ブログネタ
インストール に参加中!
Xen Hypervisor Source
* Blktap2 - High performance VHD implementation supporting snaphots and clonces including live snapshots
* Netchannel2 - Support for new Smart NICs with multi-queue and SR-IOV functionality
* Fault Tolerance - Live transactional synchronization of VM state between physical servers
* Libxenlight - New library providing higher-level control of Xen between various toolstacks
* PV-USB and VGA Pass-through
* Xen 4.0 Release Notes


仮想化は私の夢であり仕事にしたいシステムです。
仮想化システムはKVM(-qemu),Xen,virtual-box,VMware,hyper-V
と切磋琢磨して良いシステムにしている高機能な
クラウドようシステムです。
Linux上からWindowsを動かすことも加納です。
そのため、ウェブデザイナーが色んな環境で気軽にテストできる
とても大切な技術です。

私はmixiの友人からこの仮想化のうちXenを進められていらい、
Xenシステムの構築のノウハウを少しずつですが、
固めている所です。

もし、Xenがうまく使えない、
また、そもそもXen以前にLinuxが使えないという方向けにこのブログを更新していくつもりなので、
ぜひ、ブクマかはてブで登録もしくはコメント、つぶやきを私にしていただけると幸です。

さて、今回リリースされた新しいXenの特徴は
USBとVGAがパススルー機能が付き、
仮想化で実現が難しかったハードウェアとの
連携が難しかった点が改善されているという点が非常に
優秀な機能と言えるでしょう。
xen用のLinuxカーネルが2.6.32と新しくなっているので、
デバイスドライバの対応がよくなっていると思われます。

私としては、
Xen用Linuxカーネルが最新のLinuxカーネルにサポートされるといいなあと思っています。

そう思う理由は、この不景気な時代、ハードウェアが低スペックでも準仮想化を使うことで仮想化できる点がKVMよりXenの方が気に入っているためです。

念のため、FacebookのLinusにコメントを入れてみたけど、
あんまりFacebookの記事を更新してないから、
いつ見てもらえるか分からないところが悩みの種。
みんなでLinuxに頼んで、LinuxカーネルにXenがサポートされるように
願いを叶えてもらおう!!


見てもらえたのか、カーネル2.6.37からCONFIG_XEN_DOM0が含まれるようになりました。make menuconfigのメモリを64GBにして、PAEを有効にすると、parvirtuzation guest supportをONにします。残念ながら筆者が試したところ起動しませんでしたが、メーリングリストで活発に議論されているようです。