)が抜けている箇所が多数存在します。
コマンドをコピーアンドペーストして、エラーが出るほとんどの原因は、"が抜けていると思われます。
各行数単語のコマンドとオプション後、"で開始されたら同じ行の最後に"を追記して実行してみてください。)




Fedora25に対応したインストールノート最新版は、Fedoraデスクトップアプリケーションインストールノートへ。

この記事の前提

まだ、Fedora 15のインストールが住んでない方は、まずはFedora 15のダウンロード先まとめ。からダウンロードする事。

Windowsでの拡張子.isoというファイル、ISOイメージのCDの書き込み方法は、通常のファイルをCD/DVD光学ドライブにドラッグするだけでは、うまく動きません。インストールディスクを準備しよう!! for Fedora Core and FreeBSD and UNIX on Windowsを参考に書きこみましょ。

Fedora 15のインストールをまだしていない方は、
LiveCDでも操作方法は一緒。Fedora女子のためのFedora 15に搭載されたGnome3(Gnome-Shell)のチュートリアル、チートシート、使い方まとめ。で、Fedora 15がPC,周辺機器で動作するかどうかチェックし、
日経Linuxより早い!![インストール完全ガイド]コードネームLovelockだけにモテモテFedora女子になれる!?Fedora 15(Lovelock)のインストールよりFedora 15のインストールをしてから、以下のアプリケーションのインストールメモを導入すること。

Fedora 15のインストール完了後もアプリケーションは、比較的数多くインストールされているので、
以下を適用せずに使用してから、このメモを活用するほうがいいかも。
全てインストールする必要はないので、必要な物だけインストールでもありです。
ただし、リポジトリのインストールが必要な場合があるので、注意すること。

Fedora 15インストール後のデスクトップとして使うためのインストールメモ

ここからは、アプリケーションのインストールを一気にインストールする方法を紹介。

お気楽インストール機能の搭載

su

でroot権限(管理者権限)でログインしていると、

vim
bash: vim: command not found...
コマンド vim' を提供するためにパッケージ 'vim-enhanced' をインストールしますか? [N/y] 
 * 実行中.. 

 * 依存関係を解決中.. 
 * 認証を待ち受け中.. 
 * キューで待機中.. 
 * 依存関係を解決中.. 
 * パッケージをダウンロード中.. 
 * 変更をテスト中.. 
 * パッケージのインストール中.. 
 * アプリケーションをスキャン中.. 

でvimが起動してくれる。
スゲー便利。うまく働かないコマンドもあるけど。
(root権限でなくてもsudoを設定していてもこの機能が働くことがある模様。)

Fedora 15を試してみよう!!(動作を保証するものではありません。) レノボ・ジャパン IdeaCentre B305 40313DJ

sudo

sudoを使うのはあまりセキュリティー的に良くないが、
yumするのに楽なのでアプリケーションをどかどか入れる最初はやっておく。 (sudo自体は設定さえすれば気をつければ、セキュアという情報ありだそう。)

適当に環境が整ったら戻すべし。

グループの確認

id -g
500

id -gコマンドで、 グループIDが現在500 だということが分かりました。(Fedora16からは1000)

su -c "groupmod -g  500 -o wheel"

グループID500をwheelグループに変更します。

visudo

コマンドを打ち、

%wheel  ALL=(ALL)       ALL

#が外れていることを確認。外れていなかったら、

su -c "sed s/^#\%wheel/\%wheel/ /etc/sudoers"

#を付けたて、sudoを使えないようにするには、

su -c "sed s/^\%wheel/#\%wheel/ /etc/sudoers"

アップデート

バグ修正、セキュリティーパッチの当たっているものを導入するために、 パッケージ、アプリケーションをアップデートします。

su -c "yum update"

