うつ病双極性感情障害を抱えたけんけんFedoraFreeBSD勉強日記。
Linux/Unixデスクトップ用途として使う秘訣お教えします。
 since 2006年2月16日(木)

[解決済み]AMD Ryzen 2400G でGNOMEロック画面が真っ黒オフにならない

※GNOME 3.34.3アップデートにより解決したっぽい?(2020年1月11日(土))唯一の情報の出処のPhoronixの記事には明示的には書いてないですが…

久々の投稿になります。
PCの環境をリプレースして
CPU: Ryzen 2400G
マザボ: ASRock B450M Steel Legend
グラボ: Ryzen 2400G Radeon Vega 11(APU)

でご機嫌にLinuxライフしています。概ね調子よく動いてるのですが一つ困ったことが。
それは、GNOMEのロック画面が真っ黒になるけど16秒ほどですぐにロック画面の壁紙に。つまり真っ黒画面から明るくなっちゃうのです。Abrtに大量にカーネルバックトレースが来ていて?しかもjournalctlのログ見たら16秒ごとに同じ内容のエラーが出てるし、この通知が来ることによって明るくなっている模様…
※スリープはする



PCと同じ部屋で寝てないですが、画面が明るくなったりしてかなりうっとおしい。

どうもマルチメディアというかデュアルディスプレイにしていると起こるようで、電源切ってからシングルディスプレイにしてる場合はロック画面での明るくなることはないっぽい。3分ほどしかみてないのですが、16秒ごとに起きてはないので問題ないのではないかと。

まあ、使わないときはディスプレイの電源は切っておけばいいものだし放っておけばいいのでしょうが。あとは、Abrtパッケージを削除とか?多分、ごっそりGNOME環境を道連れにされるのでしないほうが良いでしょう。というわけで対策求む…

