ブログネタ
Linux Tips に参加中!

前置き

仮想化がずいぶん注目されるようになりました。 ですが、Fedora及びRedHatKVMへシフトするようになってしまいました。 最新のPCをお持ちの方ですとKVMの導入は手軽で高速な仮想化環境を整えることができるでしょう。 しかし、KVMはCUPの仮想化支援機構が必要で私のような化石PCでは 扱えません。 そんなお古なPCでも仮想化できるソフトウェアがXenです。 準仮想化モードで動作できます。 ただし、Fedora 14では正式にはXenに対応していません。 ですが、myoungさんのカーネルを使ってXenDom0カーネルの有効化に成功したのでお知らせします。 Fedora 14の仮想化XenのDom0カーネルの有効化、 Xen 4.0.1のインストール方法を紹介します。

CPUの確認

まずは、CPUの確認をします。 Xenの準仮想化に対応しているかどうかは
$ grep pae /proc/cpuinfo
paeを含んだ行が含まれている行が 表示されれば、Xenの準仮想化に対応しています。 また、Intel製CPUの場合、
$ grep vmx /proc/cpuinfo
の実行結果が AMD製CPUの場合、
$ grep svm /proc/cpuinfo
の実行結果が表示されればXenの完全仮想化に対応している CPUかどうかが分かります。

仮想化のグループインストール

まずは、一気に仮想化ソフトウェアをインストールします。 本当はKVM環境も一緒にインストールされるのですが、 Xenでも利用するvirt-managervirt-installvirt-viewerを インストールするためです。
su
(パスワード入力)
yum groupinstall 仮想化

Xenのインストール

Xen-4.0.1のインストールです。 Fedora 14では公式パッケージを使ってインストールできます。
yum install xen

Dom0カーネル

Fedora 14でのXenを使用するための鬼門、 Dom0カーネルのインストール、設定を紹介します。

Dom0カーネルのインストール

公式パッケージには含まれていないのですが、 xenをインストールした時に一緒に/etc/yum.repo.d/dom0-kernel.repo というリポジトリがインストールされます。 このリポジトリを利用してインストールします。 ただし、少しコツが必要で以下のように--disablrepo でfedora公式のリポジトリを無効にし、--enablerepodom0-kernel のリポジトリを有効にしてからカーネルをインストールします。

32 bitの場合

yum --disablerepo=fedora,updates --enablerepo=dom0-kernel \
install kernel-PAE

64 bitの場合

yum --disablerepo=fedora,updates --enablerepo=dom0-kernel \
install kernel

grub.confの設定

次にgrub.confの設定を追加します。 インストールしたカーネル(*-xendom0の行)の項目4行を コピーし、貼り付けます。(貼りつけ場所に注意!!) titleをFedoraから始まる行にXenをtitle(半角スペース) の後に追加します。 そして、titleの下に
kernel /xen.gz
として、もともとkernelと書かれている箇所をmodulekernelと書かれていた行の一番後ろにnomodesetを加えます。 initdと書かれている箇所もmoduleとします。 Fedoraをインストールしたときに パーティションのレイアウトを変更していない場合は 以下のように設定します。
title Xen Fedora (2.6.32.26-174.2.xendom0.fc12.i686.PAE)
	root (hd0,1)
	kernel /xen.gz
	module /vmlinuz-2.6.32.26-174.2.xendom0.fc12.i686.PAE ro \
root=/dev/mapper/VolGroup-lv_root rd_LVM_LV=VolGroup/lv_root rd_LVM_LV=VolGroup/lv_swap \
rd_NO_LUKS rd_NO_MD rd_NO_DM LANG=ja_JP.UTF-8 KEYBOARDTYPE=pc \
KEYTABLE=jp106 rhgb quiet nomodeset
	module /initramfs-2.6.32.26-174.2.xendom0.fc12.i686.PAE.img

SELinux

SELinuxdisableにします。 [システム]→[管理]→[SELinux Management] を起動し、写真の赤い線の場所をクリックしてSELinuxdisableにします。 xen-selinux-on
xen-selinux-off

再起動

再起動し、Xen Fedoraと表示されているカーネルで起動します。

仮想マシンマネージャー

[アプリケーション]→[システム]→[仮想マシンマネージャー] を開き、 Domain-0が表示されていれば、 Fedora14でのXenのDom0カーネルの有効化が成功です。 DomUのインストール方法はまた別途紹介します。 参考文献: [Fedora-xen] Fedora 12 Xen guests (domU) and hosts (dom0) [Fedora-xen] [fedora-virt] Fedora 12 Xen guests (domU) and hosts (dom0) / grub.conf example Fedora 12に Xen 4.0をインストールする Features/XenPvopsDom0 - Fedora Project Setup Fedora 11 PV DomU at Xen 3.4.1 Dom0 (kernel 2.6.31-rc3) on top of Fedora 11 Xen徹底入門 第2版 (CD-ROM付) すべてわかる仮想化大全2011 (日経BPムック)