LiveCDで不足していあるアプリケーションのインストール

LiveCDでインストールした場合、DVDインストールでは含まれていないものが 数多くあります。

LiveCDのままのアプリケーションでも数多くのものが含まれています。 まずは、この項目でのインストール無しでもいいでしょう。

以下のリストを、

#!/bin/sh
su -c "yum  groupinstall   \"Design Suite\""
su -c "yum  groupinstall   \"GNOME デスクトップ環境\""
su -c "yum  groupinstall   \"Office/生産性\""
su -c "yum  groupinstall   \"X Window System\""
su -c "yum  groupinstall   \"グラフィカルインターネット\""
su -c "yum  groupinstall   \"グラフィックス\""
su -c "yum  groupinstall   \"ゲームと娯楽\""
su -c "yum  groupinstall   \"サウンドとビデオ\""
su -c "yum  groupinstall   \"サーバー設定ツール\""
su -c "yum  groupinstall   \"システムツール\""
su -c "yum  groupinstall   \"ダイヤルアップネットワークのサポート\""
su -c "yum  groupinstall   \"テキストベースのインターネット\""
su -c "yum  groupinstall   \"ハードウェアサポート\""
su -c "yum  groupinstall   \"フォント\""
su -c "yum  groupinstall   \"メールサーバー\""
su -c "yum  groupinstall   \"レガシーなフォント\""
su -c "yum  groupinstall   \"入力メソッド\""
su -c "yum  groupinstall   \"印刷サポート\""
su -c "yum  groupinstall   \"管理ツール\""
su -c "yum  groupinstall   \"日本語のサポート\""
su -c "yum  groupinstall   \"ウィンドウマネージャ\""
su -c "yum  groupinstall   \"ネットワークサーバー\""

Livecd-install.shとして保存し、

su -c "sh Livecd-install.sh"

として、一気にアプリケーションをインストールしてしまいます。

起動の高速化

LiveCDでインストールすると、anacondaのudevルールが邪魔して 起動が遅くなります。

su -c "yum remove anaconda"

サウンドレコーダーのインストール

LiveCDでインストールした場合、サウンドレコーダーが入っていません。
ですので次のコマンドでインストールしておきましょう。
けんけんさんは、マイクを持っていないのでどなたか動作チェックしてちゃんと 使い物になるかコメントしていただけると助かります。

su -c "yum install gnome-media-apps"

ダウンロードコマンドwget

コマンドでダウロードできるwgetをインストールします。

su -c "yum install wget"

上記のコマンドでインストールされるアプリケーション

Desing Suitesのgroupinstallでインストールされるアプリケーション

グラフィックデザインのツール類です。 インストールされるアプリケーションは以下の通り。

GREY Cstoration
hoge
Image Magick
コマンドでも操作できる多機能な画像編集ソフトウェア
agave
blender
cinepaint
dia
entangle
fontforge
fontmatrix
GIMP
Inkscape
mypaint
nautilus-image-converter
opting
pinta
postr
rawtherapee
scribus
synfig
ufraw
xsane-gimp
shotwell

GNOME デスクトップ環境

GNOMEデスクトップ環境でのグループインストールされる主なアプリケーション。(LiveCDインストール時にインストールされるものも含まれる。

cheese
deja-dup
cheese
eog
cheese
evince
file-roller
seahorce
shotwell
simple-scan
system-config-firewall
vinagre
vino
yelp

Office/生産性

libreofficeなどがインストールされます。

libreoffice-calc
libreoffice-draw
libreoffice-impress
libreoffice-math
libreoffice-langpack-ja
libreoffice-writer
libreoffice-xsltfilter
planner
java-1.6.0-openjdk

Gnome3,Gnome-Shell拡張

su -c "yum install gnome-tweak-tool gnome-shell-extension* "

gnome-tweak-toolにより、アイコンの変更、フォントの大きさの変更、時計の表示、ウインドウの最大化、最小化ボタン表示。

gnome-shell-extension*により、

  • ダッシュボードのアイコンが右側にアクティビティなしに表示
  • ユーザーアイコンのクリックからのサスペンドだけでなく、Power OFFなど追加
  • Alt+tabでのアプリケーションの切り替えをワークスペースを超えて切り替え可能
  • パネル右上にファイルマネージャー追加。
  • デバイス通知も表示?