以下、journalctlメッセージ


 ------------[ cut here ]------------
 1月 03 19:00:06  kernel: WARNING: CPU: 2 PID: 441 at drivers/gpu/drm/amd/amdgpu/../display/dc/calcs/dcn_calcs.c:1464 dcn_bw_update>
 1月 03 19:00:06  kernel: Modules linked in: fjes(-) amdgpu(+) amd_iommu_v2 gpu_sched i2c_algo_bit ttm drm_kms_helper uas nvme drm >
 1月 03 19:00:06  kernel: CPU: 2 PID: 441 Comm: systemd-udevd Not tainted 5.4.7-Ryzen5-rpm #1
 1月 03 19:00:06  kernel: Hardware name: To Be Filled By O.E.M. To Be Filled By O.E.M./B450M Steel Legend, BIOS P2.90 11/27/2019
 1月 03 19:00:06  kernel: RIP: 0010:dcn_bw_update_from_pplib+0xaa/0x2f0 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel: Code: 0c 24 85 c9 74 24 8d 71 ff 48 8d 44 24 04 48 8d 54 f4 0c eb 0d 48 83 c0 08 48 39 d0 0f 84 2e 01 00 >
 1月 03 19:00:06  kernel: RSP: 0018:ffffb92e4040b690 EFLAGS: 00010246
 1月 03 19:00:06  kernel: RAX: ffffb92e4040b694 RBX: ffff90382d3d0000 RCX: 0000000000000004
 1月 03 19:00:06  kernel: RDX: ffffb92e4040b6b4 RSI: 0000000000000003 RDI: ffff903850497900
 1月 03 19:00:06  kernel: RBP: ffffb92e4040b7d0 R08: 0000000000000000 R09: 0720072007200720
 1月 03 19:00:06  kernel: R10: 0720072007200720 R11: 0720072007200720 R12: ffffb92e4040b720
 1月 03 19:00:06  kernel: R13: ffff90384d97a380 R14: 0000000000000001 R15: ffffb92e4040b870
 1月 03 19:00:06  kernel: FS:  00007fcdfab5a940(0000) GS:ffff903850480000(0000) knlGS:0000000000000000
 1月 03 19:00:06  kernel: CS:  0010 DS: 0000 ES: 0000 CR0: 0000000080050033
 1月 03 19:00:06  kernel: CR2: 00007fcd35be3000 CR3: 000000036fdf2000 CR4: 00000000003406e0
 1月 03 19:00:06  kernel: Call Trace:
 1月 03 19:00:06  kernel:  dcn10_create_resource_pool+0x82c/0xb60 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? _cond_resched+0x15/0x30
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? dal_gpio_service_create+0x92/0x110 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  dc_create_resource_pool+0xcf/0x150 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  dc_create+0x23d/0x700 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? amdgpu_cgs_create_device+0x23/0x50 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_dm_init+0x13d/0x1c0 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? phm_wait_for_register_unequal.part.0+0x50/0x80 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  dm_hw_init+0xe/0x20 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_device_init.cold+0x1477/0x1790 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_driver_load_kms+0x53/0x1a0 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  drm_dev_register+0x111/0x150 [drm]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_pci_probe+0xee/0x150 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? __pm_runtime_resume+0x58/0x80
 1月 03 19:00:06  kernel:  local_pci_probe+0x42/0x80
 1月 03 19:00:06  kernel: RDX: ffffb92e4040b6b4 RSI: 0000000000000003 RDI: ffff903850497900
 1月 03 19:00:06  kernel: RBP: ffffb92e4040b7d0 R08: 0000000000000000 R09: 0720072007200720
 1月 03 19:00:06  kernel: R10: 0720072007200720 R11: 0720072007200720 R12: ffffb92e4040b720
 1月 03 19:00:06  kernel: R13: ffff90384d97a380 R14: 0000000000000001 R15: ffffb92e4040b870
 1月 03 19:00:06  kernel: FS:  00007fcdfab5a940(0000) GS:ffff903850480000(0000) knlGS:0000000000000000
 1月 03 19:00:06  kernel: CS:  0010 DS: 0000 ES: 0000 CR0: 0000000080050033
 1月 03 19:00:06  kernel: CR2: 00007fcd35be3000 CR3: 000000036fdf2000 CR4: 00000000003406e0
 1月 03 19:00:06  kernel: Call Trace:
 1月 03 19:00:06  kernel:  dcn10_create_resource_pool+0x82c/0xb60 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? _cond_resched+0x15/0x30
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? dal_gpio_service_create+0x92/0x110 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  dc_create_resource_pool+0xcf/0x150 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  dc_create+0x23d/0x700 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? amdgpu_cgs_create_device+0x23/0x50 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_dm_init+0x13d/0x1c0 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? phm_wait_for_register_unequal.part.0+0x50/0x80 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  dm_hw_init+0xe/0x20 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_device_init.cold+0x1477/0x1790 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_driver_load_kms+0x53/0x1a0 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  drm_dev_register+0x111/0x150 [drm]
 1月 03 19:00:06  kernel:  amdgpu_pci_probe+0xee/0x150 [amdgpu]
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? __pm_runtime_resume+0x58/0x80
 1月 03 19:00:06  kernel:  local_pci_probe+0x42/0x80
 1月 03 19:00:06  kernel:  pci_device_probe+0x107/0x1a0
 1月 03 19:00:06  kernel:  really_probe+0x147/0x3c0
 1月 03 19:00:06  kernel:  driver_probe_device+0xb6/0x100
 1月 03 19:00:06  kernel:  device_driver_attach+0x53/0x60
 1月 03 19:00:06  kernel:  __driver_attach+0x8a/0x150
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? device_driver_attach+0x60/0x60
 1月 03 19:00:06  kernel:  bus_for_each_dev+0x78/0xc0
 1月 03 19:00:06  kernel:  bus_add_driver+0x14d/0x1f0
 1月 03 19:00:06  kernel:  driver_register+0x6c/0xc0
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? 0xffffffffc0a6b000
 1月 03 19:00:06  kernel:  do_one_initcall+0x46/0x1f4
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? _cond_resched+0x15/0x30
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? kmem_cache_alloc_trace+0x162/0x220
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? do_init_module+0x23/0x230
 1月 03 19:00:06  kernel:  do_init_module+0x5c/0x230
 1月 03 19:00:06  kernel:  load_module+0x28c9/0x2b20
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? ima_post_read_file+0xf0/0x100
 1月 03 19:00:06  kernel:  ? __do_sys_finit_module+0xaa/0x110
 1月 03 19:00:06  kernel:  __do_sys_finit_module+0xaa/0x110
 1月 03 19:00:06  kernel:  do_syscall_64+0x5b/0x1a0
 1月 03 19:00:06  kernel:  entry_SYSCALL_64_after_hwframe+0x44/0xa9
 1月 03 19:00:06  kernel: RIP: 0033:0x7fcdfbb001ad
 1月 03 19:00:06  kernel: Code: 00 c3 66 2e 0f 1f 84 00 00 00 00 00 90 f3 0f 1e fa 48 89 f8 48 89 f7 48 89 d6 48 89 ca 4d 89 c2 4d >
 1月 03 19:00:06  kernel: RSP: 002b:00007ffd4bcfdcb8 EFLAGS: 00000246 ORIG_RAX: 0000000000000139
 1月 03 19:00:06  kernel: RAX: ffffffffffffffda RBX: 00005563e28ea7b0 RCX: 00007fcdfbb001ad
 1月 03 19:00:06  kernel: RDX: 0000000000000000 RSI: 00007fcdfb72784d RDI: 0000000000000013
 1月 03 19:00:06  kernel: RBP: 0000000000020000 R08: 0000000000000000 R09: 0000000000000007
 1月 03 19:00:06  kernel: R10: 0000000000000013 R11: 0000000000000246 R12: 00007fcdfb72784d
 1月 03 19:00:06  kernel: R13: 0000000000000000 R14: 00005563e28ea410 R15: 00005563e28ea7b0
 1月 03 19:00:06  kernel: ---[ end trace b4501ffe4dce7d81 ]---
Abrtを見ると警告件数が8800超えてます(左上に表示)

