うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

Dropboxのインストール on Fedora

ブログネタ
Linuxに関する運用 に参加中!


さて、Fedora18へアップグレードする前にバックアップをしましょうと書きましたが、
データ容量が数GB程度の方だとオンラインストレージを使うのが簡単です。

特に、DropboxはLinuxというかFedora用にもクライアントソフトが用意されていて、
ファイルマネージャーのDropboxディレクトリにコピペするだけで良いという優れものです。

もう、インストールしているという方も多いかもしれませんが念の為、
インストール方法を紹介したいと思います。



登録



なにはともわれ、Dropboxの公式サイトへ。

アプリケーションのインストールの前に、Dropboxのオンラインストレージ用のアカウントを作成します。

下図のように、氏名、メールアドレス、パスワードを入力して、登録。

dropbox-submmit_ed


登録出来たら、登録したメールアドレス宛に認証用のメールが来るので、リンクをクリックして
認証します。
(スクリーンショット忘れた(^^)

これで、とりあえず、アカウントの登録は完了したはずです。



Dropboxのインストール




登録が済んだら、ダウンロードをクリックします。

dropbox01-download


次に、ディストリビューションを選びます。
Fedoraを使っている方は、Fedoraを。
また、32 bit版か64 bit版かを選択します。

分からない場合は、



arch


と打って



x86_64


と返ってくるなら64 bit版。



i686


と返ってくるなら32 bit版です。




ディストリビューションとアーキテクチャを選んだら、
下図のようにダイアログが出ますので、プログラムで開く:ソフトウェアインストーラーを選んで[OK]をクリックします。

dropbox03-open-installer


下図のようにこのファイルをインストールしますか?と表示されるので、
[インストール]をクリック。

dropbox04-install-ok


しばらく放っておくと、完了します。



システムの再起動




システムを再起動します。



Dropboxの起動、設定



再起動したら、Dropboxを起動します。
Dropboxのディレクトリの場所を訊かれるので、お好みの場所を選択しましょう。
(あとで変更可能です。ディレクトリの容量がDropboxの空き容量内に収まることを確認しましょう。)



ファイルの追加



Dropboxの設定で選択したディレクトリに、ファイルマネージャーでコピペするだけです。
簡単ですね!!

Enjoy Dropbox

Windowsでも、Linuxでも、スマフォでもファイルを共有できます!!
素敵(^^ゞ



容量の拡張



デフォルトでも2 GBだったかな?の容量を使えますが、拡張することが出来ます。
お金を払えば大きく拡張できますが、無料でも2GB+招待で容量を増やせます。
詳しいことは、Dropboxの容量の拡大方法。を読んでくださいな♪

Fedoraのネットワークカードのデバイス名をeth0に戻す方法。


Fedoraの15ぐらいからネットワークカードのデバイス名が変更されていました。
ifconfigしてみると分かりますが、

em0やp5p1等となっています。

私の環境だと




ifconfig

p5p1: flags=4163 mtu 1500
inet 192.168.1.11 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255
inet6 fe80::225:22ff:fea0:9f67 prefixlen 64 scopeid 0x20
ether XX:XX:XX:XX:XX:XX txqueuelen 1000 (Ethernet)
RX packets 1556629 bytes 763755804 (728.3 MiB)
RX errors 0 dropped 0 overruns 0 frame 0
TX packets 1788965 bytes 946806952 (902.9 MiB)
TX errors 0 dropped 0 overruns 0 carrier 0 collisions 0


となっています。
(ネットワークカードのMACアドレスは、XXにして隠しています。)

これをeth0に戻す方法がリリースノートに載ってました。




3. Fedora の変更点 - デスクトップユーザー向け

一貫性のあるネットワークデバイス名
Fedora 18 では引き続き以前のリリースでも実装されていた biosdevname というネットワークデバイス名の命名規則が適用されます。サーバーのマザーボード上の内蔵 Ethernet は emport_number。PCI カード上の Ethernet ポートは pslot_numberpport_number のように筐体のラベルと同じような順序で命名されます。この機能を無効にしたい場合には、カーネルオプションで biosdevname=0 と指定することで無効にできます。その場合、昔から使われている ethX という名前になります