参考:Fedora15 ファーストガイド - Linuxをはじめよう
テーマについては、GnomeShellをカスタマイズしよう!《Fedora15対応》 - 独学Linux
を参照の事。

リポジトリのインストール

rpmfusion

F15正式

su -c 'yum localinstall --nogpgcheck http://download1.rpmfusion.org/free/fedora/rpmfusion-free-release-stable.noarch.rpm http://download1.rpmfusion.org/nonfree/fedora/rpmfusion-nonfree-release-stable.noarch.rpm'

Gnome3,Gnome-Shell拡張

su -c "yum install gnome-tweak-tool gnome-shell-extension* "

gnome-tweak-toolにより、アイコンの変更、フォントの大きさの変更、時計の表示、ウインドウの最大化、最小化ボタン表示。

gnome-shell-extension*により、

  • ダッシュボードのアイコンが右側にアクティビティなしに表示
  • ユーザーアイコンのクリックからのサスペンドだけでなく、Power OFFなど追加
  • Alt+tabでのアプリケーションの切り替えをワークスペースを超えて切り替え可能
  • パネル右上にファイルマネージャー追加。
  • デバイス通知も表示?

参考:Fedora15 ファーストガイド - Linuxをはじめよう
テーマについては、GnomeShellをカスタマイズしよう!《Fedora15対応》 - 独学Linux
を参照の事。

SELinuxの無効化

セキュリティーの確保には重宝するが、通常のデスクトップユーザーにとっては何かとSELinuxさんは、トラブルを起こすので無効化しておく。

cd /etc/selinux/
su -c "sed s/SELINUX=enforcing/SELINUX=disabled/config
(今のところ、disabledにしなくても無事動いているので、 変更しないほうがいいかも。

ディレクトリのリネーム

cd ~
 cat << EOF > dir-link.sh
#!/bin/sh
#dir-link.sh
 ln -s ダウンロード downloads
 ln -s テンプレート tempaltes
 ln -s デスクトップ desktops
 ln -s ドキュメント docs
 ln -s ビデオ videos
 ln -s 音楽 musics
 ln -s 画像 pictures
 ln -s 公開 public
 EOF
の後、
 sh dir-link.sh

圧縮、解凍ソフト

cab,7zip

su -c "yum install lha cabextract p7zip p7zip-plugins"
 
cabextract
ファルを解凍出来るソフト
p7zip,p7zip-plugins
7zipな圧縮、解凍出来るソフト
lha
Windowsで良く使われる、lhaの圧縮、解凍ソフト

Shift-jisがOKなunzip

Fedora標準のunzipだとShift-jisなzipファイルが文字化けするので、一旦unzipを削除。

su -c "rpm -e --nodeps unzip"

32bit

su -c "rpm -ivh http://download.opensuse.org/repositories/home:/sawaa/Fedora_14/i386/unzip-6.0-3.fc14.ja1.i386.rpm"

64bit

su -c "rpm -ivh http://download.opensuse.org/repositories/home:/sawaa/Fedora_14/x86_64/unzip-6.0-3.fc14.ja1.x86_64.rpm"

yum updateからunzipを対象外にする

/etc/yum.confの中に、
exclude=unzip

を追加しておけば、Fedora側のunzipのアップデートが来ても、 今回導入した、Shift-jisがOKなunzipを維持できる。

フォント

Microsoft Trutype Font

MS TrueType Font をブラウザで開く msttcore-fonts-2.0-3.noarch.rpm をクリック 保存。

cd ~/downloads
su -c "rpm -ivh msttcore-fonts-2.0-3.noarch.rpm"