kernel-abrt-amdgpu

平成最後のFedora!!Linux!!Fedora30は4月30日(火)リリース予定

 お久しぶりです。まあまあ元気です。転院告げられて病院選びに困ってます… 

 さてFedora30のリリース日が4月30日(火)に決まりました。Fedoraのリリース日はUbuntuのより後でなおかつGWよりも後の時もよくありましたが、今回はなんとかGWに間に合いました。平成最後のFedoraのリリースですね。

IMG_3481

 VMでFedora30相当のRC1.2を試した限りでは、GNOMEのリリースノートに書かれている通り、より速くキビキビと動くようになったようです。またビジュアル的な変化としてはアイコンが可愛くなってます。GNOMEのアイコンテーマが変わった事によるものです。



IMG_3494
IMG_3495
IMG_3496
IMG_3497

アプリの導入はGNOMEソフトウェアでインストールする時代ですが、コマンドのパッケージマネージャーであるdnfが圧縮データにZchunkを採用する事で高速化されました。

新しいデスクトップ環境としてDeepinDEとPantheon Desktopが追加されてます。

GNU Bash 5.0とGCC9とOpenJDK 12とがメジャーアップグレードされてるので注意してください。デフォルトのGPGがGnuPG 2に変更されています。

グラフィカルブート時チラつきがなくなります。dbus-brokerを採用します。

Fedora26betaリリース!!

Fedora26betaがリリースされました。


ダウンロードはこちらから。

テスト版なので仮想化でのインストールをオススメします。


Fedora26 alphaリリース!ダウンロード先はこちらから。

Fedora26 alphaがリリースされました。
ダウンロードは こちらから。 

テスト版なので実機へのインストールはやめておきましょう。仮想化ゲストでお試しあれ。

Fedora26 Alphaリリース日は2017年4月4日(火)

参考:Fedora 26 Alpha RC1.7 has been declared as GOLD and the status is GO

Fedora26 Alpha版リリース日が決定しました。
2017年4月4日(火)です。
3週遅れのリリースでした。

Alpha版なのでテスト用扱いです。仮想化環境でテストしてみるのが良いですね。

Linux勉強して待ちましょう。

Docker使い方まとめ

Software DesignでDockerを知ってコマンドが覚えられないので自分用に使ってみたまとめです。 みなさんの役にも立つと思い記事にしました。

Dockerのインストールと設定

インストール

sudo dnf install docker

サービスの起動

sudo systemctl start docker
sudo systemctl enable docker

ユーザー権限でDockerを扱う方法

Fedoraデフォルトでは

sudo groupadd docker
sudo usermod -g docker kenken

Docker公式のチュートリアル

とりあえず Dokerのチュートリアルを読んで遊びましょう。

Dockerイメージの取得pull

Dockerイメージを取得するにはpullコマンドを使います。

docker pull centos

イメージの確認images

docker images

コンテナの実行runコマンド

docker run centos
続きを読む

カーネル4.9でVMware Playerを動かす方法

カーネル4.9でLinuxホストでVMware Playerを動かす方法が載っていました。
リンクだけ紹介しておきます。

(カーネル4.8なら動きます。)

VMware – 12.5.2 Released – Still Broken With Kernel 4.9..