とあります。


たぶん、/etc/grub.d/以下を弄るという正しい方法があるはずなんですが、分かりません(´・ω・`)


コメントでsawaさまからアドバイスがありました。



カーネルに与えるパラメーターは、/etc/default/grub の
GRUB_CMDLINE_LINUX」で設定できます。

GRUB_CMDLINE_LINUX="biosdevname=0"
と書いて
grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cf



ということだそうなので、


sudo vim /etc/default/grub


と設定ファイルを開き

GRUB_CMDLINE_LINUXの行末の”を削除し、
biosdevname=0”を追記します。

設定例(環境によって異なるのでそのままコピペしないように。



GRUB_CMDLINE_LINUX="SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet biosdevname=0"



そして、以下を実行してgrubの設定を反映させます。

sudo grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cf


これであとは再起動すればOKなはずです。




というわけなんで、/etc/grub2.cfgのvmlinuzの行末に biosdevname=0とすればいいと思います。





sudo grep vmlinuz /etc/grub2.cfg

linux /vmlinuz-3.7.4-204.fc18.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet
linux /vmlinuz-3.7.3-101.fc17.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet
linux /vmlinuz-3.7.3-101.fc17.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet
linux /vmlinuz-3.7.3-101.fc17.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro single SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet
linux /vmlinuz-3.6.11-1.fc17.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet
linux /vmlinuz-3.6.11-1.fc17.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro single SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet



なので、今使っているカーネルのバージョンを




uname -r
3.7.4-204.fc18.x86_64



と確認して、/etc/grub2.cfgのvmlinuzの行末にbiosdevname=0を追加しましょう。

例としては、こんな感じ。カーネルオプションはインストールした環境によって異なるので、
以下をコピペとかはしないように…




linux /vmlinuz-3.7.4-204.fc18.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet



の行末に、以下のように




linux /vmlinuz-3.7.4-204.fc18.x86_64 root=UUID=4fd12a36-b675-4300-b991-b2b7b5c8ac0c ro SYSFONT=False rd.lvm=0 rd.dm=0 rd.md=0 rd.luks=0 LANG=ja_JP.UTF-8 KEYTABLE=jp106 rhgb quiet biosdevname=0



と変更します。

ただし、/etc/grub2.cfgを直接弄ると、起動しなくなる可能性もありますしので慎重に…
また、カーネルがアップデートされたら同じ作業をする必要があります。

たぶん、/etc/grub.d/以下を弄るという正しい方法があるはずなんですが、分かりません(´・ω・`)


gsettingsを使ってGnome-Shellで日付を表示させる方法。

Fedoraに採用されたGnome-Shellでは、時間と曜日は表示されますが日付が表示されません。
不便…

というわけで、日付を表示させましょう。
gnome-tweak-toolsをインストールして設定する方法がありますが、
コマンドgsettingsを使って設定してみましょう。

gsettings set org.gnome.desktop.interface clock-show-date true

とするだけです。

うまく表示されましたか?

その他にもgsettingsコマンドはカスタマイズ出来ます。

gsettings list-recursively

とすると、設定できる一覧が表示されます。

憩いの場さんは、このコマンドを利用して
[Fedora 18] GNOME Shellのステータスメニューにログアウトの項目が無い Fedora
Gnome-Shellのスタートメニューにログアウトを表示させてますね♪
(以下のコマンドを実行するとログアウトするので、アプリケーションなどはデータを保存して閉じましょう。)

gsettings set org.gnome.shell always-show-log-out true
gnome-session-quit

【解決済み】Fedora18のVNC(Tigervnce)にログインすると、あれっ!何かがおかしいです。問題が発生して、システムの復旧ができません。ログアウトして再度試してください。