IPAフォント

su -c "yum install ipa*fonts"

helveticaなどxorgのフォント

su -c "yum install xorg-x11-fonts*"

プラグイン

Flashのインストール

ブラウザでAdobe Flash Playerの Downloadを開き、”ダウンロードをするバージョンを選択してください…”を選び、”Linux用YUM(YUM)を選択して、インストールを選択。 その後以下を実行。
su -c "yum install flash-plugin"
<-- ここまで 2012年 7月 30日 月曜日 06:04:29 JST -->

Java プラグイン

su -c "yum install java-1.6.0-openjdk" 

文字化け豆腐□

32bit版の場合は、
su -c  "mkdir -p /usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0/jre/lib/fonts/fallback"
cd /usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0/jre/lib/fonts/fallback
su -c "ln -s /usr/share/fonts/ipa-ex-gothic/ipaexg.ttf ."
su -c "ln -s /usr/share/fonts/ipa-ex-mincho/ipaexm.ttf ."
64bit版の場合は、
su -c "mkdir -p /usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0.x86_64/jre/lib/fonts/fallback"
cd /usr/lib/jvm/java-1.6.0-openjdk-1.6.0.0.x86_64/jre/lib/fonts/fallback
su -c "ln -s /usr/share/fonts/ipa-ex-gothic/ipaexg.ttf ." 
su -c "ln -s /usr/share/fonts/ipa-ex-mincho/ipaexm.ttf ."

確認

ブラウザを再起動。
Java Testのページで

test1: OK
test2: 日本語対応

とでていればOK。

test1: OK
test2: □□□□□ 

となるようであれば、どこか手順が間違っている。

RealPlayer

64bitだと動かない。
totemやmplayerで動くのでよしとする。
RealPlayer for Linux rpm packagesをクリックすると、ダウンロードが開始されるので、
ファイルを保存する。でOK。をクリック。

32bit

試してないけど、たぶん32bitならいけるはず。

cd ~/downloads/
su -c "yum install redhat-lsb"
su -c "rpm -ivh RealPlayer11GOLD.rpm"

64bit

can not work

realplay
/usr/bin/realplay: /opt/real/RealPlayer/realplay.bin: /lib/ld-linux.so.2: bad ELF interpreter: そのようなファイルやディレクトリはありません

と言われて起動しないが、

su -c "yum install glibc.i686"

としてから、RealPlayerを起動するとアプリケーションは起動する。
ただし、動画を再生させてみると、音がでない。

.rmファイルはtotemやMplayerで再生出来るので気にしない。

Adobe Reader,Adobe Air

PDFに関しては、Evinceでは見れますが、念の為。

su -c "rpm -Uvh http://linuxdownload.adobe.com/adobe-release/adobe-release-i386-1.0-1.noarch.rpm"
su -c "yum install AdobeReader_jpn adobeair glibc.i686"

Windowsパーティションのマウント

Windows領域を共有します。

HDDの状態

Windows上でCドライブがNTFSフォーマット、 DドライブがFAT32フォーマットとする。
以下はfdiskの結果。

su -c "fdisk -l /dev/sda"
Disk /dev/sda
40.0 GB, 40060403712 bytes
255 heads, 63 sectors/track, 4870 cylinders
Units = cylinders of 16065 * 512 = 8225280 bytes

Device Boot      Start         End      Blocks   Id  System
	/dev/sda1   *           1        1912    15358108+   7  HPFS/NTFS
/dev/sda2            1913        3187    10241437+   c  W95 FAT32 (LBA)
	/dev/sda3            3188        4386     9630967+  83  Linux
	/dev/sda4            4387        4870     3887730    5  Extended
	/dev/sda5            4387        4768     3068383+  83  Linux
	/dev/sda6            4769        4870      819283+  82  Linux swap / Solaris
	
