やっと、Fedora 11をLiveCDからインストールしました。

Destop


というか、LiveCDでインストールの途中まで進めて、
どんなパッケージがインストールされるか見てみようとおもったら、
あっさり、
クリーンインストールされてしまいました。

もちろん、/home/以下のバックアップ、
/etc以下のバックアップ、
追加した、アプリケーションのリストのログを取ってあるので、
問題はありませんが…


インストールしたメディアがLiveCDなためか、
オフィス関係が、
OpenOfficeどころか、
AbiWordだけで、gnumericさえインストールされていませんでした。
もちろん、ブラウザはFirefox 3.5 RC2はちゃんと
インストールされていましたが…

これじゃあ、家計簿(といってもうつ病で働いてないので、
ほとんどお金使ってないけど^^)、
うつ病健康状態表がPCに書けないがな…。
地道にVimで使った金額や症状だけでも書けばいいですが^^

LiveCDを使ったインストールをしただけの状態ですが、
起動時間高速化軽量化が施されていました。

ちなみに、私はNINJAツールズのアクセス解析を
使っているのですが(一つのアカウントで、複数のホームページ
ブログblogアクセス解析カウンターが使用でき、しかも無料でお勧めです。)ndiswrapperについての検索から私のブログに
こられている方が多いようです。

Fedora 7のときに、試した結果ですが、
ndiswrapperを最新のバージョンにすると、
Fedora 6のときのカーネルではなく、
Fedora 7のときのカーネルでも動作したので、
最新のFedora、Fedora 11 でも最新のndiswrapperを使用すれば、
お使いの無線LANカードが動作するかもしれません。
みなさん、お試しあれ。


インストール方法は、左のフレームの上のほうのブログ内google検索でキーワードndiswrapperを辿って下さい。
可能な限り詳しく書いています。
といっても、繰り返しますが、
わたしはFedora 11では、まだ試していません。
成功した、もしくはうまくいかないという場合には、
コメント下さい。

できる限りのアドバイスを致したいと思います。



現在、双極性感情障害躁うつ病の方が出ていて、
担当の医師から熱中しすぎて後で異常に体調が悪くなってしまうのでり、
PCをしないようにと言われています。
ですので、アプリケーションの追加をせず、
ネットを見るのと、ちょっとネット見るとか、
一日に一時間ぐらいでPCを使うのをやめるようなスタンスを
とっています。
なので、マターリとblogを書く程度にしています。

それと、またの機会ですが、
Fedoraのインストール直後にバックアップbackup、ログlogを取っておくべき場所が
あるので、
その手順をアップしたいと思います。
次回はその手順を記事にしたいと思います。





とりあえず、バックアップをまだお済みでない方は…
BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2
BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 1.0TB HD-CN1.0TU2
クチコミを見る


BUFFALO TurboUSB/耐衝撃/巻きピタケーブル収納 USB2.0用 ポータブルHDD 320GB ブラック HD-PF320U2-BK
BUFFALO TurboUSB/耐衝撃/巻きピタケーブル収納 USB2.0用 ポータブルHDD 320GB ブラック HD-PF320U2-BK
クチコミを見る


WESTERN DIGITAL 2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 320GB 8MB WD3200BEVT
WESTERN DIGITAL 2.5インチ内蔵HDD Serial-ATA 5400rpm 320GB 8MB WD3200BEVT
クチコミを見る


WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 1TB IntelliSeek 32MB SATA 3.5inch(GP333) WD10EADS
WESTERN DIGITAL 3.5インチ内蔵HDD 1TB IntelliSeek 32MB SATA 3.5inch(GP333) WD10EADS
クチコミを見る