Fedora 18にアップグレードすると、下の図のようにVNC接続するとログイン出来なくなりました。
どうもGnome-Shellのアップグレードにtigervnc-serverが追いついていない様子。

vncserver-cannot-login

FedoraのVNCアプリケーションであるtigervnc-serverのアップデートが来たけど解決せずだったので、
解決方法を載せておきます。

VNCサーバーの設定

まずは、VNCサーバーの設定をしていない方は、今までお作法が違う!!Systemdを使ったVNCでGUIなリモート操作!! on Fedora 16 17 18を参照して設定を。

VNCサーバーから設定

VNCクライアント側から設定する方法があるけども、
VNCサーバー側を弄るほうが楽だったりします。

解決方法は、

  1. 【システム設定】→【詳細】→【グラフィック】→【強制フォールバックモード】→【オン】
  2. システム再起動。

の流れ。

フォールバックモードの図は、下図の通り。

vnc-fallback-mode


VNCクライアント側から設定

VNCクライアントから設定する場合は、以下の手順。
詳しい事は書かないけど。

  1. sshでログイン
  2. sudo yum install fluxboxなどしてGnome以外のデスクトップ環境、もしくはウィンドウマネージャーをインストール
  3. ~/.vnc/xstartupを~/.vnc/xstatup.bakにリネームして、新規で~/.vnc/xstartupを作り、gnome-terminal &; fluxbox &だけ記述。
  4. sudo systemctl restart vncserver@\:1.serviceを実行して、VNCサーバーを再起動。
  5. クライアント側からVNC接続。
  6. gnome-termianl端末でgnome-control-centerとコマンドを打って、フォールバックモードに切り替え。
  7. ~/.vnc/xstatup.bakを~/.vnc/xstatupに戻す。
  8. sudo systemctl restart vncserver@\:1.serviceを実行して、再度VNCサーバーを再起動。
  9. ログイン出来る!!

な流れ。

正直面倒なので、鯖側でゴニョゴニョした方が楽だと思う。
分からんという方は、tigervnc-serverがアップデートされるのを待つのが一番かと(*´∀`*)

やっぱり、Fedoraは人柱かしら?

fedupを使ったFedora18へのアップグレード方法。

準備

アップグレードする前に、ちょっと準備しましょう。
準備することは、

  • バックアップ
  • パッケージのアップデート。(アップグレードじゃなくて。)

の2つ。特にバックアップ大事。 バックアップ方法はまた追って書きますが、とりあえずは、/homeと/etcと/varと自分で作成したディレクトリをバックアップしておけば良いと思います。

バックアップ方法

執筆者メモ:あとで書いてリンク貼る。

パッケージのアップデート

Fedora18へのアップグレードをする前に、Fedora17のパッケージを全部アップデートしておきます。 アップグレード時に、rpmやyumやperlやpythonなどなどアップグレード時に使っていると思われるので。

sudo yum clean all
sudo yum update

fedupのインストール

Fedoraのアップグレードツール、fedupをインストールします。

yum install fedup

fedupの実行

fedupコマンドを使ってアップグレードをします。
fedupコマンドを使ったFedora18へのアップグレード方法は、

  • ネットワークインストール
  • ISOイメージ
  • DVDやUSBメモリや外付けHDD

の3つの方法がありますが、おそらくインターネットに繋げていない方はいないでしょうから、 ここではネットワークインストールを紹介します。

ネットワークインストール

fedupコマンドをインターネット越しにインターネットするには、以下のコマンドを打つだけです。 よくわからないかたは、コピペで実行しましょう。 (自分のアカウントのパスワードを問われます。)

sudo yum clean all
sudo fedup-cli --network 18 --debuglog ~/fedupdebug.log

下の図のようにずらずらとリポジトリのデータベースを取得し、パッケージがダウンロードされます。
しばらくかかるので、コーヒーでも飲んでのんびりしましょう。
私は、ずらずらとパッケージ名が並ぶのを眺めるのが好きだったりしますが(^^ゞ


fedup01

fedup02

再起動

しばらく放っておいて、下の図のように

Finished. Reboot to start upgarade.