という状態である。

/etc/fstabの設定

/etc/fstabに、

 /dev/sda1               /mnt/windows2000        ntfs-3g defaults,ro             0 0
	/dev/sda2               /mnt/share              vfat    defaults                0 0
	
を追加。(くれぐれも、もともとあるファイルを消してしまわないように。)

僕と異なるパーティションであれば、
/dev/sdaの後の数字をfdiskの結果に応じて便宜変更すること。

アプリケーションのインストール

ここからは、各種アプリケーションのインストール。

マルチメディア

mplayer,xine,vlc

su -c "yum install *mplayer* *xine* *vlc*"
	

コーデック

totemなどに使われるgsreamer関連のインストール

su -c "yum install gstreamer gstreamer-ffmpeg gstreamer-java gstreamer-java-swt gstreamer-plugin-crystalhd \
		gstreamer-plugins-bad gstreamer-plugins-bad-free gstreamer-plugins-bad-free-extras\
		gstreamer-plugins-bad-nonfree gstreamer-plugins-base gstreamer-plugins-base-tools \
		gstreamer-plugins-espeak gstreamer-plugins-fc gstreamer-plugins-good gstreamer-plugins-ugly \
		gstreamer-python gstreamer-rtsp gstreamer-rtsp-python gstreamer-rtsp-vala gstreamer-tools gstreamermm"
		

mplayer用コーデック

wget http://www.mplayerhq.hu/MPlayer/releases/codecs/all-20110131.tar.bz2
		tar xvjf all-20110131.tar.bz2
		
32bit
su -c "mv all-20110131/* /usr/lib/codecs/"
		
64bit
su -c "mv all-20110131/* /usr/lib64/codecs/"
		

DVD用コーデック

atrpmsのlibdvdcssのサイトでリンク、バージョンをチェックすること。
以下は、まだFedora15が正式にリリース前のバージョン。 おそらく現在は、最新のバージョンが出ているはずなので、リンク先を随時確認すること。

32bit
su -c "rpm -ivh http://dl.atrpms.net/all/libdvdcss2-1.2.10-5.fc14_90.i686.rpm"
		
64bit
su -c "rpm -ivh http://dl.atrpms.net/all/libdvdcss2-1.2.10-5.fc14_90.x86_64.rpm"
		

その他のマルチメディア

su -c "yum install easytag audacity streamtuner amarok banshee gtkpod kino k3b "
		
easytag
mp3のid3タグの編集
audacity
音楽ファイルの編集
streamtuer
インターネットラジオの再生
amarok
banshee:音楽ファイル管理ソフト
gtkpod
iPod管理ソフト(Rhythmboxでも管理できるが。)
kino
Video編集ソフト
k3b
CD/DVD/Blue-Ray書き込みソフト

ブラウザ

Chrome

Google Chrome-ブラウザのダウンロード からgoogle chromeをダウンロードします。

32ビット版、64ビット版があり、rpm版を選択し、 パッケージインストーラーが起動するのでそのまま選択し、 あとはひたすら続行でOKです。 インストールしましょう。

Opera

Operaブラウザ|高速で安全|新しいインターネットブラウザを無料でダウンロード をクリックし、 ディストーションとベンダーを選択してください。

[Fedora]を選択し、 [Download Opera]をクリックして、あとは そのまま、インストール、続行、管理者権限のパスワード入力で インストール出来ます。

メールソフト

su -c "yum install thunderbird sylpheed evolution"
		

Twitterクライアント

su -c "yum install pino qwit  purple-microblog gwibber"
		

他のインターネット関係のアプリ

su -c "yum install jd pidgin filezilla xchat-gnome chatzilla"
		
jd
2chブラウザ
pidgin
メッセンジャー
filezilla
FTPクライアント
xchat
gnome:IRCクライアント
chatzilla
Mozilla組織のIRCクライアント

Skype

su -c "yum install skype glibc.i686"
		

google earth

Google Earthからダウンロード。
そのまま、インストール。

ELFエラーが出るので、

su -c "yum install glibc.i686"
		