お使いのサーバーのphpではwordpressに必要なmysql拡張を利用できないようです on Fedora25

エラーメッセージ

Fedora25にアップグレードして久々にWordPressを鯖設定するというか設定済なので localのWordPressを開くと、
以下のように言われました。

お使いのサーバーのphpではwordpressに必要なmysql拡張を利用できないようです

他サイトさまの解決方法

エラーメッセージだけで判断するとFedoraだからPHPのバージョンが新しいすぎるのかなあと思ったのですが ググった限りではPHP 7系統でも動いている様子。
当然次にやることはこのエラーメッセージでググることですね。

ぐぐるとまあ、出てくるわ出てくるわ色んなサイトがひっかっかります。よくある問題みたいです。 大きくは、2つのことが原因のようです。

  • MySQLのPHP拡張が入っていない。
  • /etc/php.iniファイルの の設定が不十分。

対策

答えを最初に書くと、/etc/php.iniが古くなっていたのか、php.iniファイルを一旦削除してphp-commonパッケージを再インストールしたら直りました。 コマンドで書くと、

sudo rm /etc/php.ini
sudo dnf reinstall php-common
sudo systemctl restart httpd

とすれば直りました。

詳細

以下これより先はことの顛末を記述しています。

とりあえず、MySQLのPHPが拡張が入ってないかどうかはパッケージがインストールされてるかどうかですね。
そこで、以下のコマンドを実行して入っているか確認します。

rpm -q php-mysql

とすると

パッケージ php-mysql はインストールされていません。

と言われました。 あれ?入ってないのおかしいなあということでもう少し広めにパッケージデータベースを検索してみます。

rpm -qa|grep php-mysql

としてみると

php-mysqlnd-7.0.14-1.fc25.x86_64

と返ってきました。パッケージ名が変わったんですかね。

それでは、/etc/php.iniの設定がおかしいのかなあと変更してみます。 /etc/php.iniファイルをsudoで開いて

;extension=msql.so 

の;を削除してコメントアウトを外します。つまり以下のようにします。

extension=msql.so 

に書き直します。そして設定変えたのでhttpdサービスを再起動します。

sudo systemctl restart httpd

としてwordpressを開いてみてもエラーメッセージは変わらず…

そして、

php -m | grep mysql

してみても何も返事がなく…

ここで、ではwordpressのバージョンが古いのかなと考え今あるディレクトリをリネームして新しいバージョンを落としてきます。

wordpress Latestをダウンロードして/var/www/htmlに展開します。
が、結果変わらず。

php -m

してみると、なんと

PHP Warning:  PHP Startup: Unable to load dynamic library './zip.so' - ./zip.so: cannot open shared object file: No such file or directory in Unknown on line 0

とズラズラーッとWarningが出るではありませんか。

確かに/etc/php.iniファイルを弄ったのに変化ないし、弄ってなくてもタイトル通りのエラーが出ていたのでひょっとして/etc/php.iniファイルが壊れてるのかと思い、

sudo rm /etc/php.ini
sudo dnf reinstall php-common

してみました。パッケージ名がphp-commonとわかったのは

sudo dnf provides /etc/php.ini

としてphp.initの在り処がphp-commonと表示されたからです。

php -m |grep mysql

を再度実行してみると

mysqli
mysqlnd

と表示され、エラーもなくなりました。

早速httpdを再起動させるとエラーメッセージなくWordPressのインストール画面が!!