と表示されたら、再起動しましょう。

アップグレード中…

再起動したら、下図のような画面が表示されます。これまた、しばらく放っておきます。
私の環境で大体3時間ぐらい掛かりました。
(参考リンクでは[ESC]キーを押すと進捗状況が見れるよと書いてありましたが、一晩放っておいてもアップグレードが終わっていませんでした。触らずに待っていましょう。)

アップグレード後

放っておくと下図のようにログイン画面が出ます。

07

マウスで上にドラッグして、

22

な画面になったらログインしてFedora 18を楽しみましょう!!

ちょっと、修正

さらっと触った限りでは、

  1. 壁紙がF17のまま
  2. empathy(右上のシステム設定→オンラインアカウント)の認証が切れてる。
  3. 日本語入力時に一々、[ja]をクリックして[日本語(Mozc)]に切り替えてそれから[半角/全角]キーを押す。

という現象がありましたが、それぞれ、

  1. [システム設定]→[背景]で壁紙を選択し直し。(ログインし直すと壁紙がグチャグチャの時があるので、その場合はまた選択。)
  2. 一度アカウントの設定を削除。アカウント名、パスワードを入力しなおし。
  3. [システム設定]→[地域と言語]→[入力ソース]→[日本語]を選択して[ー]をクリックして[日本語]を削除。

    f18-ibus01_ed

という方法で解決出来ます。

感想

私のところでは全くもって安定して動いています。デスクトップ用途ですけども。
色々なバグフィックスをしたのか寒いからなのかわからないけど、 PCが静か。

/.の記事で書かれていたバグだらけで使えないというのが分からない…
ただし、Gnome-Shellの上のステータスバーがアイコンではなくオレンジの■なものに置き換わってることがある。再起動すれば直るけど。


いい加減、この本ホスィ。

Dropboxの容量の拡大方法。

容量の追加 - Dropbox

から、Dropboxの容量の拡大が無料で出来ます。

  • お友達に紹介する 一人につき500 MB 合計16 GB
  • Dropbox スタートガイドを見る 250 MB
  • カメラアップロードをスマホからする 500 MB
  • Facebook アカウントに接続する 125 MB
  • Twitter アカウントに接続する 125 MB
  • Twitter でDropboxをフォローする 125 MB
  • Twitter でDropboxについてツイートする 125 MB
  • Dropboxを気に入った理由についてツイートする 125 MB

このうち、お友達に紹介する以外は自分一人で容量が増やせます。
合計でなんと、約1.8 GB!!

Dropbox-adding-disk-space



そして、お友達を招待すると一人につき500 MBです!!
招待された方も500 MB増加だったかな?

招待してほしい方は、こちら から!!



Dropbox Perfect GuideBook
Dropbox Perfect GuideBook

Linuxのバックアップの方法。

バックアップ方法

バックアップの方法を紹介します。とても簡易な方法。 以下の方法があると思う。

バックアップメディアの準備

バックアップメディアの準備をしましょう。

データが数十GB以上である場合は、外付けHDDがいいと思われる。 データの容量の計算をしながらバックアップ作業をするのが苦でなければ、DVDやCDメディアへのバックアップでも良いかな。

バックアップ対象のデータ容量が数GBであれば、オンラインストレージのSkydriveやDropboxを使うのが楽だと思います。

外付けHDDの準備

一番簡単な方法は外付けHDDを買ってくること。 一台持っていても、Windows用のデータを保存しているものとは別にしておいた方が管理が楽。 ただし、Windowsとデータを共有したいものもあると思われるので、パーティション分けでWindows領域を作っておくと良いと思う。

オンラインストレージの場合

Dropbox

Skydrive

/home、個人データのバックアップ

USBメモリや外付けHDD、光学メディアを挿入してください。 空き容量に注意!!

バックアップする方法として、

ファイルマネージャーを開き、表示→隠しファイルを表示するを選択し、 隠しファイルを表示させます。

[Ctrl]+a(Ctrlキーとaを同時押し)すべてのファイルを選択し、コピーを選びます。

コピー先のUSBメモリ、ドライブを左のツリーを選択し貼り付けます。(容量によっては時間がかかります。触らずに他のことでもしてましょう!)