オフィス関係

su -c "yum install  libreoffice-base vym Zim glabels dates gnucash gnumeric abiword"
		
Libreoffice-base
ベース(MS OfficeのAccess相当)
vym
マインドマップツール
Zim
個人wikiアプリ
glabels
CDラベルや名刺作成ソフト
dates
シンプルなスケジュール管理ソフト
gnucash
家計簿、財務管理ソフト
gnumeric
軽量なスプレッドシートソフト、不完全ではあるがExcel互換
Abiword
軽量なワープロソフト、不完全ではあるがWord互換

日本語関係

su -c "yum install ibus-mozc lv nkf"
		

mozcを有効にするには、一度ログアウト。
右上のキーボードのアイコンを右クリック→[設定]→[インプットメソッド]タブ→
[Customize active input methods]をクリック→[インプットメソッドの選択]→[日本語]→[mozc]のあと、
[追加]を押し、mozcが一番上になるように、[上へ]をクリック。

ibus-mozc
Google日本語入力のLinux版mozcのibus用
lv
lessの日本語表示対応コマンド
nkf
文字コード変換コマンド

エディタ

su -c "yum install vim-enhanced vim-X11 \*emacs\*"
		
vim-enhanced
vi inprovement editor viエディタの改良版
vim-x11
vim のGUIエディタ。いわゆるgVim
emacs
vi/vimと共にLinux/UNIXの有名なエディタ

グラフィクス

su -c "yum install inkscape inkscape-docs dia scribus gimp\* blender"
		

(inkscape-docs以外は、yum groupinstall "Design Suite"でインストールされています。)

inkscape
ベクター形式のお絵かきソフト(イラストレーターの代わり、イラレのファイルを読めるわけではない。
dia
ダイアグラムソフト。たくさんのクリップアートがあり、選んで並べるだけで使える。
gimp
Photoshop相当のアプリケーション。Photoshopのファイルを扱えるわけではない?
blender
3Dモデリングソフト

HTMLエディタ

bluefish、Quanta+

su -c "yum install bluefish kdewebdev"
		 

Kompozer

KompoZer-downloads のLatest develoment versionの[Download!]をクリックして、ダウンロード。
cd ~/.downloads
		tar xvzf kompozer-0.8b3.ja.gcc4.2-i686.tar.gz 
		su -c "mv kompozer /usr/local/"
		su -c "ln -s /usr/local/kompozer/kompozer /usr/local/bin/kompozer"
		
実行は、kompozerとコマンドで。
Gnome-Shellだとアプリの追加は.desktopファイルを手動で書かないとダメかな?

KDEデスクトップ環境

もうひとつのデスクトップ環境KDEを整えましょう。
su -c "yum groupinstall "\"KDE ソフトウェアコンパイル\""
		

ビルド環境

su -c "yum groupinstall 開発ツール"
		su -c "yum groupinstall 開発ライブラリー"
		

automakeなどソースコードをコンパイルするツールが ごっそりインストールされます。 また、cvs、subversion、gitなどのバージョン管理ツールも インストールされます。 よく分からなくても、とにかくインストールしておくべきツールです。

./configure
		make
		su -c "make install"
		
するアプリもインストールできるようになります。

Java コンパイラ

su -c "yum install java-1.6.0-openjdk-devel java-1.6.0-openjdk-demo java-1.6.0-openjdk-javadoc java-1.6.0-openjdk-src"
		

研究関係

su -c "yum install octave maxima maxima-gui  gonvert wxMaxima gresistor g3data qcad xcircuit qucs"
		
octave
MATLAB互換の数値解析ソフトフェア
maxima,maxima-gui,wxMaxima
Lispで記述された数式処理システム
gonvert
単位変換ソフト
gresistor
抵抗カラーチャート
g3data
画像形式のグラフからデータを抽出するソフト。自動ではないが。
qcad
CADソフト
xcircuit
電子回路図ソフト
qucs
電子回路シミュレーター