無事解決してなによりです。 実はこれ以外にも一度データベースを削除しないといけなくなったりしましたが、 これは別記事にする予定。

参考: お使いのサーバーの PHP では WordPress に必要な MySQL 拡張を利用できないようです。 KUJIRA NOTE

Fedoraのデスクトップアプリケーションインストールノート on Fedora25 24

アップデート

su -c "dnf update"

sudo

このページで使われるsudoコマンドを設定します。 Fedoraインストール時に管理者権限を付与(!?)をチェックしている人はこの項目をスキップ。 わからなければ、

sudo ls /
してみればよい。設定してあればパスワードを聞かれます。

wheelグループに追加

sudo出来るようにwheelグループに参加します。ユーザー名kenkenのところはご自分のものに置き換えてください。

su -c "usermod -G wheel kenken"

管理権限のパスワードを聞かれます。少し複雑な作業が必要ですが忘れた場合も変更は出来ます。ですが、忘れないように!!

su -c "sed s/^#%wheel/%wheel/ /etc/sudoers"

を実行しsudoを有効にする。

Fedora Workstation

Fedora ServerなどのGUI環境をインストールしてない人は、下のパッケージをインストール。 Fedora Workstation版をインストールしている場合はここはスキップ。

sudo dnf groupinstall "Fedora Workstation"
続きを読む

GNOME shellがフリーズ!?

ずっと記事にしなかったんですこけど、GNOME shellがフリーズして使い物になってませんでした。Fedora23ぐらいからフリーズしてたんで何だろなーと思いつつ今日まで騙し騙し使ってました。

先に答えを書くとフリーズの原因はマウスがヘタってたからでした。というかマウスクリックが効かなくなってだけでフリーズなんか全然してなかったんですね。

以下状況を書きます。


Fedora23当たりから起きていた状況で、何故かXorgよりもwaylandの方が安定してました。

フリーズが起きると、マウスカーソルは動くけどクリックが出来ないという状況でした。1度フリーズするとctrl+alt+backspaceでログアウトしてもう1度ログインしてもマウスのクリックが出来ず、GNOME shellのアクティビティに移行出来なくなってました。



クリック出来ない状況に対してやってみたこととしては

dropboxを止める
GNOME shellの拡張機能をオフにする
ブラウザの拡張機能をオフにする
Mateなどの他のDEに変える
自作PCのケースをあけてオーバーホール
    ファン掃除
    CPU挿し直し
    メモリを挿し直し
    全体をブロワーで埃を飛ばす

などを試してみました。

これが全然直らない。
フリーズするタイミングがランダムで何が原因かさっぱりでした。
dropboxをオフにしたり拡張機能をオフにしてみるとフリーズしない傾向にあったのでこれらを無効にしてみたけど、今週に入ってからはそれらの対策をしてもフリーズ。
Fedora25の売り込みは拡張機能が安定して拡張機能作成者がアップグレードする度に作り直す必要はなくなったよって宣言されてたのでどうも矛盾してる。


Fedoraのアップグレードをずっと続けていてクリーンインストールしないといけないかなとも考えました。

クリーンインストール用にFedora25をfedora media writerでUSBメモリブートイメージを作り、インストールを試みるも
言語を選択後にエラーが出てインストール出来ず。

Fedora24を焼き付けてインストールを試みようとすると、あろう事かライブイメージすらフリーズしてしまいました。

これはハードウェアが原因だと思って上に上げたPCを開けるも直らず。


ここまできて匙を投げて、のんびりと休憩。ドラゴンボールとワンピースみてごろりんしたら一つアイデアが浮かび、

マウスクリックが効かないなら、マウスのせいではないかともう1個の古いマウスを出してきて挿入!

フリーズを疑ったdropboxや拡張機能をonにしても再現せず、色々なアプリをひたすら起動して試すもフリーズせず!!


ついに原因が分かりました!なんとマウスが腐ってた… マウスクリックが効かなくなってただけでした。フリーズなんかしてなかったのです。

マウスカーソル動くのにマウスが原因だとはおもわないですよね。



とにかくdropboxも起動してGNOME shellの拡張機能をonにしまくってもフリーズしない!


安定したので万事解決です。



って書いてまたフリーズしなければいいのですが、どうでしょう。1週間ぐらい使ってフリーズしないように色々テストしてみたいと思います。

こんなのが原因なんて分かるかー!!
ブログ内の検索
Google

WWW を検索
このblog内を検索
最新コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
コンピューター オススメ
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
アクセスカウンター

    はてブリスト - 現在
    • ライブドアブログ