その他、他のユーザーファイルや自分で保存した違うディレクトリ(フォルダ)があれば、同様の手順でバックアップします。

/etc設定ファイルのバックアップ

データをバックアップする先を/run/media/$USER/disk/とします。diskのところは、ls /rum/media/$USERを実行して、リストアップされたものに置き換えてください。

su -c "cp -av /etc /run/media/$USER/disk/"

rpmのリスト

インストールしてあるパッケージのリストを取得して、Fedoraの新しいバージョンでもアプリケーションをインストールしてしまえるようにしておきます。

rpm -qa %{NAME} |sort|tee f17-rpm.log
cp f17-rpm.log /run/media/$USER/disk/

Fedora18 Spherical Cow へアップグレード成功!!

とりあえず、Fedora18へアップグレード成功しました。
私はいつもクリーンインストールにしてましたが、アプリケーションを入れなおしたり設定しなおしたりが面倒くさくなったのでアップグレードしてみました。

とりあえず、スクリーンショットを。

fedora18_ss

詳しいアップグレード手順はまた追って記事にしますが、
基本的には

sudo yum clean all
sudo yum update
sudo yum install fedup
sudo fedup-cli --network 18 --debuglog ~/fedupdebug.log

して再起動。 気長に待つ。 で、完了しますです。

ちょっと弄った感じだと、日本語入力をするためには画面右上のステータスバーのjaのところをクリックして、日本語(Mozc)を選択してから[半角/全角]キーを押さないといけないのが面倒…

あと、カーネルを含む幾つかのパッケージがF17のままだったりします。F18の方がバージョンが低いのでそのうちアップデートが来たら切り替わるんでしょうけど。

そして、rpmfusionのパッケージ名が変わったのかgstreamerのパッケージのインストールを促されました。これは、アップグレード組の方は、インストール-> 自分のパスワードを入力して実行で完了します。

以上、簡単ですがアップグレード成功報告とします。

買う予定…

日経 Linux (リナックス) 2013年 02月号 [雑誌]
日経 Linux (リナックス) 2013年 02月号 [雑誌]

選択されたパーティションはGPTのパーティションの形式ではありません。が出てWindows 8がインストール出来ない!!

HDD全体をFedoraのパーティションにしてました。

で、Fedora 18が出たので、
Fedoraのパーティションをgpartedで縮めて、Windows8RPをインストールしようと思ったけど、インストールにこける。

インストーラに
HDDドライブのパーティション形式がGPTじゃないからインストール出来ないといわれた。

以下の写真がエラーの様子。

画像1


調べたら、GPTにするにはどうもHDDのパーティションを全て区切り直ししないとダメみたい。(.たぶん。

GPTって、MBRの後継だから当然といえば当然。

とにかく、Windowsをインストールして、Fedoraインストールしてアプリケーションや設定などを一からしないといけないので、

インストール作業は
ちょっと落ち着いてから。

残念…

それにしても、Fedora 17の標準インストールでGPTかMBRか選ぶようにしといて欲しい。

(マザボかEFI、HDDがGPT対応している必要もあり。HDDが2TB以上のものなら対応してるはず。

Microsoft Windows 8 Pro (DSP版)  64bit 日本語
Microsoft Windows 8 Pro (DSP版) 64bit 日本語

Fedoraのアップグレード方法。F16,F17,F18対応版

以下、実際に試していない状態で手順を書きます。
失敗しても責任はもちませんので、ご注意を。

アップグレードする際、アップグレードに失敗する可能性もあるので、バックアップと Fedora 18のインストールディスクもしくは、USBメモリを用意しておきましょう。

DVDイメージであれば、アップグレードも出来ます。

また、Windowsや他のOSとのデュアルブート、マルチブートしていれば、これらのデータもバックアップを。 (USBメモリは、バックアップするメモリとは別で用意すること。

続きを読む
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
コンピューター オススメ
Linuxオススメ本
コマンド本
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