LaTeX

修正:2011年 5月 23日 月曜日 16:32:51 JST
su -c "yum install texlive* xdvi pdfedit pdfjam gv"
		

あとは、卒論提出間近!?FedoraのtexliveでLaTeX環境を完璧に整える方法。 を見てください。

(現在、psファイルが文字化け、ps2pdfでpdfを作っても当然文字化け。 dvipdfmxでもpdfファイルが作成できない。
ghostscriptが9.02でcidfmap.localを書いても有効にならない。)

Fedora 14のghostscript-8.71を使うとpsファイルの文字化けもps2pdfの文字化けも解消できた。
ただし、evinceで日本語入りのpsファイルを閲覧すると表示できずに落ちる。
代わりにgvを使ってプレビューならOK。

ghostscript-9.02を本家のソースからビルドした場合は、まともに日本語表示できる。
そのため、 Fedora側のパッチが何かバグを作っている可能性あり。
ただし、今度はpsファイルをgsがプレビューを表示しないし、gvでもエラーを吐いてしまって表示できない。そのかわり、ps2pdf後のpdfでの日本語表示は可能。
(追記: 2011年 6月 8日 水曜日 16:27:06 JST

32ビット

su -c "rpm -ivh --force "http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/releases/14/Fedora/i386/os/Packages/ghostscript-8.71-16.fc14.i686.rpm http://ftp.riken.go.jp/Linux/fedora/releases/14/Fedora/i386/os/Packages/ghostscript-cups-8.71-16.fc14.i686.rpm"
		 

64ビット

su -c "rpm -ivh --force http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/14/Fedora/x86_64/os/Packages/ghostscript-8.71-16.fc14.x86_64.rpm http://ftp.riken.jp/Linux/fedora/releases/14/Fedora/x86_64/os/Packages/ghostscript-cups-8.71-16.fc14.x86_64.rpm"
		 

dvipdfmxも dvipdfmx test.dviすると、

* ERROR ** Could not find encoding file "H".
		 

と言われてうまくいかない。
/usr/share/texmf/web2c/texmf.cnfを

su -c "vi /usr/share/texmf/web2c/texmf.cnf"
		 CMAPFONTS = .;$TEXMF/fonts/cmap//;/usr/share/ghostscript/9.02/Resource/CMap//;/usr/share/ghostscript/8.71/Resource/CMap//
		 

としておくと、OK。
(著者、覚書用:sedでサクッと変更できるようにしておきたいところ。)

参考:dvipdfmx Could not find encoding file "H" ファイルが見つからない
ghostscript-8.71にしておけば、問題ない。(かったはず。)

Rhythmboxの文字化け対策

Fedora (Core) にはミュージックプレーヤーにrhythmboxがインストールされています。
itunesのように音楽リストが歌手別、アルバム別などで管理できます。

しかし、標準の設定ではWindowsで作成した音楽ファイルもしくは、
CDのタグがShift-JISだと、以下のように文字化けすることがあるます。

その文字化け対策の方法を解説します。

(mp3のタグid3タグv2はUTF-8が標準になって逝ってるはずなので、 easytagで変換してもいいカモ)

音楽ファイルのインポート

まずは、音楽ファイルのインポートをしてライブラリを作成します。
ライブラリが作成できている場合は、
ライブラリの変換の項を読んでライブラリの文字化けを解決して下さい。

フォルダのインポート

PC内に音楽ファイルがあるライブラリを作成するためには、
[演奏]→[フォルダのインポート]をクリックし、
音楽ファイルのあるディレクトリを選択し、[開く]をクリックします。

選択したフォルダ(ディレクトリ)以外に音楽ファイルを収録しているフォルダがあれば、
同じ作業をして、続けて音楽ファイルのインポートをします。

CDのインポート

CDからライブラリを作成するには、
[演奏]→[音楽CDのインポート...]をクリックします。

フォルダのインポートと同様に複数枚音楽CDがあるならば、
同じ作業をして、続けて音楽ファイルのインポートをします。

ライブラリの変換

全てのライブラリがインポートできたら、
ライブラリの変換を行います。

ライブラリのバックアップ

~/.local/share/rhythmbox/rhythmdb.xmlにXMLで作成されています。
Fedora 12 13 14では~/.local/share/rhythmbox/rhythmdb.xmlにあります。

まずは、このライブラリを壊してしまわないように
~/.local/share/rhythmbox/以下と~/以下にバックアップをとっておきます。

 cd ~/.gnome2/rhythmbox
		 cp rhythmdb.xml rhythmdb.orig
		 cp rhythmdb.xml ~/
		 

変換スクリプト

そして、エディタで次のコードをファイル名 ~/bin/convert_rhythmdb.plとして、保存します。

#! /usr/bin/perl
# rhythmbox変換スクリプト

use Encode; #エンコード用のperlライブラリ?

while (<>)
{
# の行だけ変換
       if (//)
	{
# Shift_JISの文字参照をバイナリに戻す
		s/\&\#x([0-9A-Fa-f]{2});/pack 'C', hex($1)/ge;
# UTF-8に変換
		$artist_utf = decode('Shift_JIS', $_);
		print $artist_utf;	
	}

#<title>の行だけ変換
	elsif (/title/)
	{
		s/\&\#x([0-9A-Fa-f]{2});/pack 'C', hex($1)/ge;
		$title_utf = decode('Shift_JIS', $_);
		print $title_utf;	
	}

# の行だけ変換
	elsif (/genre/)
	{
		s/\&\#x([0-9A-Fa-f]{2});/pack 'C', hex($1)/ge;
		$genre_utf = decode('Shift_JIS', $_);
		print $genre_utf;	
	}

# の行だけ変換
	elsif (/album/)
	{
		s/\&\#x([0-9A-Fa-f]{2});/pack 'C', hex($1)/ge;
		$album_utf = decode('Shift_JIS', $_);
		print $album_utf;	
	}

#他の行は変換せずに表示

	else
	{
		print;
	}
}

ライブラリの変換

上のコードを保存したら、
実際にライブラリを変換します。

$ chmod +x ~/bin/convert_rhythmdb.pl
cd ~/.gnome2/rhythmbox
convert_rhythmdb.pl < rhythmdb.xml.orig > rhythmdb.xml

とします。

これで、rhythmboxを起動してください。
図のように、ライブラリの日本語が文字化けせずに表示されます。

Linux上でCDをインポートした場合は、文字化しないはず。

ただし、ライブラリを新たに追加したら、
また、ライブラリの変換をし直してください。

ですので、Linux上とWindow上とでインポートしたファイルがある場合、
まずフォルダを別けて、Win上でインポートしたファイルをライブラリに追加し、
上の変換スクリプトで変換してから、Linuxでインポートした音楽ファイルを追加してください。

もちろん、新しくWinの音楽ファイルをインポートした場合は、再度ライブラリを削除、
Win用をインポート、変換、Linux用をインポートでしてください。

あとがき

以上で私が使う、もしくはインストールノートでWeb検索したサイトを網羅した内容をまとめました。
他にもおすすめのアプリケーションがあったら教えてください。

参考


Fedora11スタートアップバイブル
新Linux/UNIX入門
The Perfect Desktop - Fedora 14 i686 (GNOME) -HowtoForge-
hydeさんのFedora 14 Linux インストールノート
TMCosmos: Fedora 10インストール個人的ノート
Fedora13でも有効!? Fedora 7 インストールノート install notes 公開!!
Setting up the perfect Fedora 15 / Gnome 3 desktop PC - Linux Today